飲み

2009年6月14日 (日)

のみ・のみ・のみ・・・

久々に、よく飲んだ。

淡路島からとっくに帰ってきていたというのに、

翌日から約1週間、

なぜか、飲みが続いた。

パソコンに向かう時間もなく。

しかも、付き合い、とかじゃなくて、

好きな人とばかりの飲みが続いたので、

相当機嫌よく飲んでしまった。

機嫌が悪いのは、胃だけ。

ごめんよ、酷使してしまって…泣

だって、楽しかったんだもん。

月曜日は、小池夫妻が谷中にきてくれて、

久々にゆっくり話ができた。

TSUKUBA草の根はりきゅう治療院http://tsukuba-kusanone.com/

をつくばに開業して、1周年。

おめでとう~!!!

エイジさんも、ようたんも、しっかりとつくばに根を下ろして、

地元の方とつながりながら、順調に仕事と人の輪を広げていた。

二人とも、親身で気さくで、人想いだから、

いい人に囲まれるんだと思う。

またエイジさんに鍼うってもらいにいこ~

胃と肝臓のツボに・・・

夜は、小池夫妻と、親友Eのおいしい料理でビールをあおる。

Dsc06100

親友Eは、あさりの酒蒸し、水菜のサラダ、イカのさしみ&ワタの煮付けなどのつまみをさらりと作ってくれたうえに、

Dsc06107

メインはドライカレー!

天才的においしかった。

天才的といえば、

Dsc06125_2

ようたん(小池妻)がおみやげにもって来てくれた手作りの

梅酒もちもちケーキも、

天才的にやさしく、おいしかった。

ようたんの、食のブログ→http://withgreen.air-nifty.com/good/

私のまわりには、

やさしい料理をさらりと出せる女性が

どうしてこうも多いのか。

・・・私も仲間に入りたい。

Dsc06110

火曜日は、仕事を終えて、鈴木亜紀ライブに。

鈴木亜紀という人は、とても素敵です。

とても好きなので、今度改めてブログに書きます。

ライブなのに、

最前列の席で、

Dsc06111_2

親友Kと、A御大とワインをあおる。

親友Kと、開始時間ギリギリに会場に行ったら、

私に鈴木亜紀の存在を教えてくれたA御大が、

席を二つ、最前列に取っておいてくれた。

A御大に、うっすら後光が指して見えた。

持つべきものは、元上司!

ライブはとても良くて、とても興奮した。

おかげさまで、3人で、ワインを2本もあけてしまった。

調子に乗り、

Dsc06112

A御大とはしごしてギネスを飲む。

Dsc06114

あー、たのしかったなー。

A御大と、渋谷のスクランブル交差点で熱く握手と抱擁を交わして別れ、

帰路に着くが、終電が池袋までしかなかった。

池袋から谷中にタクシーで帰り、

すずらん通りのバーフラワーで、

なぜか飲みなおす。

まあ、楽しかったんだろう、私。

水曜日は、しばらく縦になれずに、夕方まで横になる。

オフだと思って油断した。

昼ビールで、向かい酒をする。

Dsc06118

木曜日は、池袋の立ち飲みくららへ。

あれ・・・なぜか、もう写真がアップできない。

くららの美人姉妹を写真におさめたのになあ。

キャロルさんとかごちゃんと焼酎を飲みなおす。

金曜日は、高校時代の親友Yのお宅に出張カウンセリングに行き、

M様の天ぷらをつまみに、CAVA(スパークリングワイン)を開ける。

ああ、毎日がこんな風に過ぎていったらいいのになあ。

夢のような1週間だった。

注)こんな私ですが、仕事前には、しっかりお酒が抜けるように大人な調整をしてますので、ご安心ください(^_-)

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

池袋の立ち飲み屋・くらら

Photo

親友のキャロルさんが手がけていた立ち飲み屋さんが、

ついに池袋にオープンしました。

名前は、「くらら」。

立ち飲み屋らしい名前を、ということで、

アルプスの少女ハイジの「立った!立った!クララが立った!」

から名前をつけたのだそう。

そこからさらに深い意味はない、という、思いつき感が素敵。笑

カウンターがU字型になったアットホームなお店で、

他のお客さんとも自然と会話が弾むような作りになっていました。

生のジョッキが400円とか、

枝豆が100円とか、

キャロルさんお手製のポテトサラダが300円とか、

たくさん飲んで食べても、お財布が痛くならないのも

立ち飲み屋ならではのうれしさです。

そして、

終始笑顔で、元気で、

とても繊細な心配りをしてくれるキャロルさんのパワーは、さすがでした。

休みもなく相当疲れているはずなのに…。

Photo_2

楽しんで働いているキャロルさんを見れて、うれしかったです。

またふらりと立ち寄ろうっと。

************************

昼はカフェ 夜は立呑み くらら

住所:池袋3-59-9-102
  
電話:03-6915-2050

オープン:10時から23時まで

池袋西口を出て丸井を右にまがり池袋2丁目の交差点を通過し、

ファミリーマートを左にまがってコインパーキングの向いです。

************************

「寄」という字は、「立ち寄る」というほかに、

「集まる」とか、「たよる」とか、「人にまかせる、おくる」

という意味もあるんですね。

ふらりと立ち寄ったり、集まったり、頼りあったり、贈りあったり、

これから、くららで、たくさんの人が触れ合っていくんだろうな。

| | コメント (2)

2008年6月 9日 (月)

臨時ビアガーデンとおでん屋と。

ちょいと自慢をさせてください(笑)

私のカウンセリングルームの自慢、

それは…、

畳3畳分はある、でかいベランダなのでありまーす!

さむーい冬から、ずっと思っていました。

「夏になったら、このベランダでビアガーデンしたいなあ…。」

そして…、

夏がくるまえに、早くも実現してしまいました~!

土曜日、

昼間のカウンセリングルームは、

夕方からビアガーデンに・・・。

櫻庭さんという方の講演会で知り合って気があってから、ずっと仲良しのメンバーが遊びにきてくれました。

モンゴルで子どもたちと一日中遊んできたまっすー、

京都めぐりでつきまくっていたキャロルさん(日本人)、

屋久島ツアーを企画中の旅人・つけちゃん、

スピリチュアルメッセージを聞いてきた、ちっひー&まーちん、

5時に一度帰って9時に戻ってきてくれたえみちゃん、

来て早々昼寝をはじめた、春以外も寝てる人・はるねむ、

久々に会えてすごくうれしかった、歌うと派手な人・じみ~さん、

仕事が終わってからかけつけてくれたタイ人(笑)・とっしぃ

涼しい夜風にあたりながらビールを酌み交わして、お互いの近況を話し合いました。

人の喜びを自分のことのように喜んじゃう、あったかい人たち。

オープン直後、まだ雪が降っていたころに、みんなで遊びにきてくれたことを思い出しました。

今日のように集まって、みんなが帰る直前、キャロルさん(日本人)が突然ぞうきんを山のように取り出し、みんなに配布し始めました。

「ではこれから、この部屋にありがとうの磁場を作ります。みんな、思い思いのところを『ありがとう』って言いながら磨いてあげてね」と言って、みんなで壁や窓をニコニコしながらふきふきしてくれました。

口々に「ありがとう、ありがとう」って言いながら…。

私は呆然と立ちすくんでいました。

「みんな・・・、ありがとう菌を・・・ありがとう!!!!!(泣)」

マジ泣かされました。

Dsc03663 みんなが帰り、終電で帰宅。

久々におでん屋さんの前を通りかかりました。

大将、元気にしてるかな。

一杯だけ…。

のれんをくぐると、ちょっとした別世界があります。

常連さんがいて、はじめての人がやってきて、いつの間にか普通に会話をしていて・・・。

まるで、タイやインドの屋台のような、独特の雰囲気。

「おお!エリカ~!なんだ~生きてたのか~!」

「はい、かろうじて(笑)」

「どうだ、順調か?」

いつも気遣ってくれる大将。大将が作るこの場の雰囲気が居心地よくて、みんなついついはしごするんだと思う。

ああ、久々にきてよかったと思った。

ここに来て困るのは、1杯のつもりが、素敵な人が次から次にやってきて、ついつい帰ることを忘れてしまうこと。

今回もまた、クールな韓国の人、結婚が決まった常連のナカさん、いつも盛り上げてくれる陽気なノリさん、クーラカフェのマスター・りょうさん、焼酎割りにコーヒーをちょっとだけ入れて飲む社長さん、野球好きの24歳の青年コンビ…と、素敵な人たちが集っていました。

気づけば3時…。

エネルギーチャージ完了!!!

今週もがんばるど~☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)