谷中・根津・千駄木

2009年7月21日 (火)

谷中いろいろ

暑くなりました。

暑いといえば、

「どうも、わたし、熱い人間らしい」と近所の親友Sに言ったら、

「いまさら?」と笑われた。

暑くなりました。

クーラーをつけても、一向に涼しくならないので、

おかしいな?と思ったら、

暖房でした。

2時間、気づきませんでした。

しばらく、遠出の出張がなかったので、

谷中に根っこを張っていた。

谷中の部屋で、お客さまをお迎えして、

空いた時間を見つけては散歩したりして、

時間がゆっくりと流れていた。

やっぱり、谷中がとても好きだ。

ずっと気になっていて、やっと行けて、

すっかり好きになったお店をいくつか。

Dsc06091

「お茶とごはんや」の大羽鰯の焼き魚定食。

付け合せのおかずまで、丁寧につくられていて、なごやかな味。

家族でやっているみたい。

あれ?ごはんがないな、と思ったら、

Dsc06092

ごはんだけ別にきた。

しっかりと、ごはんだ~と思う歯ごたえで、

たくさん食べてしまった。

Dsc06093

デザートのスイカと、お茶。

食事の中で、お茶とごはんって、大きな存在なのだなと

気づかせてもらいました。

Dsc06090

テーブルや店内に置かれた、愛らしいポップは、

娘さんの手書きらしい。

とてもあたたかい空気のお店だった。

こんどは誰かを連れて、夜にこよう。

Dsc06097

次は、美容室のウルワシ堂。

Dsc06041

1カ月半くらい前に、久々に髪を肩くらいに切った。

スッキリした。

でも、首に髪がかかって、もう暑い。

衝動でベリーショートにしてしまいそうで、こわい。

友だちEおすすめのウルワシ堂で切った。

はじめての美容室の行くのは、すごく久しぶりだったけど、

とてもいいお店だった。

空いている時間に、肩をとても丁寧にマッサージしてくれたり、

頭皮マッサージ+トリートメントをしてくれたりする。

マッサージのついでに髪を切ってもらったような錯覚。

髪には情報が詰まっているという。

古い情報を捨てたい時は、髪を切るといいという。

Dsc06188

花歩。

細い路地を入ったところに、ひっそりとある。

ずっと来たかったのだけど、

探しても見つからなかったり、

今は月~水までしかやっていなかったりで、

やっとこれた。

とても、いい空気が流れていて、

お店のおかあさんも、凛とした素敵な方。

Dsc06187

ていねいに淹れてくださったコーヒー、おいしかった。

ちょこっと、クッキーや、チョコレートや、お花を添えてくれたりして、

隅々までやさしかった。

Dsc06119

鷹匠の蕎麦。

入り口がわかりにくくて、汗だくになってたどりついた。

ここは

Dsc06116

ビールもおいしい。

1年前にも、ここに来たことがあった。

同じように、暑い日だった。

想い出は、書き換えていくものなのか、

書き換わらないものなのか、わからなくなる。

でも、蕎麦は変わらずおいしい。

Dsc06173

イタリア料理のお店・カノーヴァ。

ポテトサラダを、2人分に分けて、こんなに綺麗に盛り付けてくれた。

かなり感動。

Dsc06174

マコモダケ(だったよな)の焦がしバターソース半熟卵添え

びっくりするようなおいしさ。

Dsc06178

そら豆のパスタ。麺が手作りのうどんみたいで、おいしかった。

麺の名前忘れた…

麺の種類が10種類くらいあったのにはびっくりした。

Dsc06180

コチのアクアパッツァ。

旬の魚を、いろんな調理法で出してくれるのが素敵だなと思った。

・・・と、

谷中の町を堪能していた。

今日からまた、出張が始まる。

皆既日食のときは、福岡にいることになった。

今調べたら、福岡の日食率は9割近いらしい。

やった!

晴れるといいなあ、22日。

| | コメント (8)

2009年6月15日 (月)

谷中のお花屋さん

よみせ通りのお花屋さんに、

ニコニコ笑って腕を組んできてくれる、大好きなおじちゃんがいる。

静男さんという。

たぶん、地元の人は、みんな静男さんが好きだと思う。

子どものような、はにかんだ笑顔が、とても素敵で印象的。

静男さんとは少し対照的に、一見コワそうな奥様も素敵。

いつも、静男さんのおしりを叩いている感じがする。

静男さんは、そんなかーちゃんに「ピシ」と言われるのをニコニコして受け取っている。

でも、10回に1回くらい、静男さんが「ピシ」と言うこともある。

以前、小さな「なぎの木」を予約購入させてもらった時のこと。

受け取るのが一番最後になってしまった。

かーちゃんが、3つくらい残った鉢植えの中から、何気なくひとつとって、「はい」と渡してくれた。

静男さんは、それを見て、「だめだよ。それ、弱ってるよ。それはうちのでいいよ。」と、かーちゃんを制し、3つの鉢植えをよく、よく、見て、

「はい!」と、一番元気そうなのを、いつものニコニコ顔で、私にくれた。

そういうときは、かーちゃんは、何も言わず、少し誇らしげに静男さんを見る。

そんな、素敵なおしどり夫婦だ。

お花を買うときや、パンを買うときは、

いつもの3倍くらい優柔不断になる私。

よく、かーちゃんをイラッとさせてしまう。

かーちゃん「きまった?」

私「まだ」

5分後

私「決まった!」

かーちゃん「はっはっは。やっとだね!」

よく、人にプレゼントする花束とか、開店祝いのお花とかも、

作っていただく。

卸価格くらいの破格で、ものすごーく大きいのを作ってくれる。

お店の名前は、「フラワーショップ小竹」という。

今日は、カウンセリングルームに飾る花を見繕いに行った。

昨日、今日の好天気のせいか、開いてしまっているお花が多い。

「今日は、もうだめだよ~。みんな開いちゃったよ。明日の夕方、新しい花が入るから、また明日おいで」

と、静男さん。

こういうことを商売気なく教えてくれる。

「あ、奥にも他の花があるよ。おいで」

と、奥の冷蔵ガラスケースを見せてくれる。

「あ、シャクヤクほしかったの。でも開いてるねえ。3日くらいはもつかな?」と、わたし。

「3日はもつな。いいよ、みんなもっていきな」と、20本くらいあるシャクヤクを、むんずとつかんで、差し出す静男さん。

「えー!こんなに!いいよ~!」と、手を横に振ると、

「じゃあ、半分もっていきな」と、にっこり笑って半分くれた。

「あ、バラももうおしまいだな。もっていきな。」と、両手に抱えきれないくらいのバラも渡してくれた。

両手いっぱいのバラとシャクヤクを抱え、興奮するわたし。

「ひゃー!私、なんかすごーく愛されてる人みたい!」

「そうだよー!愛されてるよー!」と静男さん。

ほんとうにいただいてしまった。

両手いっぱいのお花を抱えて、谷中の町をほくほく歩いて帰る。

200906141645000

これでも、ご近所さんとお客さんにお分けした後の量!

カウンセリングルームは、甘い蜜の香りに包まれて、

すごく、すごーく、幸せ気分♪

200906141649000

花びらがしっとりやわらかくて、

ぶわーっと大きく花開く、シャクヤク。大好き。

濃くて力強い香り。

200906141648000

お花の女王さま。バラって、どうしてこんなにいい香りなんだろ。

17日くらいまでにお越しの方には、この幸せ感をおすそ分けできると思います!

たのしみにきてくださーい。

| | コメント (4)

2009年5月28日 (木)

ネパール料理・ミルミレ

Dsc06013

大学時代からの親友Kが、谷中に遊びに来るという。

彼女もまた、谷中の魅力にノックアウトされている人間の一人だ。

ちょうど、谷中のおいしい店を発掘したいともくろんでいた矢先だったので、

谷中を特集した雑誌をパラパラとめくり、

Kが好きそうな店をピックアップする。

電車で谷中に向かう彼女に、メールをしてみる。

「イタリアンとネパール料理、どっち気分?」

「ネパール料理でお願いします。それにしても、寒いね~」とK。

「早くおいでよ。谷中はあったかいよ~」

そんなわけで、先週、ずっと行きたかったネパール料理の店・ミルミレにいってきた。

日本語の話せるネパールの女主人が迎えてくれる。

4人がけのテーブルが、奥と手前に2つ、

真ん中に長いカウンター、その向かいに、2人がけのテーブルが3つ。

こじんまりとしていて、山小屋のような、あったかい雰囲気。

なんだか、ここだけ日本じゃないみたい。

Dsc06015

ネパールICEビール。

Dsc06010

モモ。

やばい。

うっかり、おいしい。

ネパールより、ぜんぜんおいしい。

Dsc06012

あ、手をつけたあとの写真ですみません。

ネパール焼きそば。

チョウミンという。

焼きそばなんだけど、ケチャップで味付けしている。

ナポリタンを、焼きそばで作るとこうなるのだと思う。

ネパールで、カレーに飽きるとよく食べた。

でも、ぜんぜんネパールで食べた時よりおいしい。

なぜ!

女主人に聞いてみた。

「ケチャップじゃないの。トマトソース、手作りなの」

どうりで、しっとりとして味わい深いはずだ。

「ネパールで旅行者に出すチョウミンは、すぐに作るから、ケチャップとか、味の素とか使うの。でも、家庭料理は、みんなこういう手作りなのよ」

なるほど~

あ、これって、出荷する野菜には農薬を使うけど、家用のものは無農薬で野菜を作るのと似ている。

そうそう、「女主人」なんて失礼な呼び方になってしまったのは、

名前を教えていただいたのに、うっかり忘れてしまったためで、ごめんなさい。

名前を覚えるのがとても苦手なもんで。

またすぐ行って、教えてもらおう。

Dsc06016_2

特製チキンカレーと、サフランライスと、ゴマたっぷりのナン。

すごく、すごくおいしい。

チキンがほろりとやわらかくて、やさしい。

野菜と辛くないスパイスをたっぷりいれて、

コトコトコトコト何日も煮込んだ深い味がする。

こうゆう料理、大好き。

Kも、好きらしい。

さっきから顔が恍惚状態だ。

おいしいものを食べながら、

Kは、残業で会議して遅くなったことを、何度も「あー、やってらんない」とぼやいていた。

帰ろうと思ったら、「これから会議です」と会議室に呼ばれ、経費削減をテーマに話し合いが始まったらしい。

その時、思わずもれた、Kの一言…

「また金の話かよ」

となりにいた部長が、苦笑いしたらしい。

「あれは、私が言ったんじゃないよ、なんか、見えないモノに言わされたんだよ」と、霊能者のようなことを言う。

でもまあ、部長が笑ってくれるくらいなんだから、いい職場じゃないか。

女主人と、いろいろ話をする。

日本に来て驚いたことのひとつは、テレビで料理番組をいっぱいやっていることで、

言葉がわからない頃から、テレビで料理を覚えて、料理を覚えたのだとか。

今は、いろんな国の料理が作れるらしい。

トータルに日本の料理をマスターしてるわけですね。

おいしいはずだ。納得。

女主人に見送ってもらって、店を出る。

「ミルミレ」というのは、「夜明け」という意味なんだって。

なんだか素敵。

部屋に戻ると、11時を回っていた。

いけないいけない!あと1時間だよ。

風呂の用意をして、銭湯に行く。

世界湯がしまっていたので、初音湯にいく。

初・初音湯。

真ん中にお風呂があって、お風呂を囲むように、洗い場がある。

体を洗って、お風呂に浸かる。

熱い。

水温計を見ると、「43」を指している。

「こりゃ修行だね。」Kが言う。

「お湯が熱いですね」お風呂に入っているとなりのおばさんに言うと、

「水で薄めていいんですよ」と返ってくる。

修行に耐えられなくなり、水をガーっと足していると、

しばらくして、体を洗っている後ろのおばさんが迷惑そうな顔をして言う。

「水入れないでくれる?薬が薄まっちゃうのよ」

「あ、すみません。」急いで蛇口をひねる。「何の薬なんですか?」

「あそこに書いてあるでしょ、硫黄の湯なのよ」

は~!どうりで、肌がつるつるするわけだ~。

つるんつるんになって、Kと部屋に戻る。

ポカリスエット500mlを、二人で分けて飲み干す。

お風呂後・運動後・高熱時のポカリは、なぜこんなにうまいのか。

なぜ、普段は、こんなにグビグビ飲めない飲み物なのか。

とりとめのない話をする。

「告白することと、口説くことは、同じか、違うのか」

「学生の頃に戻りたいか。いや、戻りたくない。今が一番いい」

「体育会系の無茶苦茶な理屈を、会社の人材育成に持ち込むのは、どうなのか。

そういえば、私が最初に就職した会社でいじめられたときは、半分死んだような顔をしていた」

などなど。

ほんとにとりとめがない。

「そういえば、この前みてもらったことで、10年抱えてたものが、スッキリ飛んでいったよ。ありがとね」と、K。

「そう。よかった。」

涼しい顔をして言ったけど、ほんとは、すごくうれしかった。

スッキリが長持ちします。

新しい宣伝文句にしようかと思う。

あ、でも、みんなそうとは限らないか。

彼女がそうでよかった。

肩もみっこをして3時に眠り、6時半に起きる。

たまには、朝ごはんでも出してやるか、と、前日、パンとサラダを買っておいた。

「パン買っといたけど、食べる?」

きちんと自分の中に確認をしてから、彼女が言う。「いや、お茶でいい」

「そう」

ローズヒップブレンドを入れる。

朝の谷中の風は、とても気持ちがいい。

7時半に、彼女は仕事に出かけ、私はぬくもりの残ったふとんに、もぐりこむ。

まだ、初音湯の硫黄のにおいが、あまく残っていた。

| | コメント (4)

2009年4月24日 (金)

谷中に東京トカイナカ探検隊がやってきた!

Dsc05681

作家の森沢明夫さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/osakana920

イラストレーターのうぬまいちろうさんhttp://www014.upp.so-net.ne.jp/ichiro_web/

谷中にやってきました!

東京トカイナカ探検隊という、朝日マリオンコムのWEB連載の取材に、

私も便乗させていただいちゃいました♪

ぜひ見てくださーい☆

↓↓↓(千代田線千駄木駅の回です)

http://www.asahi-mullion.com/column/tokainaka/9042001index.html

森沢さんとうぬまさんの絶妙な掛け合いがほんとに楽しくて…

お二人とも、町でロックなものを見つける天才でした!

お店の人ともすぐに仲良くなっちゃうんです。

お二人と一緒に歩いたら、谷中の町が

さらにさらに好きになっちゃいました。

東京トカイナカ探検隊は、

「何かおもしろいことないかな~♪」って思った時に見ると、

必ずそこにおもしろいことがあります。笑

第一、第三月曜日に更新してるので、

ブルーな月曜の朝は、トカイナカ探検隊を見て、

「むふふ♪」と気分良くスタートしてくださーい☆

さて、

4月は、ことだまカウンセリングの仕事で、

名古屋、秩父、岡山、奈良と、出張が続いて、約200人の方と出会うことができました。

素敵な方がたくさんいたなあ…

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

なかなかブログが更新できず、遊びにきてくださっていたみなさま、ごめんなさい。

ようやく落ち着きました。

桜の木は、まぶしいほどの萌黄色になりましたが、

ブログに載せたいな~と思って撮った各地の桜の写真がたまってるので(泣)

少しずつ、追っかけでブログ更新したいと思います。

また気長におつきあいくださーい☆

| | コメント (2)

2008年7月18日 (金)

谷中の朝さんぽ♪

朝、谷中の部屋で目覚めました。

時計を見ると、5:54。

・・・惜しい。笑

散歩に行こうかな。

最近、カウンセリングでお散歩をおすすめする機会が多く、私も散歩したいなーと思っていました。

しかし、昼間は暑い。

今しかない!

おっと時計が5:55に!

ゴーゴーゴー!笑

窓際を見ると、妖精さんが、じーっと外を見ていました。

Photo_3

この妖精さんは、友人・さりぃさんがスウェーデンがつれてきてくれた、とってもスピリチュアルな匂いのする小人さん。さりぃさんがホームステイをしていたときにお世話になったおじいさんが作っているらしい。きっとそのおじいさんは、人形に魂をこめられる人なんだ。

そっかそっか。おまえさんも行きたいのか~!

Photo_6   

散歩の友をゲット☆

いざ、朝の谷中へ。

Photo_8

夕焼けだんだん(階段)から見た、谷中銀座。

人が動き出す前の、この空気。

朝のインドを思い出した。

移動の朝、重たいバックパックを背負って、熱いチャイをよく飲んだっけ。

Photo_9

谷中の猫は、たいがい、ふてぶてしい。

Photo_10

ほぼ例外なく、ふてぶてしい。

Photo_11

下町だなあ。

Photo_12

谷中には、お寺がいっぱいある。

朝からお参りもいいなあ。

そうだ!諏訪神社にいこう!

Photo_13

あれ?やぐらだ。お祭りかな?

Photo_14

諏訪神社は、カウンセリングルームの氏神様(土地の神様)。

いつもありがとうございます☆

Photo_16 

妖精さんも気に入ったらしい。

そうだ、千駄木駅の裏に、気になる緑があった。

あそこに行ってみよう。

Photo_17

富士見坂を通る。

おばあちゃん朝からおつかれさまです。

Photo_18

晴れの日には富士山が見えるらしい。

坂を下りると、あんなところに!!!

Photo_23

らくだを発見☆

人生楽しんでるな~。

千駄木駅付近といえば、千駄木のバー・unbarのマスターが、なんだかおもしろいサワーの居酒屋があるって行ってたっけ。

要チェック!

Photo_19

味噌サワー?、おしるこサワー??、マムシサワー???、

ダルビッシュサワー?????

100種類のサワーが自慢らしい。

これは、夜に出直さねば。笑

Photo_20

気になる公園に到着。この茂み、公園以上だ。

Photo_21

何やら足がむずむずする。

もしや・・・。

あうぅ!

10箇所以上蚊に食われてる!!!

逃避!

Photo_22

へび道にきた。

へび道とは、千駄木から根津方面へ向かう路地。

へびみたいに、道がくねくね曲がっているから、へび道って呼ばれているらしい。

道の脇には、普通に民家が立ち並んでいる。

かすかに、お線香の匂い。

朝のお線香の香りって、なんだか豊かな気持ちになる。

Photo_24

風車みたい。

そうだーーーーーー!

前に、へび道に、早起きの人しか買えない、もんのすごーくおいしいベーグル屋さんがあるってウワサを聞いたことがある!

ふっふっふ。これは地元(ジモティー)ならではの特権♪

こんだけ早いんだから、きっとまだあるよね~。

わくわく♪

Photo_26

しまってた・・・。

がーーーーん。

土日祝日7時から!!!泣

仕方ない。また来るか♪

Photo_27

町が動き始めていた。

そうだ。谷中銀座で、うどんを食べて散歩を締めよう。

元気な二人のおじいちゃんの顔も見たいし♪

Photo_28

さすが豆腐屋さん。朝が早い!

おっ!これは・・・

Photo_29

諏訪神社のやぐらは、盆踊りだったんだね!

Photo_30

谷中銀座の魚屋・冨じ屋。

あ!おじさんと目が合った。

おはようございまーす!

Photo_31

「朝早いですね~!」と声をかけると、おじさんは少し落ち込んだ顔。

「漁師のストが始まったでしょ。これから魚が入らなくなるかもしれないからね。大変なのは漁師さんだよ。安く買い叩かないで、持続できる値段で魚を買っていかないと、魚が出回らなくなっちゃうよ」

ほんとに深刻なんだ・・・。

少し高くても、魚買うよ、おじさん!

では、そろそろうどんうどん・・・。

Photo_32

またしまってた・・・。

ずいぶん陽が出てきた。時計を見ると、いつの間にか8時になっていた。

家に帰ってごはんたべるか。笑

Photo_33

せっかくだから、ベランダごはんにしよう。

あ~~~。

散歩のあとのごはんは、うまい~~~。

また早起きして、ベーグル屋さんとうどん屋さんリベンジするど~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)