« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月 7日 (木)

奥山淳志さんの写真展(10/5~10)

写真家・奥山淳志さんの写真展「Drawing」を見てきました。

すごくよかったです。

奥山さんは、岩手県雫石に住む写真家で、

一枚の写真から多くの物語を感じるような、

深い写真を撮る人です。

そんな奥山さんが、12年間、ずっと追い続けている人がいます。

北海道でひっそりと自給自足生活を営む、弁造さんという人です。

弁造さんは、今年91歳になります。

奥山さんは、四季ごとに移り変わる北海道の弁造さんのおうちを訪ねては、

その背中をみて、いい話も、くだらない話も聞いて、

少しずつ、弁造さんにとって、家族のような、空気のような存在に近づいて、

その過程で、ずっと弁造さんという人間から溢れ出すものを

カメラの中に収めてきました。

昨年も、弁造さんの写真展があって、見てきました。

今年も、今年の弁造さんを見せてくれました。

今年の弁造さんは、もう、涙が溢れてとまらなかった。

生きるということについて、たくさんのことを感じました。

*    *    *    *    *    *

あまりに想いがあふれてしまって、

写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。。。

奥山さんは、言葉で語ろうとしない人なのに、

なぜか言葉もすごいんです。

DMに書かれた奥山さんの文章を、そのままご紹介します。

↓↓↓

 北海道に暮らす弁造さんの家の中心には、イーゼルが立っている。

その前で発砲スチロールの箱に座り、絵を描くのが、今の弁造さんの大切な時間だ。

 絵は弁造さんにとって大きな夢だった。

夏は荒野を開墾して金をため、冬は上京して画学校で絵を学ぶ。

若い頃はそんな暮らしを何年も続けた。

 「絵のための人生」。弁造さんは青年期の自らについてそう語った。

しかし、現実として、その「人生」を描き切ることはできなかった。

 絵をやめる理由は、きっといくつもあるだろうが、弁造さんが絵をやめた理由は、

”人生の出来事”に対し、自らの意地や信念を貫くためだった。

それはきっと、「誰の人生でも起こりうること出来事にすぎない」と人は言うだろう。

僕もそう思うようにしている。

 それでも、弁造さんを訪ね、その描く姿にシャッターを切るたびに、胸が震えるような、溢れるような思いにとらわれる。

病気が原因で震える指先も、キャンバスに向かう際の少し呆けたような表情も見慣れたはずであるけれど、いつも何かが溢れて、止まらない。

 「残りの人生で、描けるのはあと数枚」と笑う弁造さんが、今、描いているのは母と娘だ。

91歳になる弁造さんにとって、それが何を意味するのか、僕にはわからない。

 「何かを得て、何かを失う」と、以前、弁造さんはメモに書き記していた。

 絵も言葉も、簡単にわかったような気持ちにだけはならないように気を付けている。

*    *    *    *    *    *

写真展は、10月10日の日曜日まで、東京の四谷で行なわれています。

会期中、奥山さんも会場にいらっしゃるようです。

ぜひ、足をお運びください。

*    *    *    *    *    *

●開催地:トーテムポール・フォトギャラリー

●住所:東京都新宿区四谷4-22 第二富士川ビル1F

●電話:03-3341-9341

●会期:10月5日~10日

●時間:12:00~19:00

http://tppg.jp/

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

浅田聖子先生の書道展(10/1~29)開催中です

201010_2

書の師・浅田聖子先生の個展が、

東京の両国、cafe&galleryウール倶楽部で開催されています。

1年前に行なわれた大作展では、

10メートルを越える大きな作品がどどーんと並びました。

会場は、作品から放たれる強くて優しい氣で溢れていました。

今回は、前回とは趣向を変えて、小さな作品が並ぶとのこと。

わくわくしながらお店のドアを開けると、

落ち着いた木のイスとテーブル席の向こうで

浅田先生の書の作品たちがスポットライトを浴びていました。

201010_3

1点1点、近づいたり、離れてみたり、

絵として見たり、

書としてみたり、

書かれている言葉に思いを寄せてみたり…。

小さな世界に、たくさんの表情があって、

何度も何度も、見方を変えて繰り返し見たくなる作品ばかりでした。

今回は、色も、大きさも、デザインも、作風も、さまざまです。

聖子先生から溢れて尽きない創造性と、斬新さと、

だれの心にも届くあたたかさに

ただただ、ため息がもれました。

201010_4

こちらは、一枚一枚異なる山頭火の句が書かれた小さな作品たち。

なんと1枚3,000円で分けてくださるとのこと。

ぜんぶほしい。。。

おいしいコーヒーを飲みながら、

浅田先生の書をゆっくり眺めていることができる

とても贅沢な空間です。

10月29日まで、平日の11:30~18:00までオープンしています。

ぜひ、聖子先生の強くて優しい書の世界に触れてみてください。

*     *     *     *     *

●cafe&galleryウール倶楽部

●東京都墨田区両国3-21-5

●電話:03-3633-5597

●営業時間:AM 11:30~PM 6:00 / 休日:土日・祝祭日

●アクセス http://www.keitodama.jp/access.html

| | コメント (2)

2010年10月 3日 (日)

1年ぶりの秋の香り

おひさしぶりです。

今日は、谷中からの帰り道、

夜風と一緒に、ふんわりなつかしい香りがしました。

キンモクセイ!

この香りがすると、

秋だなあ、としみじみします。

夏がすごく遠く感じる…。

ああ、秋ってさみしいなあ。

夏好きの私としては、

もう夏が恋しいです。

夏から秋に変わる頃、

新潟の朝日堂さん、

大阪のグレースフジミさん、

群馬の誠美堂さんと

出張に出かけていました。

お招きくださったお店の皆さま、

お越しくださった皆さま、

どうもありがとうございました!

出張が続くと、ずっと気を張って集中しているためか、

終わると同時に急激にだらけます。

今回は出張がながーく続いたので、

丸々3日、仕事も入れず、胸を張ってだらけました。

だらけつつ、自分へのごほうびもたくさんあげました。

苦しくなるまでたこ焼きを食べて、

髪を切ってもらって、

マッサージにいって、

とびきりおいしいお酒を作ってくれるBARにいって、

冬眠したように寝て、

ようやく復活!

今朝は、朝から走って、

わずか3日で溜まったアルコール分と脂肪分を

発散するモードに切り替えてみました。

涼しくなると同時にわいてきたこの食欲の炎を、

運動する情熱に…

転換できたためしがない。。。

なかなか長続きしないランニングだけど、

走るとやっぱり気持ちがいい。

明日も走りたいな。

晴れるといいなー。

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »