« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

ハマリモノ①鈴木亜紀

200811261557000_2 

最近、鈴木亜紀をよく聴く。

http://suzukiaki.com/index.html

ピアノの弾き語りなんだけど、

歌詞も音も、すごくいい。

自由で、サラリとしていて、でもとても深い世界で、

今日はここにいたけど、明日はそこにはいなそうな刹那感というか、

とらわれていない感が、すごく好き。

電車に乗っている時とか、

歩いている時とか、

出張中の休憩時間とかによく聴く。

気持ちがとても開放されて、

小さいことがどうでもよくなったりする。

この前気づいたことがあった。

電車から窓の外を眺めていたとき、

景色が街中から河川敷に変わった。

広い川と、緑と、風を感じた時、

音と言葉が、すー、と入ってきた。

自然を感じる歌なんだと思った。

明日、30日に、外苑前のライブに行ってきます。

http://www.radio-zipangu.com/zimagine/

生の歌とピアノ、とてもいいです。

A御大と、Y田くんと、お酒のみながら聴いてきます。

たのしみだなあ♪

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

真澄田神社

Dsc06140 

名古屋に行ってきた。

今回は、8月のことだまカウンセリングのイベントの事前説明会。

宝石・時計・眼鏡のニイミさんのお店で、お客さま向けに行なわれる。

イベントの約1カ月前には、社員さん向けに説明をして、

社員さんの鑑定をさせていただくことになっている。

朝8時半から、いくつかの店舗の皆さんが集まってくれていた。

久々に皆さんが集まった場ということらしく、

説明の前に、新入社員さんの自己紹介というのがあった。

私も、会社員時代に、「新人発表」というのをやったので、

なんだかなつかしかった。

そのときは、

酔っ払いのおじさんの格好で出てきて、

バスガイドに変身して、

最後には見ている人に山手線ゲームをしてもらって、

つまづいた人にジョッキビールを飲んでいただく

という芸(?)をしたんだっけ。

つまづいた人は、当時の人事課長だったっけ。

ああ、なつかしい。

ニイミさんの新人さんたちのお話を聞きながら、

それぞれいろんな思いや経験を経て、ここにたどり着いたんだなあと

しみじみする。

カウンセリングの説明の前に、

ニイミ社長が、私のカウンセリングについてひとことくださる。

「未来をあてる、というものじゃなく、今の自分はこのままでいいのか、

ということについて確認して、必要なアドバイスをしてくれる内容です」

そんな風に理解してもらったうえでのコメントをいただくと、

とてもやる気が出てしまう。

前夜に寝付けず、睡眠不足だったけど、

うれしくて寝不足が吹っ飛ぶ。

2時頃に社員の皆さんの鑑定が終わる。

当日は、4日で100人の予定らしい。

ぞくぞくする。

でも、今回はどんな出会いがあるんだろう。

わくわくもする。

日が沈む前に帰れることは、珍しい。

名古屋に行ったら寄りたいところがあった。

真澄田神社という神社。

淡路島のイベントに行った時、

とてもスピリチュアルな社長のかまもとさんが、

とてもいい神社だと教えてくれた。

なんでも、京都御所(だったかな?)を基点に、

伊勢神宮をちょうど折り返したところに位置するらしい。

「すっごく気持ちがいい神社ですよ!」

大絶賛だった。

尾張一宮の駅を降りて、神社へ向かう。

こういうときは、ほとんど何の情報もなく行く。

観光案内所で、行きかたを教えていただく。

7分くらいで行けるらしい。

てくてく歩く。

そういえば、昼ごはんまだだった。

てくてく。

鳥そば。

たこ焼き。

すっぽんラーメン。

どれも微妙にストライクゾーンに入らないため、

神社に直行する。

商店街を抜けて、鳥居の前に出る。

Dsc06139_2

神社の上の、抜けるような空。

伊勢神宮や、岡山の吉備津彦神社と、空気が似ている気がした。

Dsc06141

竜神様や、弘法大師とも、縁があるらしい。

無病息災・長寿・墨をするのにもいいという

水が湧き出ていた。

冷たくて、おいしい。

墨用に、少しいただく。

弘法大師も、かつて、ここの水で墨をすったのだろうか。

Dsc06142_3

境内には、木々がたくさんあり、いろいろな神様が祀られている。

Dsc06143

歩いているだけで、頭の上のごちゃごちゃが、スッキリする感じだ。

また来よう。

真澄田神社→http://www.masumida.or.jp/index.php

あ、出張帰りといえば、これ♪

Dsc06145

真夏のような暑さだったから、

とてもおいしかった♪

もう、ビールが(とても)うまい季節なんだなあ。

| | コメント (0)

2009年6月20日 (土)

どんぶらこ

Photo

どんぶらこ どんぶらこ

川を流れてく

ときどき こぎながら

つかれて 岸で休みながら

新しい風をもとめて また流れてく

どんぶらこ どんぶらこ

川岸では 

つりをする人

洗濯をする人

死体を流す人

いろんな人がいるもんだ

いろんな朝があるもんだ

どんぶらこ どんぶらこ

おっと

先が二つに分かれてる

右のほうには

激しくて 先が見えないど わくわくする川が

左のほうには

穏やかで 先が見えるけど つまらなそうな川が

どうしよう

どんぶらこ

右だよな

どんぶらこ

わかってるんだけどな

どんぶらこ

こわいな

どんぶらこ

とりあえず 寝よう

どんぶらこ

目が覚めた 

どんぶらこ

そうそう 右だった

今生こそは 右だった

こわくなる前に 飛び込もう 

えいっ

ぶくぶくぶく

どどどんぶらこ

おお

違う流れは楽しいもんだ

わくわく わくわく するもんだ

どどどんぶらこ

あれ

滝に落ちた

ぶくぶくぶく

前が見れない

必死にこぐ

こぐこぐこぐ

こぐこぐこぐ

だれか助けて~

あ 丸太 

助かった

どんぶらこ

つかれた

どんぶらこ

また こぐこぐこぐ

あれ

速さが変わってない

なんだ こがなくていいのか

どんぶらこ

後ろを見ながら 流れるか

どんぶらこ

ああ そうだ 

川岸に人がいた

どんぶらこ

たのしそうだ

どんぶらこ

日ざしが気持ちいい

どんぶらこ

魚もいた

どんぶらこ

魚がいたんだ

どんぶらこ

また1日のはじまりだ

どんぶらこ

前を向いて流れてく 

どんぶらこ

また滝壺にはまるかもしれないけれど

どんぶらこ

なんとか なるさ

どんぶらこ

流れてくって いいもんだ

| | コメント (2)

2009年6月15日 (月)

谷中のお花屋さん

よみせ通りのお花屋さんに、

ニコニコ笑って腕を組んできてくれる、大好きなおじちゃんがいる。

静男さんという。

たぶん、地元の人は、みんな静男さんが好きだと思う。

子どものような、はにかんだ笑顔が、とても素敵で印象的。

静男さんとは少し対照的に、一見コワそうな奥様も素敵。

いつも、静男さんのおしりを叩いている感じがする。

静男さんは、そんなかーちゃんに「ピシ」と言われるのをニコニコして受け取っている。

でも、10回に1回くらい、静男さんが「ピシ」と言うこともある。

以前、小さな「なぎの木」を予約購入させてもらった時のこと。

受け取るのが一番最後になってしまった。

かーちゃんが、3つくらい残った鉢植えの中から、何気なくひとつとって、「はい」と渡してくれた。

静男さんは、それを見て、「だめだよ。それ、弱ってるよ。それはうちのでいいよ。」と、かーちゃんを制し、3つの鉢植えをよく、よく、見て、

「はい!」と、一番元気そうなのを、いつものニコニコ顔で、私にくれた。

そういうときは、かーちゃんは、何も言わず、少し誇らしげに静男さんを見る。

そんな、素敵なおしどり夫婦だ。

お花を買うときや、パンを買うときは、

いつもの3倍くらい優柔不断になる私。

よく、かーちゃんをイラッとさせてしまう。

かーちゃん「きまった?」

私「まだ」

5分後

私「決まった!」

かーちゃん「はっはっは。やっとだね!」

よく、人にプレゼントする花束とか、開店祝いのお花とかも、

作っていただく。

卸価格くらいの破格で、ものすごーく大きいのを作ってくれる。

お店の名前は、「フラワーショップ小竹」という。

今日は、カウンセリングルームに飾る花を見繕いに行った。

昨日、今日の好天気のせいか、開いてしまっているお花が多い。

「今日は、もうだめだよ~。みんな開いちゃったよ。明日の夕方、新しい花が入るから、また明日おいで」

と、静男さん。

こういうことを商売気なく教えてくれる。

「あ、奥にも他の花があるよ。おいで」

と、奥の冷蔵ガラスケースを見せてくれる。

「あ、シャクヤクほしかったの。でも開いてるねえ。3日くらいはもつかな?」と、わたし。

「3日はもつな。いいよ、みんなもっていきな」と、20本くらいあるシャクヤクを、むんずとつかんで、差し出す静男さん。

「えー!こんなに!いいよ~!」と、手を横に振ると、

「じゃあ、半分もっていきな」と、にっこり笑って半分くれた。

「あ、バラももうおしまいだな。もっていきな。」と、両手に抱えきれないくらいのバラも渡してくれた。

両手いっぱいのバラとシャクヤクを抱え、興奮するわたし。

「ひゃー!私、なんかすごーく愛されてる人みたい!」

「そうだよー!愛されてるよー!」と静男さん。

ほんとうにいただいてしまった。

両手いっぱいのお花を抱えて、谷中の町をほくほく歩いて帰る。

200906141645000

これでも、ご近所さんとお客さんにお分けした後の量!

カウンセリングルームは、甘い蜜の香りに包まれて、

すごく、すごーく、幸せ気分♪

200906141649000

花びらがしっとりやわらかくて、

ぶわーっと大きく花開く、シャクヤク。大好き。

濃くて力強い香り。

200906141648000

お花の女王さま。バラって、どうしてこんなにいい香りなんだろ。

17日くらいまでにお越しの方には、この幸せ感をおすそ分けできると思います!

たのしみにきてくださーい。

| | コメント (4)

2009年6月14日 (日)

のみ・のみ・のみ・・・

久々に、よく飲んだ。

淡路島からとっくに帰ってきていたというのに、

翌日から約1週間、

なぜか、飲みが続いた。

パソコンに向かう時間もなく。

しかも、付き合い、とかじゃなくて、

好きな人とばかりの飲みが続いたので、

相当機嫌よく飲んでしまった。

機嫌が悪いのは、胃だけ。

ごめんよ、酷使してしまって…泣

だって、楽しかったんだもん。

月曜日は、小池夫妻が谷中にきてくれて、

久々にゆっくり話ができた。

TSUKUBA草の根はりきゅう治療院http://tsukuba-kusanone.com/

をつくばに開業して、1周年。

おめでとう~!!!

エイジさんも、ようたんも、しっかりとつくばに根を下ろして、

地元の方とつながりながら、順調に仕事と人の輪を広げていた。

二人とも、親身で気さくで、人想いだから、

いい人に囲まれるんだと思う。

またエイジさんに鍼うってもらいにいこ~

胃と肝臓のツボに・・・

夜は、小池夫妻と、親友Eのおいしい料理でビールをあおる。

Dsc06100

親友Eは、あさりの酒蒸し、水菜のサラダ、イカのさしみ&ワタの煮付けなどのつまみをさらりと作ってくれたうえに、

Dsc06107

メインはドライカレー!

天才的においしかった。

天才的といえば、

Dsc06125_2

ようたん(小池妻)がおみやげにもって来てくれた手作りの

梅酒もちもちケーキも、

天才的にやさしく、おいしかった。

ようたんの、食のブログ→http://withgreen.air-nifty.com/good/

私のまわりには、

やさしい料理をさらりと出せる女性が

どうしてこうも多いのか。

・・・私も仲間に入りたい。

Dsc06110

火曜日は、仕事を終えて、鈴木亜紀ライブに。

鈴木亜紀という人は、とても素敵です。

とても好きなので、今度改めてブログに書きます。

ライブなのに、

最前列の席で、

Dsc06111_2

親友Kと、A御大とワインをあおる。

親友Kと、開始時間ギリギリに会場に行ったら、

私に鈴木亜紀の存在を教えてくれたA御大が、

席を二つ、最前列に取っておいてくれた。

A御大に、うっすら後光が指して見えた。

持つべきものは、元上司!

ライブはとても良くて、とても興奮した。

おかげさまで、3人で、ワインを2本もあけてしまった。

調子に乗り、

Dsc06112

A御大とはしごしてギネスを飲む。

Dsc06114

あー、たのしかったなー。

A御大と、渋谷のスクランブル交差点で熱く握手と抱擁を交わして別れ、

帰路に着くが、終電が池袋までしかなかった。

池袋から谷中にタクシーで帰り、

すずらん通りのバーフラワーで、

なぜか飲みなおす。

まあ、楽しかったんだろう、私。

水曜日は、しばらく縦になれずに、夕方まで横になる。

オフだと思って油断した。

昼ビールで、向かい酒をする。

Dsc06118

木曜日は、池袋の立ち飲みくららへ。

あれ・・・なぜか、もう写真がアップできない。

くららの美人姉妹を写真におさめたのになあ。

キャロルさんとかごちゃんと焼酎を飲みなおす。

金曜日は、高校時代の親友Yのお宅に出張カウンセリングに行き、

M様の天ぷらをつまみに、CAVA(スパークリングワイン)を開ける。

ああ、毎日がこんな風に過ぎていったらいいのになあ。

夢のような1週間だった。

注)こんな私ですが、仕事前には、しっかりお酒が抜けるように大人な調整をしてますので、ご安心ください(^_-)

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

今を砕いていきたいものだ

Photo_2

少し前、出張から帰ってくたくたになって、

親友Eのところに、ごろん、と転がり込んだ。

ビールを酌み交わし、

野菜の気持ちを聞きながら、ていねいに作られたアテをつまんでいると、

最後にこんなものが出てきた。

Photo_3

あ、見にくいんですけど、

オムライスにケチャップで「おかえり」って書いてあるんです。

おかえりって、いってくれる人がいるということは、

こんなにも力を与えてくれるものなのか。

じーん…。

私も、いつか、こんなにあったかいものを

そっと出してあげられるようになれるだろうか。

もくもくといただく。

Eとは、話が尽きない。

あまりにも自分が変化していくと、

その言葉に責任をもてる気がしなくて、

とどまる言葉を発するのが恐くなる。

だから、完璧になる前に、どんどん出してしまおうとしてみた。

以前「否」と思っていたことの中に、「肯」の部分を見出している。

それにしても、こんなに変わっていって、いいものなのか。

そんな話をすると、

「えりちゃん、前からそうだったよ♪」

Eはにっこりと笑う。

「今日出した答えに向き合って、

明日には、昨日のものを壊して、もっといいものを出してくる。

それが、いいところだって、一緒に仕事してたK本さんが言ってたよ」

え!K本さん、あんなに振り回して迷惑かけてしまったのに…。

人の視点というものは、とてもありがたいものだ。

そんなことをしばらく反芻して、

反芻してたのを忘れていたころ、

一緒に仕事をしているHマネージャーが

世間話のついでに、こんなことを言っていた。

「固める前に、とことん砕ききったほうがいいですよ。

固めてからじゃ、修正するの大変ですから。」

なるほど。

妙に納得。

50歳を越える頃までには、固まってくるだろうか。

そんなわけで、今日も明日も、砕いていこうと思う。

砕き続けていくパワーをもてるだろうか。

まあ、飽き症だから、きっと砕かずにいることはできないんだろうと思う。

水のように、雲のように、今を砕いていきたいものだ。

今週末は、ことだまカウンセリングの出張で淡路島に行ってきます。

初めての淡路島。

わくわく♪

| | コメント (6)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »