« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

今年ももりちゃんを囲む会♪

作家の森沢明夫さんを囲んで、

国立のFUKUSUKEで飲んできました。

昨年に続く、「もりちゃんを囲む会」

今年は、イベントなしで、

飲んで食べて、語らって、笑って、

時計が12時をまわった頃から

カラオケに行って全員が熱唱して、

夜の7時から朝の8時まで、はじけてきました。

私は今、全身筋肉痛。泣

ほんと、こーんな弾け方をしたのは、

何年ぶりだろうってくらい、

楽しくて楽しくて、

気づいたらゴムまりのように飛び回っていた。

うう。最後のほうの記憶がない…。

ただもう、朝になっても、「帰りたくなーい」と叫びたくなるくらい楽しかった。

集まったのは、みんな昔から知っているわけでもなく、

はじめて会った人や、

1年ぶりに顔を会わせるものどうしなんだけど、

ひとつだけ共通点があって、

それが森沢さんを大好き♪ってこと。

森沢さんの魅力の引力に惹きつけられて集まる人って、

昨年もそうだったんだけど、

すごーくいい人たちで、

仕事が何とか、どんな肩書きだとかを吹っ飛ばして、

ひとりの素の人間として付き合えてしまう。

みんなが「素」になれて、

居心地の良さに酔ってしまう感じ。

そういう雰囲気を作れてしまう森沢さんって、

やっぱりすごいなーと

森沢さんは、でっかい海のような人だなーと思った。

そしてうれしいことに、

来年もまた、年のおわりに

「もりちゃんを囲む会」を企画させてもらえることになりました。

1年後にそんなたのしみがあったら、

もう、来年もどんなこともできちゃう気がします。

また1年後に、大好きな森沢さんを囲んで、

みんなで心の底からドッカドカ笑えるように、

いい1年にしたいなと思います。

お忙しい中今年も時間を作ってくださった森沢さん、

もりちゃんの素敵な仲間たち、

どうもありがとうございました~!

Dsc06602

FUKUSUKEで。お坊さんが4人もいた。笑

Dsc06604_3

森沢さんが、挌闘家の武田幸三さんからいただいたオリジナルワインを振る舞ってくれた!

熱い赤ワインでした~

Dsc06608

カラオケオールナイト組♪

はじけてはじけて、祭りだった!

Dsc06612

だーい好きな森沢さんと♪

別れが名残惜しくて、みんなでFUKUSUKEにもどったのでした。

 

| | コメント (6)

2009年12月23日 (水)

ただいま~

ことだまカウンセリングの出張で、

群馬県の桐生に行ってきました。

イースト1さんのお客さま約50人の皆さまのお話をうかがいました。

お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました!

群馬、寒いですねえ。

雪をかぶった赤城山から、

冷たく透き通った風が吹いていました。

初日の仕事が終わった後で、

社長宅にお招きいただき、「赤城山」という日本酒をいただきました。

熱処理していない、どぶろくのような微発酵のお酒で、

封を開けたら3日くらいしかもたないのだとか。

だからというわけで、

1升ビンに入った赤城山が、みるみるなくなっていきました。

うまい酒だった…。

楽しいひとときをありがとうございました。

今年最後の出張も無事終えて、無事に年を越せそうです。

今年もあと1週間ちょっと。

おいしいお酒に飲まれることなく、

のんびり年を越したいものです。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

自分では気づかないうちに

朝陽を浴びながら、いい感じにぬくもりのあるふとんにくるまっている。

観念して、伸びをする。

神さまと仏さまに手を合わせる。

ごはんをいただく。

仕事にでかける。

人とあって、いろいろ思いにふける。

(ときどき)飲みにいく。

気が向いたら筆をもつ。

お風呂に入って、あたたまる。

神さまと仏さまに手を合わせる。

ぬくもりごとふとんに入って、ぬくぬくあちらの世界へ飛んでいく。

朝、また帰ってくる。

昨日と同じように今日がある。

そんなあたりまえのことがとてもあたたかくて、

そのぬくもりを大切にしていきたいなと思う。

今日は昨日とそんなに変わらないかもしれない。

でも、もしかしたら、

自分では気づかないうちに

すごく成長しているのかもしれない。

ツタンカーメンエンドウくん。

きみのように…

Dsc06586

10日でこんなに成長したよー!

ずいぶんたくましくなった。

寒いなかよくがんばったねえ。

そうやって、一歩ずつ

おいしい豆ごはんに近づいていくだよ。

***

今週末は、久々に出張にいってきます。

今回は、群馬の桐生です。

お会いする皆さんが、スッキリいい年を迎えられるように

元気にしごとしてきます!

寒いかなあ。

スペシャルレッグウォーマーもっていこっと。

| | コメント (4)

2009年12月16日 (水)

救いの神

忘年会シーズンです。

駅や飲み屋で、

飲みすぎちゃった人が寝ていたり、

頭をもたげて座っていたりする姿を

たくさん見かけるようになりました。

こういう人たちを見ると、

私はなぜか、他人事とは思えない。

寝ている人に声をかけたり、

頭をもたげた人にお水を渡したり、

吐いている背中をさすったり…

そうして、

私は過去に酔っ払った時に

友人から受けた数々の恩を

知らない人に返そうとしている

(のかもしれない)。

今夜もまた、ホームで寝ている人がいた。

スーツを着た20代と思われる青年。

シャクトリムシのような角度で

ホームに顔をつけて寝ていた。

危険ランクAAA。

私の前を歩いていたおじさんが、立ち止まった。

「おーい。大丈夫かー?どうしたー?おお、意識はあるか。

家はどこだー?財布はあるかー?

よし、大丈夫だな。じゃあ、帰るぞー。

おじさんが電車にのせてやっから、次の電車くるまであのイスにすわってな」

そう言って、屍のような青年をプラスチックのイスまで連れて行った。

「電車きたら起こしてやっから、寝てな」

電車を待つこと5分。

そのおじさんは、

死にそうな顔をしながらおじさんに頭を下げる青年を

電車に乗せて、帰っていった。

あの青年もまた、

明日は誰かを救うのかもしれない。笑

| | コメント (6)

2009年12月14日 (月)

かれこれ20年

私は一度、生死の間を行き来したことがある。

A型肝炎にかかって、3日くらい目を覚まさなかった。

肝炎といても、A型は、食物感染が主な原因といわれている。

(酒のせいではないと言いたいのですが…)

高校1年生の時だった。

ほんとうに、よく寝ていたらしい。

あまりに目を覚まさなかったので、

医者に「ここ3日が勝負です」

とか言われていたそうだ。

家族に見守られる中、

私はお花畑の中で遊びながら川を渡ろうかどうしようか、

みたいな夢を見ていたら、

占い師としてよかったのかもしれないけど、

あいにく、私はただただ寝ていただけだった。

久々に目を覚ますと、

なんだか世界が晴れ晴れしく見えた。

どこを切ったわけでもなく、

どこを折ったわけでもないので、

入院中、私はただただ寝ていればよかった。

安静に寝ているのが仕事だった。

痛くもないし、かゆくもない。

食事制限もない。

とてもぜいたくな入院生活だった。

この間、

傷も痛みもない中途半端な病人の私を

高校一年生の同級生のクラスメイトが

毎日お見舞いにきてくれた。

約30日の間、

みんなが交代制のシフトを作っているんじゃないかと思えるくらい申し合わせたように、

入れ替わり立ち代わり、顔を見せてくれた。

そのことが、私の人生を変えた。

中学生の頃まで、私は、自分でいうのもなんだけど、

真面目で正義感が強くて、とても勉強のできる子だった。

中学三年生のとき、友だちとのちょっとした行き違いで

ある日突然、ずっと仲のよかった3人組のうちの一人が

口をきいてくれなくなり、私は孤立してしまった。

「どうして急にシカトするようになったの?」

そんな簡単な一言が恐くて切り出せず、心を閉ざしたまま中学校を卒業した。

そんな状態で高校に入ったのだけど、

高校1年生で出会ったクラスメイトの仲間は、

すごい人たちだった。

頭はいいけど勉強をしない。

自分を隠さず、意見をはっきり主張する。

情が厚くて、いい意味でおせっかい。

「イカスバンド天国(略してイカ天)」というテレビ番組がヒットして

バンドブームの時代だった。

私たちは軽音部に入ってバンドを組んだ。

絶対音感のある子は2人しかいなく、

まったく将来性のない女の子バンドだった。

プリンセスプリンセスのコピーとかしていた。

とても気持ちのいい仲間で、

学校に行くのがどんどん楽しくなっていった。

でも、どこか、入り込めずにいる自分がいた。

臆病でオープンになりきれず、

みんなに嫌われたらどうしよう、と思っている自分がいた。

そんな時、入院したのだった。

友だちが、わたしを、心配して来てくれている。

学校帰りに、わざわざお見舞いにきてくれている。

そのことが、どれだけありがたく、

自信をもたせてくれたことか。

うれしくて、うれしくて、

私は、お見舞いに来てくれた友達が帰った後、

うれし涙を流しながら、

それぞれに、毎日、せっせと手紙を書いた。

来てくれた子が帰った後で、その子宛に手紙を書いて、

翌日別の子に届けてもらった。

生まれてはじめて、友だちに心から感謝することができた。

その仲間と、忘年会をした。

(あ~、やっとここまできた)

もうかれこれ20年!

早いな~

なんて話をしながら、昼間から集まった。

結婚や出産で、

毎年仲間が少しずつ増えていく。

今回はすごい集まりだった。

遠くフィリピン出張からわざわざ帰国してかけつけてくれたり、

福岡からこのために飛行機で飛んできてくれた夫妻もいる。

ぜんぶで、大人20人くらい、子ども20人くらいいたんじゃないかと思う。

20年、いいことも悪いことも一緒に経験してきた。

いい時も悪い時も、知っている。

みんな、それぞれに、働いている時の顔や

家族といる時の顔をもっているんだろうけど、

みんなで集まるときは、昔のままだ。

昔のまんまのみんなが、

愛する人を見つけて、家族をもって、

いい感じに輝いている。

20年前に想像した20年後の自分たちよりも、

きっと今の自分たちは、輝いている。

みんなを見ながら、そんなことを思った。

20年後、またそんな風に思えるように

年をとっていきたいものだ。

| | コメント (5)

2009年12月 9日 (水)

じょんがら

凄いものをみてきた。

フラメンコの長嶺ヤス子が、津軽じょんがら節で踊るという舞台。

ジャパニーズ津軽三味線と

フラメンコの長嶺ヤス子が、

ぴったり融合していて驚いた。

津軽三味線の音色は、

苦しみにも、悲しみにも、喜びにも、祈りにも

共鳴してくれるものだということがわかった。

懐が深い。

長嶺ヤス子の踊りは、

性を恐ろしいくらいむきだしにしているのに、

一輪のバラのような品がある。

誰にも折ることができないような、

太くて逞しい生命力。

72歳とは思えない!

白くて美しい足から、

神経が張り詰めた指先から、

小柄で大きな存在感のその体から、

悲しみや怒りや慈しみや悦びが

ひとつのうねりとなって飛び出し、

見る者の魂をゆさぶる。

そのうねりは、私の底までやってきて、

私をそっとやさしく抱きしめ、

さいごは祭のように、天に向かって突き抜ける。

本物だけがもつ凄さだった。

同じものをいつか感じたと思い出した。

この大きくて、激しくて、優しくて、

すべてを包み込むような凄味。

書家の浅田聖子先生の大作展だった。

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

ツタンカーメンエンドウ

豆を蒔きました。

いや、たぶん正確には、

種を蒔きました。になるのかな?

ツタンカーメンエンドウという豆。

10年前にタイ旅行をしていたとき、

偶然に二つの町で二度逢った、

ゆみちゃんが送ってきてくれた。

昨年、ゆみちゃんが谷中に遊びにきてくれた時、

この豆をちょうど収穫していたそうで、

私に、いつか豆を送るから育ててみて、と言っていた(らしい)。

10月の終わりに、11月に蒔きなさいと手紙を添えて、

送ってきてくれた。

その手紙の終わりに、

「ずぅ~と種送らなぁ~っと思っていたので、やっと送れてスッキリ!」

と書いてあった。

あはは、わかる!その気持ち。

思わずにっこりしてしまった。

紫色の花が咲くらしい。

豆ごはんにするとおいしいらしい。

その送られてきた7粒のツタンカーメンくんたち。

なんとか11月の終わりに滑り込みセーフで蒔いた。

今日、ふと思い出してみたら、

ニョキっと芽を出していた!

Dsc06575

寒いのに、えらいよ、きみたち。

早く大きくなって、立派な豆ごはんになるだよ。

ゆみちゃん、素敵な贈りもの、ありがとう!

***

それから、

カバラの先生であるピオニアのようこさんが、

新しくパワーストーンのWEB通販をはじめました。

数百円のピアスから、最高品質のブレスレットやペンダントまで、

とってもわくわくする品揃えです。

ぜひチェックしてみてください。

http://www.orientallily.jp/fs/orientallily/c/

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

おめでとう

いい天気。気持ちがいい。

大学時代のゼミの仲間同士が結婚した。

SちゃんとM氏。

イニシャルにしても、相性抜群。

昨日、二人をお祝いするささやかな宴を開いた。

宴の企画をしたリーダーの家の近くで、

手作りの宴だった。

午後1時、

リーダーと、A氏と、宴の最終準備をする。

リーダー「A氏、おまえ、司会やりたいんだろ?」

A氏「おれでいいのか?」

リーダー「おまえしかいないだろ?」

A氏「じゃあ、やるか?」

二人で仲良く司会の譲り合いをしている。

新郎新婦を含めて7人の宴なんだけど。

二人とも100%本気である。

A氏「ケーキカットのタイミングなんだけど」

リーダー「おれもそれを考えていた。メインイベントだからな」

A氏「最初にもってくるか、最後のサプライズにするか」

リーダー「あ、ケーキカットのろうそくを用意している」

A氏「さすがリーダー!」

リーダー「ケーキは2週間前から店と4回打ち合わせをして作ったからな」

ところで、ケーキカットにろうそくは必要なのか…。

リーダー「寿司とピザは、やっぱり両方あったほうがいいか?贅沢か?いや、いるな。いいよな。俺は寿司を選ぶ。ピザはエリカちゃんに任せた」

ピザを真剣に選ぶワタシ。

A氏「二人への作文発表の順番は、どうするか」

この日の一大イベントとして、リーダーから全員に、二人についての作文を原稿用紙1枚~2枚に書くようにと指令が出ていた。

準備段階からこんなにワクワクしたのは、久しぶりだ。

そして、会がはじまる。

いやあ、感無量でした。

みんなからの作文を聞きながら、大学時代を思い出す。

10うん・・・年たっても、色あせない。

M氏が最後に、みんなに言った。

「俺は、ゼミのアイドルSちゃんのことを、一生守っていきたいと思っています。

一緒に年をとりながら、できれば、最後にSちゃんの死顔を看取りたいと思います。」

A氏「言うことがいちいち地に足ついていやがる。」

リーダー「インドでじゅうたんボラれたおまえがなあ。泣」

みんな一緒に年をとっていく。

なんて、あたりまえでいて、奇跡のようでいて、楽しいことなのか。

Sちゃん、M氏、結婚おめでとう!

末永くしあわせにね。

あったかい家庭を築いて、これからもかっこよく生きていってください。

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

わたしの器

材質は、これからもほとんど変わらない

大きさも、ほとんど変わらない

この器に

何をどんだけ入れるか

何をどんだけ捨てるか

この器に

どんだけ愛着をもてるか

ちっちゃな器の

大きな大きなものがたりを

描いていく

Dsc06571

| | コメント (2)

2009年12月 1日 (火)

ハマリモノ③冷え対策

Dsc06569

12月です。

寒いわけです。

でも、今年の冬は、ぬくぬく過ごせそうな予感がしています。

それは、冷え対策をはじめたから!

あたためるところは、足と腰。

ここが要なんですね~

冷え対策のはじまりは、1枚の腹巻でした。

ある人に、2枚もらったから1枚あげる♪と、

腹巻をもらいうけました。

「はらまきなんて~」と小ばかにしながら、

つけてみたら、あらびっくり!笑

ぬくぬくして、心地よいのです。

もらったのは、ほぼ日ハラマキ。

デザインもかわいいし、手触りも柔らかくて気持ちいいです。

なんと、2日の午前11時で申し込みを締め切ってしまうみたいです。

ほしい方はお急ぎください。

http://www.1101.com/store/haramaki/index.html

それからしばらくして、つくばくさの根はり灸治療院にいった時、

エイジ先生に「冷えています」と叱られました。泣

東洋医学では、冷えが万病のもとなのだそうです。

「これをつけてみなさい」と渡されたのが、

イオンドクターのレッグウォーマー。

このレッグウォーマー、天然鉱物パウダーなるものが入っていて、

つけているとじんわりあったかいんです。

心地よいものをつけると、

とった瞬間に、「足りない」感じがするんですね。

満たされていたものが足りなくなって、不安になるような。

今までずいぶんと冷えてたんだなあと思って、

このレッグウォーマーと出会ってから、

私の冷え対策に火がつきました。

http://www.iondoctor.com/

くつ下は、2~3枚くらいはく。

タイツ、ハラマキも必需品。

家にいるときは、レッグウォーマーをつける。

湯船に浸かって、足(足裏と足の指を特に)のマッサージをする。

寝る前に下半身と股関節回りの運動をする。

冷たい飲み物は控えて、ほうじ茶などの温かい飲み物を飲む。

まあその程度なんですけど、

それだけで、ずいぶんと変わりました。

体温が少し上がり、下半身の血の巡りがよくなって、

血液が循環しているためか、肩こりとか腰の痛みもやわらぎました。

調子がよくなったので、

ウキウキしながらエイジ先生に報告しました。

冷え対策を始めた私をあたたかく歓迎してくれるエイジ先生。

また新たなぬくぬくグッズを教えてくれました。

先を行く人は、常に半歩以上先を行っているわけです。

その名も、「腰ふとん」

腰にふとんを巻き付けるという、新発想です。

腰の仙骨のあたりをあたためると、すごーくいいそうなんですが、

この腰ふとんのぬくもりが、また、ひなたぼっこ級の気持ちよさ…

一度つけて、またもやすぐにトリコになってしまいました。

こんな感じのものですhttp://www.hantenya.jp/index.html

ひとつひとつ手縫いで手作りされていて、

生地の手触りもとってもやさしくて、あたたかいです。

これも、一度つけると、取ったときにすごーく不安になるんです。

だから、自然とつけるようになりました。

体が一番寒がっているところを温めるようになって思ったんですが、

体がぬくぬくあったかいと、なんだか心も満たされて、

やる気が充満するような気がします。

心が満たされていないときって、

ちょっとした片づけとか、メールをすることとか、人に会うことまでも

面倒になったりします。

でも、満たされているときって、なんでもできるような気がする。

心を満たそうと思ったら、

体を気持ちよく満たすことのほうが近道かもしれないなと思いました。

ちなみに、

エイジ先生から次に与えられた課題は、

「肉ぶとん」笑

「ええ!脂肪をつけるの?」と聞いたら、筋肉をつけることだと教えてくれました。

筋肉がついていると、体が冷えにくいのだそうです。

そういえば、マッチョで冷え性の人って、あまりいないかも…。

体を動かすことが気持ちいいから運動をして、

自然とついた筋肉が体をあたためてくれたら、

それは無理のない、とってもいい循環だと思う。

体の「気持ちがいい」って声を、たくさん聴けたら、

きっと体も心も調子もいいんだろうな。

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »