« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

毎日書道展

国立新美術館で行なわれている

第61回 毎日書道展に行ってきた。

毎週水曜日は午後1時からということを知らず、

11時に行ってしまい、

時間がたくさん余ったので、

東京ミッドタウンのサントリー美術館の

「美しきアジアの玉手箱」展に足を運ぶ。

日本と中国の古くからの美術品が陳列されている。

土偶の顔をまじまじと見つめる。

これは宇宙人だよな、と思う。

江戸時代の書家・本阿弥光悦と絵師のコラボレーションの作品があった。

膨大な時間をかけて書いたであろう、絵師の絵の上に、

一瞬にして書いたであろう、光悦の書が光る。

一寸の迷いも淀みもない線。

しなやかで力強く、時を経ても色褪せない。

心の強さと技術の高さを想像してみる。

自分にないものは、想像できないことを知る。

ああ切ない。

ビールを飲み、毎日書道展に足を運ぶ。

役員の先生方、会員の先生方の作品を見る。

やっぱり毎日書道展は素晴らしいと思う。

今回は、近代詩分野で初入選した。

自分の作品を見に行く。

わかっていたことだけど、落ち込む。

会場に陳列された自分の作品を見ることほど、

反省をうながすものはない。

また、稽古に励もうと心に誓う。

Dsc06284

国立新美術館での毎日書道展は、8月2日まで行なわれています。

今週末は、ことだまカウンセリングのイベントで、名古屋に行ってきます。

| | コメント (2)

2009年7月29日 (水)

仙台ふたたび

仙台に行ってきました。

天賞堂さんで、2回目のことだまカウンセリング。

3日でおよそ60人の方の人生をシェアさせていただきました。

お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました。

なんだか、感動の連続でした。

つらい状況があったとしても、

それは、乗り越えられるからやってきていて、

乗り越えて成長するために

それを生まれる前に自分で設定してくるといいます。

学ぶべきテーマと、自分の性格と、生まれた環境や家族と、

出会う人と、仕事と、乗り越えるべきことは、

すべて関係していて、

それらが1本の線で繋がったときに、

ものすごい感動が生まれるのだと思います。

人生に無意味なことは、ほんとにひとつもないのだなと、

皆さんのお話を聞きながら、思うのです。

今回もたくさんの気づきをいただいて、

気づきの詰まった、ほんとにいい仕事を選んだなあと、

しみじみしました。

半年前は、イベントの後で体を壊しかけたんですが、

今回は、心も体も、とても元気に過ごすことができました。

天賞堂の皆さん、ありがとうございました!

皆さんが体や気持ちを気遣ってかけてくださった言葉や、

何気ない会話や、笑いが、とてもうれしかったです。

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

行雲流水

Dsc06268

後ろを向いたら、流される

前を向いたら、流れていける

前にあるのは、たいがい、自分なんだと思う

きれいなところばかりじゃないけれど、

そこが意外とよかったりする

雲のように、水のように

自由に流れていきたいものだ

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

日食と宗像神社

出張で福岡に行ってきた。

21日の朝に羽田から福岡へ飛び、電車で熊本に行く。

九州はいつ以来だろうか。

思い出した。

大地を守る会で働いていたころ、

海苔の成清さんの取材に行った以来だ。

有明海の海苔の漁師さんの船に同行して、

海苔の収穫を見せてもらった。

船は夜中の12時に出て、帰ってきたのは3時時間後。

採った海苔は、即座に紙状にしていく。

その作業は、昼くらいまでかかる。

朝まで取材していた。

熱い人たちだった。

大好きになった。

ああ、なつかしい。

そういえば先日、その成清さんに、広尾の山藤で偶然会って、

偶然その場に居合わせた成清さんの後輩さん、

大地のYさん、元大地のSさん、元大地の私、山藤のYくんと、

朝まで飲んだ。

偶然とは、なんと素晴らしく、おそらしいものなのか。

私は、何を書いているのか…。

九州に行ってきた。

今回は、午後で仕事が終わるので、飛行機を翌日便にしてもらい、

1日、九州を小旅行してくることができた。

渚のOさんに、感謝!

飛行機が福岡、と聞いて、福岡に住んでいる

高校時代からの親友Nに会いたいと思った。

夜の19時まで、時間がある。

時間があったら、行きたい神社があった。

といっても、出発の前夜に、思いついて調べた神社だった。

日本の神様カードを見ると、

福岡県には、すごく惹かれる神社がいくつもあった。

福岡は、きっとそういう土地なんだろう。

その中でも気になったのが、

水天宮と、宗像神社。

行き方をチェックしておいた。

Nに会うまで、運よく時間があった。

電車を途中で降りて、水天宮に寄る。

Dsc06231

久留米駅を降りて、10分くらい歩いたところにある。

ひっそりとして、静かな場所。

すぐとなりに、川が流れていた。

御祭神は、天之御中主神。

創造の神様で、宇宙の中心に存在する根元の神様。

恐れを手放して、自分の内にある創造のエネルギーの扉を開き、

内なるものとつながっていくことを思い出させてくれる。

Dsc06232

秩父神社にも、天之御中主神がいらっしゃる。

とても大切な人の旅の出発に、

ごあいさつに行ったことがあった。

旅の無事を願って、

それから、私自身も開いていくことをイメージして、

またごあいさつをする。

Nに会う。

Dsc06241_2

九州のうまか魚を食べさせてくれた。

刺身以外の写真は、すべてピンがボケていた。

しかも、魚の名前を思い出せない。

久々に飲んだ、うまか冷酒のせいなのか。

なので、割愛することにする。

イサキもアジもサバもイカも、おいしすぎて冷酒が進んだ。

話も弾んだ。

Nと二人で語り合うのは高校の時以来なんだけど、

お互いに、いろんな経験をして、いろんな思いをして、

原点に還ったところで、こうして出会えた気がした。

書きたいことが多すぎて、何を書いたらいいのかわからなくなってきた。

Nとの会話をひとことでまとめるとしたら、

成長していくってことは、楽しいものだ。

ということだった。

成長ということについて、

昨日、会った人や、読んだ本からキーワードをもらった。

・誠実であること

・謙虚であること

・自分に恥ずかしくないかということ

・自分とまったく異質のものが目の前に現れたとき、その存在を赦し、受け入れることができたときに、器が大きくなる。それを愛という。

言葉にすると、とてもシンプルなのに、その言葉がいらないくらい、そんな存在になるということは、どんだけ難しいことなのか。

そういうことを学ぶために生きている、としたら、年をとるということは、とっても素晴らしいことだと思う。

なかなかいいまとめかたができた。

Nと、Nのだんなと、部屋に帰ってスパークリングワインを1本空ける。

一宿一飯の恩義に、カウンセリングをする。

カバラや手相を通すと、これまで見えていなかったその人の何かが見えてくる。

それを共有させてもらうことに、おびただしい量の感動がある。

感動的な夜になった。

22日の朝、Nがすっかり身支度を整えて、出勤していった。

私は、皆既日食の夢を何度も見た。

目が覚めて、あ!もう日食終わっちゃったか?と焦ったけど、

幸いにもまだ8時くらいで、二日酔いもない。

空は曇り空。

日食、見れるだろうか。

Nのだんなと、マンションを出る。

出かけ際に、Nのだんなが、「今日はどこにいくの?」と聞く。

えっと…。名前を忘れて、手帳を開く。

「ムナゾー神社?」と伝えると、Nのだんなが眉間にしわを寄せる。

手帳に書いた「宗像神社」の文字を見せる。

「あはは。これは、ムナカタって読むんだよ。いい神社だよ。きっと、行ってよかったなって、思うよ。きっとターミナルからバスが出ているから、バスでいきなよ」

この「バスで行きなよ」が心にひっかかって、

電車で行こうと思っていたけど、バスでいくことにした。

天神のバスターミナルに行くと、宗像神社行きのバスは、なかった。

普通の路線バスが郵便局前から出ている、というので、

荷物を引いて、バス乗り場に向かう。

日が射している。

天神の交差点では、テレビ局の人が撮影の準備をしている。

日食、見れそうだ。

バスを探す。

ない。

宗像方面というのはあるけど、よくわからない。

たぶん、車で行けば、1時間半以上かかるはずだ。

普通の路線バスで行ったら疲れるだろうし、

諦めて電車にしようと思ったところで、

宗像方面行きと思われるバスがきた。

バスに乗り込んで、運転手さんに「宗像神社に行きますか?」と聞く。

「それなら、この後ろに来てるバスがいいよ」と教えてくれる。

ラッキー!

その後ろのバスに乗り込む。

普通の路線バスだった。

ま、いっか。

トコトコバスに揺られていく。

何も考えずに乗っていたら、いつの間にか1時間以上経っていた。

時計が10時半になっている。

宗像神社に着きそうな気配はない。

外はグレーの曇り空。

太陽の気配もしない。

「ああ、見れなかったか。」

なんとなく諦めかけたそのとき、バスの左側の列に乗っていた私に、

右側にいたおばちゃんが、声をかけてきた。

「太陽が、三日月になってるわよ!」

「ええーっ!ほんとですか?」

荷物を放り出して、おばちゃんの後ろの座席に駆け込み、

バスの右側から上空を見上げる。

厚い雲をかぶった三日月の太陽が、くっきりと空に浮かんでいた。

「うわーーーーーー!」

開いた口がふさがらない私。

「不思議な光景よね。小さいころに見て以来だわ。あの時は、ガラス窓にすすをつけて、見たっけ」おばちゃんが、くすりと微笑む。

相槌を打ちながら、三日月太陽に釘付けの私に、

「あ、雲が晴れてきたわね。あんまり直視すると、目に悪いから、気をつけてね」と、おばちゃんが声をかけてくれる。

サングラスをかけて、雲をかぶったり、雲を脱いだりする三日月太陽を見上げる。

おばちゃんと世間話をしたりする。

「私、よく隣に座った人に声かけちゃったりするのよ。ふふふ。ごめんなさいね。」と、陽気なおばちゃん。

「いえいえ、私、東京からきてて、今日、日食見れるの楽しみにしてたんです!もう、見れないかなって、諦めかけてたところだったから、ほんとに、声かけていただいて、ありがとうございました」

私は、宗像神社に行こうとしていることを伝える。

「あら、だったら、このバス乗り換えないといけないわよ。」

とても重要なことを教えてくださった。

乗り換え方まで、教えてくれた。

「次に日食が見れるときには、私はもうこの世にはいないかもしれないわね」と、おばちゃん。

「そんなこと言わないで、次の日食を見たときに、バスでねーちゃんと日食みたなって、今日のこと思い出してください」と私。

二人で笑う。

おばちゃんがバスを降りていく。

バスが発車し、後方に歩いていくおばちゃんが見える。

二人で、同時に、お互いに手を振る。

鼻の奥が、ツンとなる。

バスを降りる。まだ、太陽が三日月だ。目を休めては見上げ、を繰り返す。

宗像神社行きのバス停を見つける。

次の発車時間は30分後。

後ろを見ると、タクシーが止まっている。

タクシーに乗り込む。

宗像神社行きのバスが、どれほど少ないか、ということについて、とても丁寧に語ってくれる。

川のそばを走りながら、この川は、下水を綺麗に蒸留したものを貯めていて、そうした水を使っているから、この辺はとても循環型社会で、でも、そのせいで、えらく水道代が高いということも語ってくれる。

宗像神社につく。

Dsc06266

日食が終わりかけていた。

まぶしい太陽を、チラリ、チラリと見上げると、まだ欠けていた。

でも、もう抜け出す寸前だ。

雲はスッキリと晴れている。

もう見上げられないくらい、いつもの陽射しに戻っている。

抜けるような空。

自分の上にかかっていたもやが、スッキリ晴れていくのを感じる。

この爽快感!

太陽と、月と、地球が、一直線に並ぶ。

そのことが、何の意味もないわけがないと思う。

そう考えて、ハッとする。

見よう、見ようとしていたけど、感じるものだったのかもしれない・・・

ま、いっか!

晴れたんだから。

宗像神社は、天照大御神の3人の娘神がご祭神の神社で、

伊勢神宮に対して、裏神宮ともいわれているということを、

Dsc06249_2

入り口で知る。

日本の神様カードによれば、この三女神のテーマは、

再出発、再挑戦、恋愛のはじまり。

いいスタートがきれそうで、うれしい。

Dsc06250

とても澄んだ空気に包まれた神社だった。

この本宮のまわりを、全国の神社の小さな社が取り囲んでいる。

尋常じゃないパワーだった。

右側から、森の中に続く道があり、そっちへ進む。

Dsc06254

離れに、第二宮、

Dsc06255

そのとなりに、第三宮、

そこから、少し道を戻って、さらに上に進むと、

Dsc06258

道が続き、

Dsc06259

さらに階段を上っていく。

その先に、最初にこの地に神様が降り立ったといわれる聖地がある。

Dsc06260

その聖地が、この森の真ん中。

静かにこの地が護られ続けてきたことに

日本の信仰心の清らかさを感じる。

近づいて、手を合わせる。

・・・かゆい。

足が、すごくかゆい。

足元を見ると、くるぶしからヒザにかけて、

ボコボコと皮膚がもりあがっている。

1、2、3、4・・・うわ!20箇所は、くわれてる。

一瞬のうちに!やられた~

ずっといたかったけど、大変なことになるので、

長ズボンで来なかったことを少しくやみ、

でも、晴れ渡った気持ちで、帰路につく。

Dsc06237

今週末は、仙台でことだまカウンセリングをしてきます。

| | コメント (4)

2009年7月21日 (火)

谷中いろいろ

暑くなりました。

暑いといえば、

「どうも、わたし、熱い人間らしい」と近所の親友Sに言ったら、

「いまさら?」と笑われた。

暑くなりました。

クーラーをつけても、一向に涼しくならないので、

おかしいな?と思ったら、

暖房でした。

2時間、気づきませんでした。

しばらく、遠出の出張がなかったので、

谷中に根っこを張っていた。

谷中の部屋で、お客さまをお迎えして、

空いた時間を見つけては散歩したりして、

時間がゆっくりと流れていた。

やっぱり、谷中がとても好きだ。

ずっと気になっていて、やっと行けて、

すっかり好きになったお店をいくつか。

Dsc06091

「お茶とごはんや」の大羽鰯の焼き魚定食。

付け合せのおかずまで、丁寧につくられていて、なごやかな味。

家族でやっているみたい。

あれ?ごはんがないな、と思ったら、

Dsc06092

ごはんだけ別にきた。

しっかりと、ごはんだ~と思う歯ごたえで、

たくさん食べてしまった。

Dsc06093

デザートのスイカと、お茶。

食事の中で、お茶とごはんって、大きな存在なのだなと

気づかせてもらいました。

Dsc06090

テーブルや店内に置かれた、愛らしいポップは、

娘さんの手書きらしい。

とてもあたたかい空気のお店だった。

こんどは誰かを連れて、夜にこよう。

Dsc06097

次は、美容室のウルワシ堂。

Dsc06041

1カ月半くらい前に、久々に髪を肩くらいに切った。

スッキリした。

でも、首に髪がかかって、もう暑い。

衝動でベリーショートにしてしまいそうで、こわい。

友だちEおすすめのウルワシ堂で切った。

はじめての美容室の行くのは、すごく久しぶりだったけど、

とてもいいお店だった。

空いている時間に、肩をとても丁寧にマッサージしてくれたり、

頭皮マッサージ+トリートメントをしてくれたりする。

マッサージのついでに髪を切ってもらったような錯覚。

髪には情報が詰まっているという。

古い情報を捨てたい時は、髪を切るといいという。

Dsc06188

花歩。

細い路地を入ったところに、ひっそりとある。

ずっと来たかったのだけど、

探しても見つからなかったり、

今は月~水までしかやっていなかったりで、

やっとこれた。

とても、いい空気が流れていて、

お店のおかあさんも、凛とした素敵な方。

Dsc06187

ていねいに淹れてくださったコーヒー、おいしかった。

ちょこっと、クッキーや、チョコレートや、お花を添えてくれたりして、

隅々までやさしかった。

Dsc06119

鷹匠の蕎麦。

入り口がわかりにくくて、汗だくになってたどりついた。

ここは

Dsc06116

ビールもおいしい。

1年前にも、ここに来たことがあった。

同じように、暑い日だった。

想い出は、書き換えていくものなのか、

書き換わらないものなのか、わからなくなる。

でも、蕎麦は変わらずおいしい。

Dsc06173

イタリア料理のお店・カノーヴァ。

ポテトサラダを、2人分に分けて、こんなに綺麗に盛り付けてくれた。

かなり感動。

Dsc06174

マコモダケ(だったよな)の焦がしバターソース半熟卵添え

びっくりするようなおいしさ。

Dsc06178

そら豆のパスタ。麺が手作りのうどんみたいで、おいしかった。

麺の名前忘れた…

麺の種類が10種類くらいあったのにはびっくりした。

Dsc06180

コチのアクアパッツァ。

旬の魚を、いろんな調理法で出してくれるのが素敵だなと思った。

・・・と、

谷中の町を堪能していた。

今日からまた、出張が始まる。

皆既日食のときは、福岡にいることになった。

今調べたら、福岡の日食率は9割近いらしい。

やった!

晴れるといいなあ、22日。

| | コメント (8)

2009年7月10日 (金)

ハマリモノ②フジ子ヘミング

私は、とても気に入ったCDがあると、しばらくずーっと聞き続けてしまう。

最近、毎日聴いているのが、

フジ子ヘミングの「ピアノ名曲集」。

飽きない!

電車の中、

自転車をこいでるとき、

カウンセリング前の談話の時のBGMにも使っている。

もともとクラシックはあまり聴かないし、

ピアノのCDを買ったのは、はじめてだった。

買おうと思ったのは、ベートーベンの「熱情」がほしかったからだった。

それは、友だちの家に行ったときに、

この曲を聴いて、涙がぽろぽろ出てきたからだった。

高校からの親友Yは、ピアノが天才的にうまい。

私がもっていない「絶対音感」なるものをもっていて、

音をはずすとすぐバレる。

Yとカラオケに行く時は、恥ずかしいという気持ちを捨てていく。

Yには、3人のこどもがいる。

結婚して、一度は手放したピアノが、

また彼女のもとに帰ってきた。

子育ての合間の少ない時間を見繕って、Yがピアノを弾く。

すぐに、チビたちが足に絡まりついてきた。

絡まってきたチビたちと一緒に、

Yは、穏やかな顔で、ピアノを引き続ける。

とてもやさしく、情熱に満ちた音色だった。

その時に弾いていたのが、「熱情」だった。

あの感動をもう一度!

そんな気持ちで「熱情」が入った外国の男性ピアニストのCDを買った。

ちょうど、そのCDを買おうと思った少し前に、

新聞を広げたら、

見開き一面で、フジ子ヘミングのCD特集をしていた。

私は、彼女の「魂のことば」という本を1冊持っていた。

彼女の言葉は、

愛に満ちていて、おごりやにごりがひとつもなくて、

まっすぐ心に響く。

ときどき本を広げて、

そのつど、響くことばを受け取ったりしている。

なんで、これまで彼女のピアノを聴きたいと思わなかったんだろう…。

そんな、なんとなくの偶然が重なって、

外国男性ピアニストの「熱情」と一緒に、

フジ子ヘミングの「ピアノ名曲集」を買ってみた。

「熱情」の入った彼のCDは、1回も通して聴けずに飽きたけど、

フジ子ヘミングの1枚は、

まだしばらく、飽きそうにない。

ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」という曲が、お気に入りになった。

Yにも1枚送った。

彼女も、やっぱりフジ子が好きだった。

フジ子ヘミングのピアノ名曲集→http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/1257481.html

ブログを書きながら思い出した。

先日、国際ピアノコンクールで優勝した

ピアニストの辻井伸行さんが、そのコンクールで「熱情」を弾いていたんだった。

Yが教えてくれた。

辻井さんの「熱情」を聴いてみたくなった。

| | コメント (2)

2009年7月 3日 (金)

しあわせ3点セット

Photo

休むこと

とてもシンプルなこと

たまに難しいこと

ときに勇気がいること

ほんとは一番がつくくらい

だいじなこと

勇気をもって

思いきり休むことを満喫してみる。

そこで、ものすごい重要な法則に気づいてしまった。

ここだけの話ですが

風呂

ビール

この3つに、それぞれある漢字一文字を頭につけると、

とても幸せな休日の過ごし方になります。

その一文字とはなんでしょうか。

チカ

チカ

チカ

チカ

カチ

カチ

チカ

チカ

正解は

昼♪

昼寝♪

昼風呂♪♪

昼ビール♪♪♪

夜にこの3つをやっても

幸せ感が普通なのに、

昼にやると、なぜこんなに幸せ度が上がるのか。

ああ、昼の不思議。

| | コメント (4)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »