« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

奈良に行ってきました

毎日暑いですねー!

干物になってしまいそうです。

そういえば!

最近(少し)焼けたうえに、やせたみたいで、友人に

「干物みたいだ」といわれました。泣

体の調子はいいんですが、夏に干からびやすい体質なんです。

もう少しおいしく見えるように、

しっかり飲んで食べるぞー!

さて、

先週末は、奈良のエレガンス吉田さんで4日間、

ことだまカウンセリングのイベントをさせていただきました。

4日で約100人の皆さまのお話をきかせていただきました。

暑い中お越しくださったみなさま、どうもありがとうございました。

吉田社長にはとてもかわいがっていただき、

スタッフの皆さんにもよくしていただき、

とても気持ちよくお仕事をさせていただきました。

父の実家が奈良なので、

お会いした方の友だちの友だちや、ご親戚のご親戚と

どこかでご縁がつながっているのかもな、

なんて想像しながら。

お会いした皆さんが、これからもご自身と家族と大切な人を

大事に、幸せに暮らしていけますように。

皆さんのご多幸を心からお祈りしています。

| | コメント (2)

2010年7月16日 (金)

毎日書道展入選!「海を憶う」

国立新美術館で開催されている毎日書道展に、

入選しました。

Photo

壺井花子さんの詩です。

***

木苺の実をさがしては食べた木がくれの

海の蒼さを天に巣が在るように

雲雀の声が降って来る

海辺を敷きつめられた浜豌豆の花の絨毯

摘み切れない防風草

黄金の雲が天蓋の如く私達の頭上を過ぎる

***

眼前に浮かんでくる海の青さや、肌をなでていく風や、

空の高さや、思い出の甘酸っぱさを感じながら、

筆を走らせました(いや、走っていなかったかも。笑)

ご指導くださった浅田聖子先生に心から感謝します。

少しでも思いを形にできるように

これからも精進していきたいと思います。

海といえば!

サーフィンを始めました。

やってみてわかったのですが、

サーフィンって、ボードの上に浮かんでいるだけでも

ものすごい体力とバランス感覚を必要とするんです。

いつか立てるんだろうか…。

いや、立つ!

立つぞー!

乗るぞー!

新しいことを始めるときって、わくわくします。

皆さまも、熱く素敵な夏をお過ごしくださいね。

| | コメント (4)

2010年7月 1日 (木)

「おもてと書」

書の師・浅田聖子先生と、能面師の北澤秀太氏の

コラボレーション展「おもてと書」を見てきました。

能などに使われる「お面」と、

躍動的でダイナミックな聖子先生の書が

どんな風にひとつの場を作るのか、

わくわくしながら会場に足を運びました。

会場は、両国のアンティークカフェ・ウール倶楽部。

高い吹き抜けの天井と、やわらかいライト、落ち着いたアンティークの家具が、とても居心地いい。

壁面には、聖子先生の大きな淡墨の作品が三点と、

その作品の間に北澤氏のお面が

静かに居心地よさそうに、並んでいました。

Photo

能面は、ひとつひとつじっくり見ると、

Photo_2

すごい。

ぎゅっと凝縮されていて、繊細で、深い。

角度によって、いろんな表情に見れるから不思議。

会場に、たまたま北澤氏がいらして、少しお話を聞くことができました。

驚いたことに、こんなに芸術度の高いものが

「道具」なのだそうです。

能や狂言の舞台に合わせて、

「これこれこういう能の役のお面を作って」と発注が入り、

その役の背景や物語や歴史を調べて、一番適すると思われる表情を起こし、

そこから彫り始めるわけです。

舞台の道具だから、純粋な創作はほとんどないのだとか。

ひとつの面を作り上げるのに、丸々2~3週間。

それを「道具」として使っている能や狂言って、すごい世界なんだろうな。

北澤氏のお面を使った能の、本当の晴れ舞台を観にいきたくなりました。

そうした中、今回のコラボレーション展のために作った作品がふたつありました。

Photo_3

「楽猿」と「福犬」

これは、書の聖子先生の作品に合わせたとのことです。

今回の聖子先生の作品は三点。

Photo_4

「幸福有其心」

幸福は、その心にあり。

Photo_5

「楽亦在其中」

楽も、またその中(その心)にあり。

Photo_6

「浄土在眼前」

浄土は眼前にあり。

お面に刻まれた一瞬のさまざまな喜怒哀楽に、

言葉の魂が宿っているようでした。

***

「おもてと書」の展覧会は、明日7月2日までです。

アンティークカフェ ウール倶楽部

墨田区両国3-21-5

03-3633-5597

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »