« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月28日 (木)

ネパール料理・ミルミレ

Dsc06013

大学時代からの親友Kが、谷中に遊びに来るという。

彼女もまた、谷中の魅力にノックアウトされている人間の一人だ。

ちょうど、谷中のおいしい店を発掘したいともくろんでいた矢先だったので、

谷中を特集した雑誌をパラパラとめくり、

Kが好きそうな店をピックアップする。

電車で谷中に向かう彼女に、メールをしてみる。

「イタリアンとネパール料理、どっち気分?」

「ネパール料理でお願いします。それにしても、寒いね~」とK。

「早くおいでよ。谷中はあったかいよ~」

そんなわけで、先週、ずっと行きたかったネパール料理の店・ミルミレにいってきた。

日本語の話せるネパールの女主人が迎えてくれる。

4人がけのテーブルが、奥と手前に2つ、

真ん中に長いカウンター、その向かいに、2人がけのテーブルが3つ。

こじんまりとしていて、山小屋のような、あったかい雰囲気。

なんだか、ここだけ日本じゃないみたい。

Dsc06015

ネパールICEビール。

Dsc06010

モモ。

やばい。

うっかり、おいしい。

ネパールより、ぜんぜんおいしい。

Dsc06012

あ、手をつけたあとの写真ですみません。

ネパール焼きそば。

チョウミンという。

焼きそばなんだけど、ケチャップで味付けしている。

ナポリタンを、焼きそばで作るとこうなるのだと思う。

ネパールで、カレーに飽きるとよく食べた。

でも、ぜんぜんネパールで食べた時よりおいしい。

なぜ!

女主人に聞いてみた。

「ケチャップじゃないの。トマトソース、手作りなの」

どうりで、しっとりとして味わい深いはずだ。

「ネパールで旅行者に出すチョウミンは、すぐに作るから、ケチャップとか、味の素とか使うの。でも、家庭料理は、みんなこういう手作りなのよ」

なるほど~

あ、これって、出荷する野菜には農薬を使うけど、家用のものは無農薬で野菜を作るのと似ている。

そうそう、「女主人」なんて失礼な呼び方になってしまったのは、

名前を教えていただいたのに、うっかり忘れてしまったためで、ごめんなさい。

名前を覚えるのがとても苦手なもんで。

またすぐ行って、教えてもらおう。

Dsc06016_2

特製チキンカレーと、サフランライスと、ゴマたっぷりのナン。

すごく、すごくおいしい。

チキンがほろりとやわらかくて、やさしい。

野菜と辛くないスパイスをたっぷりいれて、

コトコトコトコト何日も煮込んだ深い味がする。

こうゆう料理、大好き。

Kも、好きらしい。

さっきから顔が恍惚状態だ。

おいしいものを食べながら、

Kは、残業で会議して遅くなったことを、何度も「あー、やってらんない」とぼやいていた。

帰ろうと思ったら、「これから会議です」と会議室に呼ばれ、経費削減をテーマに話し合いが始まったらしい。

その時、思わずもれた、Kの一言…

「また金の話かよ」

となりにいた部長が、苦笑いしたらしい。

「あれは、私が言ったんじゃないよ、なんか、見えないモノに言わされたんだよ」と、霊能者のようなことを言う。

でもまあ、部長が笑ってくれるくらいなんだから、いい職場じゃないか。

女主人と、いろいろ話をする。

日本に来て驚いたことのひとつは、テレビで料理番組をいっぱいやっていることで、

言葉がわからない頃から、テレビで料理を覚えて、料理を覚えたのだとか。

今は、いろんな国の料理が作れるらしい。

トータルに日本の料理をマスターしてるわけですね。

おいしいはずだ。納得。

女主人に見送ってもらって、店を出る。

「ミルミレ」というのは、「夜明け」という意味なんだって。

なんだか素敵。

部屋に戻ると、11時を回っていた。

いけないいけない!あと1時間だよ。

風呂の用意をして、銭湯に行く。

世界湯がしまっていたので、初音湯にいく。

初・初音湯。

真ん中にお風呂があって、お風呂を囲むように、洗い場がある。

体を洗って、お風呂に浸かる。

熱い。

水温計を見ると、「43」を指している。

「こりゃ修行だね。」Kが言う。

「お湯が熱いですね」お風呂に入っているとなりのおばさんに言うと、

「水で薄めていいんですよ」と返ってくる。

修行に耐えられなくなり、水をガーっと足していると、

しばらくして、体を洗っている後ろのおばさんが迷惑そうな顔をして言う。

「水入れないでくれる?薬が薄まっちゃうのよ」

「あ、すみません。」急いで蛇口をひねる。「何の薬なんですか?」

「あそこに書いてあるでしょ、硫黄の湯なのよ」

は~!どうりで、肌がつるつるするわけだ~。

つるんつるんになって、Kと部屋に戻る。

ポカリスエット500mlを、二人で分けて飲み干す。

お風呂後・運動後・高熱時のポカリは、なぜこんなにうまいのか。

なぜ、普段は、こんなにグビグビ飲めない飲み物なのか。

とりとめのない話をする。

「告白することと、口説くことは、同じか、違うのか」

「学生の頃に戻りたいか。いや、戻りたくない。今が一番いい」

「体育会系の無茶苦茶な理屈を、会社の人材育成に持ち込むのは、どうなのか。

そういえば、私が最初に就職した会社でいじめられたときは、半分死んだような顔をしていた」

などなど。

ほんとにとりとめがない。

「そういえば、この前みてもらったことで、10年抱えてたものが、スッキリ飛んでいったよ。ありがとね」と、K。

「そう。よかった。」

涼しい顔をして言ったけど、ほんとは、すごくうれしかった。

スッキリが長持ちします。

新しい宣伝文句にしようかと思う。

あ、でも、みんなそうとは限らないか。

彼女がそうでよかった。

肩もみっこをして3時に眠り、6時半に起きる。

たまには、朝ごはんでも出してやるか、と、前日、パンとサラダを買っておいた。

「パン買っといたけど、食べる?」

きちんと自分の中に確認をしてから、彼女が言う。「いや、お茶でいい」

「そう」

ローズヒップブレンドを入れる。

朝の谷中の風は、とても気持ちがいい。

7時半に、彼女は仕事に出かけ、私はぬくもりの残ったふとんに、もぐりこむ。

まだ、初音湯の硫黄のにおいが、あまく残っていた。

| | コメント (4)

2009年5月21日 (木)

底から湧きあがるような

Photo

「危機感を感じている野性の花は、輝きが違う」

銅版画家の叔父が、そんなことを言っていました。

コンクリートとコンクリートのわずかな隙間に咲いているような花には、なぜか惹かれます。

私は「なんとなく惹かれる」程度だったんですが、

そういった花をモチーフにする叔父の目で見ると、なんと、実際に、色もオーラも違うのだそうです。

ギリギリの水しかやらないで育ったトマトや、無肥料で育ったレタスがおいしいのと、きっと同じなんですね。

(夕方から水分を摂取しないでがんばった後の仕事明けのビールも同じか?

いや…、ぜんぜん違った。)

人も同じなんだと思います。

ことだまカウンセリングでたくさんの方にお会いしてると、

会った瞬間から、「うわ~!素敵に輝いてるな~」と感じる方がいます。

そういう方のお話をうかがうと、ほぼ例外なく、過去に大きな苦労を経験されています。

何人ものご家族を介護されていたり、

大きな病気をされていたり、

事業に失敗していたり…。

そして、その経験があったからこそ、

心から家族に感謝できるようになった、

自分にとって、何が大切なものかがわかった、

自分がどれだけおごっていたかがわかった、

だから、今ではその苦労に感謝している、とおっしゃいます。

この「苦労に感謝できる」というのは、人が磨ける能力のひとつであり、人が大きく成長した結果のひとつなのだと思います。

ひとつ感謝できると、二つめ、三つめがどんどん簡単になります。

大きな苦労に感謝できると、小さなものはへっちゃらになります。

すべての苦労をすぐに喜びに変えるのは、やっぱり難しいけど、

苦労を少しずつ喜びに転換できて、

苦労が苦労でなくなっていく過程は、実は、かなり楽しいということがわかりました。

でも、結果は、きっと、自分のオーラのようなものに出てくるものであって、

自分ではわからないものなのかもしれないな、と思います。

↓線路のレールの間で

Dsc05754

↓輝いてました!

Dsc05755

| | コメント (4)

2009年5月19日 (火)

秩父に行ってきました

Photo

ことだまカウンセリングのお仕事で、秩父に行ってきました。

今回は、メガネとジュエリーのノオミ本店さんのお客さま60人の方のお話をうかがって、書を贈らせていただきました。

人生の大先輩のお話を聞くのは、本当に勉強になります。

苦労も不安もたくさんあって、

でも、生き続けることで、それを乗り越えられるのだということを

教えていただいている気がします。

乗り越えるということは、

力づくで頑張ることのような印象がありますが、

実は、

素直な気持ちをそのまま伝えることだったり、

完璧でない自分を許すことだったり、

ありがとうの気持ちを伝えることだったり、

自分の思い通りにならない相手を受け入れることだったり、

すごくシンプルなことにあるようです。

力を抜いていいんですね。

力を抜いたほうができることって、けっこう多い気がしています。

この仕事を通して、

少しずつ、自分の中にあった思いが、確信に変わってきています。

生きた智慧をたくさん吸収して、噛み砕いて、

これから生きていくみんなに繋いでいけたらいいなと思います。

そのために、私自身が、

悩んだり、迷ったり、泣いたりしながらも、

「ま、いっか!」と開き直りながら、

しっかりと今を生きていきたいです。

秩父の皆さま、どうもありがとうございました!

***

写真は、秩父駅近くの羊山公園の、芝桜です。

桜が散り始めるころから、この芝桜が天に向かって

うわーーーっと咲き誇ります。

Photo_2

圧巻です。

しゃがんで見つめると、

Photo_3

とってもけな気な花なんです。

Photo_4

また秩父に来たいなあ。

次に来た時も、ぜったい来ようと思ったお店が、

甲子(きのえね)という素敵な大将がいる飲み屋さんです。

地元の粋な人が集まっていて、

カウンターに座った瞬間から、いろんな方が話しかけてくれたり、

卵焼きを分けてくれたり、

お店の人と常連さんで行った旅行のアルバムを見せてくれたり、

となりの方と仕事や生きがいについて語り合ったり…。

たくさんのあたたかい声を背に、暖簾をくぐって表に出たときには、

胸がじーんと熱くなりました。

こういう、あったかい空間をつくっていきたいな。

大将、またふらりと飲みにいきまーす!

| | コメント (2)

2009年5月15日 (金)

Photo_3

我儘(わがまま)

我流

我武者羅(がむしゃら)

「我」という字がつく言葉が、どこかマイナスの印象を帯びているのは、

日本特有のことなんだろうか。

まず「我」を大事にしていい気がする。

人のことを大切にするのは、

その後でいい気がしている。

| | コメント (4)

2009年5月14日 (木)

池袋の立ち飲み屋・くらら

Photo

親友のキャロルさんが手がけていた立ち飲み屋さんが、

ついに池袋にオープンしました。

名前は、「くらら」。

立ち飲み屋らしい名前を、ということで、

アルプスの少女ハイジの「立った!立った!クララが立った!」

から名前をつけたのだそう。

そこからさらに深い意味はない、という、思いつき感が素敵。笑

カウンターがU字型になったアットホームなお店で、

他のお客さんとも自然と会話が弾むような作りになっていました。

生のジョッキが400円とか、

枝豆が100円とか、

キャロルさんお手製のポテトサラダが300円とか、

たくさん飲んで食べても、お財布が痛くならないのも

立ち飲み屋ならではのうれしさです。

そして、

終始笑顔で、元気で、

とても繊細な心配りをしてくれるキャロルさんのパワーは、さすがでした。

休みもなく相当疲れているはずなのに…。

Photo_2

楽しんで働いているキャロルさんを見れて、うれしかったです。

またふらりと立ち寄ろうっと。

************************

昼はカフェ 夜は立呑み くらら

住所:池袋3-59-9-102
  
電話:03-6915-2050

オープン:10時から23時まで

池袋西口を出て丸井を右にまがり池袋2丁目の交差点を通過し、

ファミリーマートを左にまがってコインパーキングの向いです。

************************

「寄」という字は、「立ち寄る」というほかに、

「集まる」とか、「たよる」とか、「人にまかせる、おくる」

という意味もあるんですね。

ふらりと立ち寄ったり、集まったり、頼りあったり、贈りあったり、

これから、くららで、たくさんの人が触れ合っていくんだろうな。

| | コメント (2)

2009年5月10日 (日)

木村茂・銅版画展

Dsc05890

木村茂 銅版画展を見てきました。

木村茂は、私の叔父で、私がとても尊敬している人のひとりです。

今回は、石を題材にした個展です。

Dsc05889

石にもいろんな表情があります。

Dsc05895

仲むつまじかったり

Dsc05964

悲しみを帯びていたり

Dsc05963

仏さまのようだったり

Dsc05907

Dsc05908 

花と、同じ場所にいた石を組み合わせた銅版画集「石と花と」も

額装されて紹介されていました。

額装は、額縁屋の父が担当しています。

Dsc05976

モデルになった美人さんの石も、会場にきていました。

作品をじーっと見ていると、その中にいろんなものを感じます。

実際に、いろんなものが見えてきます。

Dsc05956

写実に徹すると、抽象的なものが生まれるそうです。

でも、

見たものを書くんじゃなくて、

感じたものを書くのだそうです。

白と黒の世界ですが、

白の世界も、黒の世界も、

とても繊細な段階をもっています。

Dsc05968

5月8日~16日(土)まで開催しています(10日の日曜は休み)。

場所は、日本橋の三越前から3分の画廊

ギャラリー砂翁&ギャラリートモスです。

http://www.jpin.co.jp/saoh/index.htm

時間は、11:00~19:00(最終日17:00)

お時間のある方は、ぜひ足をお運びください。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

浅田聖子先生の書「海」

Dsc05868

光荘会書道展に出品された、浅田聖子先生の作品です。

「海」

二次元の中で表現されているとは思えない

聖子先生の「海」の世界を、どうぞご堪能ください。

| | コメント (0)

一羽の蝶

Dsc05870_2

5月1日から3日まで東京美術倶楽部で行なわれた、光荘会書道展に出品した作品です。

題材は菱山修三の詩。

浅田聖子先生がこの題材をくださったのですが、

とても素敵な詩なので、ご紹介します。

↓↓↓

古い都の一羽の蝶は 一息に天へ舞い上がる

高く 尚高く 

日を蔽いながら

日を呑みながら

斜めにかかぐ七堂伽藍を

さかしまに下へ下へと見捨てながら

このとき空の瑠璃は八方に流れを吐息のように

青銅の釣鐘はいっせいにわななく

* * * * *

情景が、鮮やかに浮かんできますよね!

この蝶の華麗な姿と、

蝶が天に向かうにつれて小さくなっていくお寺の情景を思い浮かべながら

潔く筆を運ぼうと心がけたのですが、

まだまだ気持ちに技術がついてこないのが現状です。

くやしいので、

今日も稽古してから寝ることにします。

| | コメント (2)

2009年5月 5日 (火)

Photo

久しぶりに踊りに行ってきた。

いや~、気持ちよかった~!

体で音を受け止めて、

音に合わせて流れるように体が動いていく感覚が、すごく好きだ。

思いきり踊っているときは、自然と心も開かれる。

その場に居合わせた人と、一瞬で仲良くなったりするのも楽しい。

そういえば、私は昔、踊れない子だった。

人からどう見られているかが気になって気になって、

身動きがとれなかった。

踊ることが好きになったのは、ニュージーランドで、キャンプファイヤーをやった時。

大晦日から元旦にかけて、

いろんな国の人と焚き火を囲んで、朝まで踊り明かした。

みんなが楽しそうに踊っていて、

人の踊りを笑ったりしている。

踊りながら、笑いをとったりしている。

楽しそうだなあ。

私も、見ているだけじゃなくて、輪に入りたいと思った。

そこで、

勇気を振り絞って、知っている踊りを踊った。

国籍の違う仲間たちは、それを見て、

腹を抱えて笑ってくれた。

「それは何の踊りだ?」と聞いてきたので、

私は、グーにした両手を夜空に突き上げて言った。

「これがジャパニーズ・盆踊りだ♪」

動きが10倍くらいの速さだったけど。

今思えば、あれは基礎ができていない阿波踊りに近かったかもしれない。

それをみんなが真似して、めちゃくちゃな盆踊り大会になった。

この時私は、踊ることに快感を覚えてしまった…。

| | コメント (4)

2009年5月 3日 (日)

Photo

大学時代のゼミ仲間が遊びにきてくれて、

夏ぶりにカウンセリングルームのベランダで宴をした。

あったかい季節って、幸せが多いなあ。

「宴」という字の成り立ちは、「家の中に落ち着いてくつろぐこと」なのだそう。

気心の知れた仲間と、部屋でゆるゆる、だらだら、

飲んだり、食べたり、おしゃべりしたり…

それが宴の王道ってわけだ。

宴の前に、谷中を散策♪

Dsc05839

日暮里駅北口前の本行寺のとなりにあるジェラート屋さんで、

ワッフルパフェをゲット♪

マンゴーワッフルに、ジェラートと生クリームがのって、300円!

ここのジェラートのミルク味、めちゃうまです。

Dsc05857

谷中霊園の中にある小さい公園で、ひと休み。

ぶらんこって、夢中になっちゃうんだよなあ。

Dsc05845

こいのぼり!

もうすぐ端午の節句だもんね。

Dsc05863

雑貨屋さんCHETEのラムセス。

少し前まで子どものようにはしゃいでたのに、

ずいぶん貫禄がでてきた。

Dsc05864_2

こんな感じで♪

風が気持ちのいい、絶好の昼ビール日和だった。

みんなの近況を語りつつ、

思い出話をしつつ、

まったりしてきたときに、電撃発表が!

Dsc05866

同じゼミ仲間の、そのちゃんとミッシーが結婚することに~!

いや~、びっくりした!

で、ほんとにうれしかった。

二人とも最高にいい。

二人が一緒になったら、もっといい!

なんだか、幸せな気持ちを分けてもらった。

そのちゃん、ミッシー、ほんとうにおめでとう!

| | コメント (2)

2009年5月 2日 (土)

Photo

柳も、桜も、イチョウの木も、みんな芽吹いた。

春は気温の上昇によって、気持ちが不安定になる季節。

そんな時に、イライラを沈める緑の葉っぱで町が覆われるなんて、

自然って、ほんとに素晴らしいと思う。

「芽」には、きざしとか、始まりの意味もある。

この季節に、何か始めたいって気持ちが芽生えるのは、

たぶん自然の流れなんだと思う。

始める前には終わりがあるもので、

春になると、なんだかごちゃごちゃしたものをいろいろ捨てたい衝動にかられる。

そんなわけで、捨てる力ゼロの私も、いろいろ捨てた。

捨ててから、捨ててはいけないものだったことに気づいたものがある。

ペーパーカスケードという鉢植えの花。

部屋に白くて小さな花を飾りたい、そんな気まぐれで、3月のはじめに買った花だった。

花びらが紙みたいで、風に吹かれると、カサカサと音を立てた。

まめに水やりもできない私は、危うく枯らしてしまいそうになったり、

雨風の強い日に外に出して、200以上付いている花が全部下を向いてしまったこともあった。

それでもいつも蘇生して、あたたかくなるとニョキニョキと新しい葉っぱが伸びてきたりした。

部屋の大片付けをしていたとき、

ふとこの花に目がいった。

よく見たら、花は咲いているのに、花の付け根と、草の付け根が枯れている。

全体的に枯れているのに気づいていなかった。

そして、花が枯れないことが、なんだか怖くなった。

いつまでも枯れた植物を部屋においておくのはよくないかも…。

そう思った私は、思い切ってその花を抜いて捨てることにした。

新聞紙を広げて、草の部分をを束にして持つ。

引っこ抜こうとするけど、一向に抜けない。

えいっ!

ミシミシミシ・・・

残酷な音がした。

草は抜けて、土が部屋中に飛び散った。

そして、何かが吹っ切れたような気がした。

鉢植えに残った根を取り出すと、

根は鉢の下3分の1くらいを覆いつくすほどに密集している。

こんなに根っこがあるから、花は水分がなくても咲いていたのか…。

とても申し訳ない気持ちになった。

母と晩ごはんを食べながら、そのお花を捨てた話をすると、母が言った。

「あら!外に出しておいておいてあげれば、来年また花が咲いたかもしれないのに」

なんとなく感じていた予感が的中してしまった。

私は、鉢植えの花の育て方がまるでわかっていなかったのだ。

花にお世話になっているのに、

花のお世話の仕方を知らない。

とても、申し訳ないことをしてしまった。

その花のことを思い出して、何回か泣いた。

生きものを育てる力が欠けているんだなあ…。

花に気づかせてもらった。

鉢をきれいにして、土を足し、種を蒔いた。

蒔いたのは、これ。

Dsc05810

12月のもりちゃんを囲む会で、みんなが持ち帰ったクローバーの種。

桜が咲く頃に、みんなで種を蒔こうって話していた。

こんなに小さい種から、ほんとうに芽が出るんだろうか。

寒い日が続いて、しばらく芽が出なかった。

そして、昨日!

とうとう、出た!

Dsc05820

小さい小さい双葉が、いっぱい出た。

うれしかった。

四葉になるかな。

いや、みんな三つ葉でもいいから、大きくなってほしいな。

庭には、すでに先輩クローバーがいた。

Dsc05821

こんなところにクローバーがいたことに、気づかなかったなあ。

新しい芽をたくさん育てたい気持ちです。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

名古屋の小牧と「花」

Photo

花は前から好きだったんですが、

最近は、花にお世話になるようになりました。

愛媛のカウンセリングの時、

カウンセリングの合間にお散歩をしていたら、

道端に咲いている花が、

ものすごーく輝いて見えて、

しばしじーっと見つめていたら、

疲れがふっと飛んだんです。

うわ!

花のエネルギーってすごい!

と実感しました。

いつも、ずいぶん鈍感だったんだなあと思いました。

名古屋の小牧のサトーさんでことだまカウンセリングをさせていただいたときは、

この子がヒットでした!

Dsc05709

道の、コンクリートの隙間に、

けなげにも凛と咲き誇っていました。

そして、このころは4月上旬だったので、

Dsc05715

桜も満開でした♪

桜って、見てるだけで、目尻がきゅーっと下がります。

1日目のカウンセリングが終わった後、

サトーさんの伊藤さんが

名古屋名物を食べに連れて行ってくださいました。

Dsc05695

味噌カツ♪

この味噌ソースをたっぷりかけて食べるのが最高においしかった~

Dsc05691

どて煮♪甘辛い赤味噌でじっくり煮込んでるから、モツのくさみを感じない。

名古屋の味噌って、万能。

Dsc05686

そばを揚げたおつまみ。これは名古屋名物ではないけど、伊藤さんの一押し。

「こうやって、箸で割って食べるんです♪」と、バリバリ気持ちのいい音をたてて割ってくれた。

Dsc05697

締めは、味噌煮込みうどん。

「本当の味噌煮込みうどんは、この食感なんです」と伊藤さん。

食べてみると、ものすごく歯ごたえがあって、もっちもち!

ご当地のおいしいものを知っているのは、

やっぱり地元の方ですね♪

おいしいものをいただきながら、

すっかり気分も良くなって世間話をしていたら、

伊藤さんが、翌日朝の仕事前に、小牧のシンボル・小牧山に

ごみ拾いにいくという話を聞き、

「私もいく~!」ということになり…

Dscf1628

行ってきました!

小牧山は、83メートルくらいの山で、桜の名所でもあります。

Dsc05698

こんな感じで、頂上には、お城が建っているんです。

頂上の桜は、

Dsc05707

満開でした!

ゴミはほとんど落ちてなくて、

みんなマナーがいいんだな~、なんて感心して話してたら、

どうも、私たちの前に、すでにごみ拾いがされていたようでした。

Dscf1634

一緒にごみ拾いをさせていただいた、APITAさんのスタッフの皆さま。

突然なのに、混ぜてくださって、ありがとうございました!

愛着のある場所をきれいにするって、気持ちがいいですね。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »