« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

つくばの癒しスポット

今日は久々にお酒を飲んできました。

春に千駄木に越して来た、ご近所さんのAさんと、

Aさんのお友達のSさん、Mさんの4人で、谷中銀座の和味(なごみ)にいく。

ここの焼鳥は、とてもとてもおいしい。

Sさん、Aさん、Mさんは、女性だけど、私よりもお酒が強い。

Mさんは、その昔、平気で酒を一升あけたという。

一升あけたら、どれだけ気持ちがいいだろう。

口々に「昔はよく飲んだよねえ」とぼやきながら、芋焼酎のロックをグビグビ飲んでいる。

いやあ、気持ちいい飲みっぷりだった。

ブログでいつもビールビールと書いていたせいか、

私は相当のんべえだと思われていることがわかった。

最近、弱くなったんですよ!(体の代謝が落ちてきたもので…泣)

おっと、前置きが長くなってしまいました。

月曜日に、つくばの癒しスポット

TUKUBA くさの根 はりきゅう治療院に行ってきました。

http://tsukuba-kusanone.com/

ハリを打ってもらって、その後、体の調子がとってもいい!

腰の痛みも和らいでいるし、しばらく痛かった首も痛くない。

体全体の調子を見てくれた上で、

体調を良くするためのアドバイスをくれたり、

ハリ・マッサージ・お灸などをいろいろ取り入れて、

1時間以上ゆっくり治療してくれる。

これで1回5000円は、とってもお得だと思う。

エイジ先生の治療を受けて、ほやほや~っとしたところに、

ヨウコ夫人お手製の晩ごはんをごちそうになる。

Dsc06476

美しい!

大豆をすりつぶして作ったハンバーグ、

豚肉・きくらげ・さつまいもの生姜煮、

小松菜のナムル風、

四角豆(農家の和知さんが育てた沖縄の豆)をゆでたもの

大根菜のごはん

などなど。

純米の日本酒を酌み交わしながら、

夢中でぱくぱくいただく。

至福のひととき・・・(またお酒の話になってしまった)。

ようたんの料理は、食材も味付けも、やさしい。

体への思いやりにあふれている。

エイジさんがハリで治療して、ようたんが薬膳で体の中から元気にしてくれる。

出張のつかれも、ふっとぶわけである。

夜な夜な語って、楽しかった。

翌朝、エイジ先生はとっくに診療に出かけていた。

ようたんに「朝ですよ~!」と爽やかに起こされ、近くの公園をお散歩する。

Dsc06477

朝の公園って、なんて気持ちがいいのか。

ひとりだと、なかなか朝の散歩ってできないんだよなあ。

日課にしたいなあ。

Dsc06479

ようたんが朝ごはんを作ってくれた。

絵に描いたような朝ごはん!泣

体にしみわたる。

Dsc06478

治療院の玄関を入ったところに、

ことだまたちを飾っていてくれた。

うれしいなあ。

エイジさん、ようたん、また癒されにいきまーす!

***

TUKUBA くさの根 はりきゅう治療院↓

http://tsukuba-kusanone.com/

ようたんのブログ、食について書かれていてとてもためになります↓

http://withgreen.air-nifty.com/

| | コメント (2)

2009年10月25日 (日)

名古屋と熱田神宮

ことだまカウンセリングの出張で、名古屋に行っていました。

今回は、鳴海にある翆生さんにお招きいただき、

3日で40人の方のお話を聞かせていただきました。

お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました!

宿の前には、熱田神宮という大きな神社がありました。

Dsc06469

鳥居の左下の米粒のようなのは、人!

とても大きくて静謐な境内を、毎朝お散歩がてらお参りさせていただく。

(境内の隅で、ストレッチもさせていただく)

Dsc06468

弘法大師の手で植えられたと伝えられる、ご神木の大楠木。

樹齢1000年を越えるという。

Dsc06465

正門から5分くらい歩くと、本宮にたどりつく。

ビジネスマンも朝からお参りしていたりする。

地元の人は、「熱田さん」と親しみを込めて呼ぶ。

「お伊勢さん」と同じだ!

とても大きな神社だけど、生活に密着している感じがあったかくていい。

***

今週末は、1年ぶりに和歌山の新宮に行きます。

ことだまカウンセリングの仕事は、ここからはじまったので、

ぐるりと1年経ってどんな風に感じるか、たのしみです。

出張が多いこともあって、

個人カウンセリングは、今ご予約いただくと

11月中旬以降の日にちのご案内となります。

お急ぎの方は、比較的早い日にちで電話カウンセリングもできますので、

こちらまでお問合せください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P92349207

| | コメント (2)

2009年10月13日 (火)

読書の秋におすすめの1冊

Dsc06456_2

たった今、1冊の本を読み終えました。

サッカー選手の中村憲剛の半生を書いた、「永遠のサッカー小僧 ~中村憲剛物語~」。

大好きな作家・森沢明夫さんの最新刊です。

いや~、おもしろかった!

読み始めたら、読みやすくて、次が楽しみで、内容がとっても爽やかで…、

夜中なのにまったく止まらなくて、一気に最後まで読んでしまいました。

読み終えた後に思ったのは、

「憲剛、いいやつだな~!(泣)」

なれなれしくて、すみません!笑

森沢さんのノンフィクションって、

読んでいると、主人公が自分の「友だち」みたいに思えてくるんです。

きっと、主人公を大好きになってしまう魔法がかけられているにちがいない…。

そして、もうひとつ、とびきりの魔法をかけられてしまいました!

たぶん(いや、100%)私はワールドカップには出れないけど、

「彼にとってのサッカーが、私にもある」って、

読みながら自然と思えてしまうのです。

不思議。

そして、それをものにする秘訣が、

中村憲剛という超一流選手のリアルな半生をもとに、「感じられる」ようになっているのでした。

いいイメージをもてると、自然と行動がついてくるんだなあ。

ヒントがいっぱいの本なので、ぜひ皆さんに読んでいただきたいです。

ではここで、著者の森沢明夫さんのメッセージをご紹介します。

↓↓↓

このたび、サッカー日本代表で活躍している
中村憲剛選手のノンフィクション作品を書き下ろし、
おかげさまで本日、発売日を迎えることができました!


「永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語」(講談社)1500円

http://www.amazon.co.jp/gp/switch-language/product/4062155591/ref=dp_change_lang?ie=UTF8&language=ja%5FJP

「ラストサムライ 片目のチャンピオン武田幸三」以来の
久しぶりのノンフィクションですが、今回もできる限り密着取材をして、
誰も知らない中村憲剛を描いてみたつもりです。

この本は、サッカー好きな読者はもちろんですが、
そうでない人にもぜひとも読んでいただきたい一冊です。

というのも、僕が書いたのは「サッカー」ではなく「人生」だからです。

それも、僕らとちっとも変わらない、とことん「フツーの人」の人生です。


憲剛は一般的なサラリーマン家庭にフツーの子供として生まれ育ち、
とくに才能も咲かせないまま大学までサッカーを続けてきました。
大学卒業後も、どのプロチームからも誘われず、
当時J2だった川崎フロンターレに、みずから「練習生」を志願し、
ようやく入団できた選手なのです。



しかし!!!



彼はいま、日本のサッカーを背負って立つスターのひとりです。

これは、なぜでしょう?

フツーすぎるほどフツーの男。
僕らとちっとも変わらないような、そのへんのお兄ちゃん。

そんな彼が、日本代表の選手になり、ワールドカップへとチームを導きました。


そもそも、憲剛は僕らと同じ「凡人」でした。
でも、密着取材をしているうちに、
僕らと憲剛のあいだの決定的な「違い」を見つけたのです。
しかも、その「違い」は、僕らでもやろうと思えば充分にできる「違い」なのでした。

僕はこの本で、その「違い」を描きました。

「自分も、自分のまわりの多くの人たちも、
じつは、いろんな夢を叶えられる可能性の塊だったんだ!」

「自分もきっと憲剛みたいに人生を輝かせられる!」

そういう確かな希望を、読了した読者に抱いてもらいたいと願いつつ、
想いをライトタッチな文章に編み込んでみました。

取材中、憲剛は僕に、こんな名言をポロリとこぼしました。





「1%でも可能性があるなら、
それは努力をやめない理由になるでしょ?」

by中村憲剛





いかがでしょう?


こういう男の生き様はきっと多くの人を励まし、
夢や希望へと向かうべく、背中を押してくれると思うのです。

ぜひとも最後まで読んでみてください。


そして、もしよかったら、
この本の刊行を、あなたのブログやミクシィ日記などに書いていただき、
より多くの方々にご紹介いただければ嬉しいです♪


その際、僕が書いたこの日記を、
そのままコピペしていただければ幸いです。

いつもお世話になってばかりの僕が、
今回もまたお願いごとになってしまいましたが、
みなさん、ぜひぜひ、ご協力を宜しくお願い申し上げます!!!


この本が、ひとりでも多くの人に読まれて、
ひとりでも多くの人がハッピーになれますように!



アディオース\(^O^)/
森沢明夫

*************************

発売後まだ10日も経っていないのに、

もうアマゾンの注文で2~3週間まちになってました!

http://www.amazon.co.jp/gp/switch-language/product/4062155591/ref=dp_change_lang?ie=UTF8&language=ja%5FJP

すごい人気!

みんな読んで幸せになってね~\(^O^)/

エリカ

| | コメント (6)

2009年10月 9日 (金)

会津に行ってきました

福島のことだまカウンセリングを終えて、

台風が来る前に、会津を旅してきました。

ゆっくり温泉につかって、

ぼんやり自然を眺めて、

おいしいものをたくさん食べて、

幸せなひとときでした~。

写真をいくつか撮ってきました。

Dsc06407

「塔のへつり」

阿賀川が長年侵食と風化を繰り返してできた、奇跡の景観。

国の天然記念物なのだそう。

橋があって、向こう側に渡ると、こんな看板が!

Dsc06408_2 

「のぼるなよ」

「よ」がつくだけで、ものすごく優しくなる。

こんな風に諭されると、思わず「はい」と返事をしてしまう。

Dsc06413

大内宿。

昔の宿場町をそのまま残した集落で、江戸時代に遡ったような気持ちになる。

茅葺きの見事な屋根!

こんなおうちに住みたいなあ。

Dsc06409

コスモスが咲いていた。

Dsc06415

稲刈り時の田んぼって、綺麗!

Dsc06414

右奥に、神社を発見。

この土地を守ってきた神様なんだろうな。

Dsc06419

木でできた鳥居をくぐると、さらさらと小さな川が流れている。

この小さな川を越える前に・・・

Dsc06418

川の水で手を洗う。

こういうの、いいなー。

見上げると、

Dsc06420

とても素敵な神社があった。

Dsc06424

このへんの名物の、ねぎそば。

ねぎでそばをすくって、いただく。

一番はじめにこれを編み出した人は、

ねぎを刻むヒマもなく忙しかったのか、

ただの面倒くさがりだったのか・・・

Dsc06432

山の上は、もう色づきはじめていました。

今年は、いつもより少し早く紅葉をたのしめそうです。

Dsc06436

あべ食堂の喜多方ラーメン。

太い縮れ麺と、あっさりとしたスープが

たまらないコラボレーションをしていました。

ああ、喜多方で喜多方ラーメンを食べるという、この贅沢・・・泣

Dsc06440

囲炉裏を囲んで、サクラマスや馬刺しをいただく。

囲炉裏、ほしい!

Dsc06450

会津といえば、白虎隊。

白虎隊が最後の時を迎えた、飯盛山というところにいく。

5秒でめまいがして、引き返す。

実はデリケートなわたし♪笑

その下に、「さざえ堂」というお寺がある。

入り口から中を登っていくと、一方通行で上まで行って、

下まで戻ってくるという、珍しい建築物なのだそう。

国の重要文化財に指定されているらしい。

なのに、壁には、

「サッカー部優勝!」とか

「えみ、はるき、(はあとまーく)」 とか、

公衆トイレ並みに落書きが書かれている。

なんて、庶民に親しまれた寺なのか。

Dsc06452

勝常寺。

この中に、国宝の木造薬師如来がいらっしゃる。

国宝なんだけど、ガラスケースとかに入っていなくて、

ごくごく普通に、お堂の中で拝むことができる。

そんな住職さんの配慮が、とてもありがたい。

若くて親しみやすい住職さんが案内してくれた。

Dsc06453_2

この門の向こうのお堂には、弘法大師が彫ったと伝えられる

立木千手観音像がいらっしゃる。

高さ8.5メートルもある一本木で作られていて、

今も床下には、木の根があるのだという。

すごい迫力の千手観音像だった。

***

出張もひと段落して、2週間くらい、谷中仕事の日が続きます。

谷中では、ちょうど今週末の10日から25日まで、「芸工展」というものが開かれます。

町中のいろんなお店で、小さなアート展やミニライブが開かれる、

町ぐるみのおもしろい企画です。

谷中散歩が、きっと楽しくなると思うので、

谷中やカウンセリングにお越しのみなさま、

チェックしてみてくださいね。

http://www.geikoten.net/

私も来年は出店者として参加したいな~♪

| | コメント (6)

2009年10月 2日 (金)

ふくおか→たんじょうび→ふくしま

こんにちは!

今、出張で福島にきています。

9月末は、福岡の甘木の粋祥さんに招かれて、

ことだまカウンセリングのしごとをしてきました。

4日で65人の皆さんのお話をきかせていただきました。

お越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました!

今回はまたいつもにも増して、

ビッと行って、ピッと帰ってきました。

朝起きて、稲の穂が垂れた田んぼを散歩。

彼岸花が真っ赤に咲き誇っていました。

10時から18時まで、カウンセリングをして、

ホテルにもどり、うどんを食べて、

ホテルで書の稽古をして、お風呂に入って8時間眠る。

翌朝、また彼岸花を見る・・・

それを繰り返して5泊。

疲れもたまるけど、お酒を断ち、無駄を省き、

カウンセリングのためだけに密な時間をすごすことは、

なんとも、

修行だ・・・。

東京に戻って、翌日は誕生日!

書の稽古に行き、夜は鈴木亜紀のライブにいく。

早川義夫とのセッションで、

二人の歌を聴く。

涙が出る。

途中から鼻水もでる。

魂をわしづかみされた。

A御大も来ていたので、

独り誕生日になることを運よく逃れ、

ビールをごちそうしてもらう。

うまかった・・・。

久々にお酒を飲んだら、ずいぶんとまわった。

終電を逃し、日暮里に泊まる。

家に帰り、身支度をして、福島に出発。

で、今日初日を終えました!

福島は、寒い・・・。

新白河のワイズスタイルさんにきているのですが、

お客さまがみんなパワフルで、ポジティブで、

疲れもしたけど、笑いも元気もたくさんもらいました。

どうもありがとうございました!

あと2日間、どんなお話が聞けるかな~

わくわく、ぞくぞくしながら、楽しんできたいと思います。

それと、10月から翌年の波動が入って新しい気持ちになることが多いためか、

谷中の個人カウンセリングの申し込みを、どどっといただいています。

皆さん、新しい流れに敏感なんですね!

今年起きたできごとを気持ちよくまとめて、

早く新しい流れにのっていけるので、

今の時期のカウンセリングはとてもおすすめです。

皆さまのご予約、おまちしてまーす

| | コメント (6)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »