旅行・地域

2009年11月24日 (火)

もみじがり

紅葉がきれいです。

心があたたまります。

今年は、高尾山と筑波山に行ってきました。

Dsc06532

高尾山のふもと。

高尾山口の駅を降りて、ケーブルカーに乗る手前。

少し高さを変えると…、

Dsc06531

ずいぶんと人がごったがえしていました。

ケーブルカーがあまりに混んでいたので、稲荷山コースから登ることに。

のぼり片道1時間半くらい。

ちょっときついけど、見晴らしも良く、風通しもよく、気分がいい。

下りの人と「こんにちは~」と声をかけあうと、風が二倍気持ちよく感じる。

山は、ほんとにあいさつしたくなるから不思議。

Dsc06539

頂上見事!

Dsc06543

紅葉をみながら、朝にぎってきたおむすびを食べる。

山のおむすびは、なぜこんなにうまいのか。

Dsc06545

頂上から、富士山が見えた。

富士山、いつみても綺麗だなあ。

Dsc06552

こちらは、筑波山のふもと。

くさ~いにおいも、銀杏のものとわかると、すんなり許せちゃう。笑

Dsc06554_3

筑波神社をお参りして、ケーブルカーの入り口に向かう道。

Dsc06557

頂上の紅葉は終わってしまってたけど、ケーブルカーの下は紅葉のまっさかりだった。

Dsc06559

山吹色や

Dsc06563

橙色もある。

Dsc06566

私はどちらかというと出不精なんだけど、

実際にでかけると、

その時だけの色を眺めて、

山の空気を吸って、

一緒に行った人と一緒に心が弾んで、

帰るときには、心の小腹がすっかり満たされている。

このぽかぽかした温度で、

元気に冬を越すぞ~!

 

| | コメント (6)

2009年10月 9日 (金)

会津に行ってきました

福島のことだまカウンセリングを終えて、

台風が来る前に、会津を旅してきました。

ゆっくり温泉につかって、

ぼんやり自然を眺めて、

おいしいものをたくさん食べて、

幸せなひとときでした~。

写真をいくつか撮ってきました。

Dsc06407

「塔のへつり」

阿賀川が長年侵食と風化を繰り返してできた、奇跡の景観。

国の天然記念物なのだそう。

橋があって、向こう側に渡ると、こんな看板が!

Dsc06408_2 

「のぼるなよ」

「よ」がつくだけで、ものすごく優しくなる。

こんな風に諭されると、思わず「はい」と返事をしてしまう。

Dsc06413

大内宿。

昔の宿場町をそのまま残した集落で、江戸時代に遡ったような気持ちになる。

茅葺きの見事な屋根!

こんなおうちに住みたいなあ。

Dsc06409

コスモスが咲いていた。

Dsc06415

稲刈り時の田んぼって、綺麗!

Dsc06414

右奥に、神社を発見。

この土地を守ってきた神様なんだろうな。

Dsc06419

木でできた鳥居をくぐると、さらさらと小さな川が流れている。

この小さな川を越える前に・・・

Dsc06418

川の水で手を洗う。

こういうの、いいなー。

見上げると、

Dsc06420

とても素敵な神社があった。

Dsc06424

このへんの名物の、ねぎそば。

ねぎでそばをすくって、いただく。

一番はじめにこれを編み出した人は、

ねぎを刻むヒマもなく忙しかったのか、

ただの面倒くさがりだったのか・・・

Dsc06432

山の上は、もう色づきはじめていました。

今年は、いつもより少し早く紅葉をたのしめそうです。

Dsc06436

あべ食堂の喜多方ラーメン。

太い縮れ麺と、あっさりとしたスープが

たまらないコラボレーションをしていました。

ああ、喜多方で喜多方ラーメンを食べるという、この贅沢・・・泣

Dsc06440

囲炉裏を囲んで、サクラマスや馬刺しをいただく。

囲炉裏、ほしい!

Dsc06450

会津といえば、白虎隊。

白虎隊が最後の時を迎えた、飯盛山というところにいく。

5秒でめまいがして、引き返す。

実はデリケートなわたし♪笑

その下に、「さざえ堂」というお寺がある。

入り口から中を登っていくと、一方通行で上まで行って、

下まで戻ってくるという、珍しい建築物なのだそう。

国の重要文化財に指定されているらしい。

なのに、壁には、

「サッカー部優勝!」とか

「えみ、はるき、(はあとまーく)」 とか、

公衆トイレ並みに落書きが書かれている。

なんて、庶民に親しまれた寺なのか。

Dsc06452

勝常寺。

この中に、国宝の木造薬師如来がいらっしゃる。

国宝なんだけど、ガラスケースとかに入っていなくて、

ごくごく普通に、お堂の中で拝むことができる。

そんな住職さんの配慮が、とてもありがたい。

若くて親しみやすい住職さんが案内してくれた。

Dsc06453_2

この門の向こうのお堂には、弘法大師が彫ったと伝えられる

立木千手観音像がいらっしゃる。

高さ8.5メートルもある一本木で作られていて、

今も床下には、木の根があるのだという。

すごい迫力の千手観音像だった。

***

出張もひと段落して、2週間くらい、谷中仕事の日が続きます。

谷中では、ちょうど今週末の10日から25日まで、「芸工展」というものが開かれます。

町中のいろんなお店で、小さなアート展やミニライブが開かれる、

町ぐるみのおもしろい企画です。

谷中散歩が、きっと楽しくなると思うので、

谷中やカウンセリングにお越しのみなさま、

チェックしてみてくださいね。

http://www.geikoten.net/

私も来年は出店者として参加したいな~♪

| | コメント (6)

2009年2月25日 (水)

愛媛の道後温泉

ことだまカウンセリングの仕事で、愛媛県の松山市に行ってきました。

松山といえば!

Dsc05588

道後温泉です。

とかいいながら、

今回はじめてこんな魅惑的な温泉が松山にあることを知ったんですが。

なにせ、初めての四国♪

Dsc05594

「千と千尋の神隠し」のモデルや、

夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台になったところなんですねえ…。

Dsc05590

日本最古の温泉だそうです。

Dsc05595

残念ながら、中は撮影禁止でしたが、

歴史を感じる、素晴らしい木造づくり。

歩くたびに、ミシ、ミシ、という、木のきしむ音がして、

どこかほっとしました。

Dsc05608

温泉の温度は少し高めで、一気に芯まであっためてくれます。

ぽってり、とろ~りとした、い~いお湯でした。

お湯に浸かって、浴衣で休みながら、

Dsc05630

松山名物・坊ちゃん団子をいただいたりして!

幸せなひとときでした~

Dsc05584

松山市内をぐるりと回る路面電車。

住宅街をトコトコ走る姿は、なかなかかわいいです。

路面電車がある風景って、

落ち着くんだよなあ。

Dsc05605

名物・じゃこ天(右)と、魚のキスを棒に巻いて焼いたもの。

松山は、海産物も豊富なんですね。

ビールを飲みたいところを…

お寺にお参りする前だったので、

ぐぐぐっとこらえました。泣

向かうは、四国八十八のお寺のひとつ、石手寺。

Dsc05613

天を仰ぐ椿。

Dsc05615

おひさまをたっぷり浴びたレモン。

Dsc05616

猫だ。

Dsc05617

近っ!

じゃこ天の香りが残っていたか。

Dsc05620

この看板の書、かっこいいなあ。

Dsc05622

石手寺に到着。

ひっそりとした、いいお寺でした。

本堂の裏に、真っ暗な洞窟がありました。

暗い道をしばらく歩いた先には、空海像が鎮座していました。

空海が修行したところだそうです。

真っ暗な中で、

ある人は亡霊を感じ、

ある人は恐怖を感じ、

ある人は清らかさを感じ、

ある人は無を感じ、

ある人は…

Dsc05632

生ビール!

その名も道後ビールです。

愛媛らしく、とてもフルーティーな味わいでした。

Dsc05634

「元祖鯛めし」なるものがありまして。

アツアツごはんに生卵をかけて、

その上に醤油漬けの鯛をのせて、

みかんの皮・ごま・ねぎ・海苔の薬味をかけて、

醤油ダレをかけて、

Dsc05637

こんな風にいただくのであります。

うまかった…。

翌日はお仕事をして、飛行機に。

Dsc05643

飛行機にのると、毎回「死」を覚悟するのは、

私だけでしょうか…

これが最後となっても悔いが残らないように、

Dsc05638

離陸前に、

ぷしゅっと

「さぬきビール」なる地ビールを開缶。

ああ、快感…。

| | コメント (2)