« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

愛媛の道後温泉

ことだまカウンセリングの仕事で、愛媛県の松山市に行ってきました。

松山といえば!

Dsc05588

道後温泉です。

とかいいながら、

今回はじめてこんな魅惑的な温泉が松山にあることを知ったんですが。

なにせ、初めての四国♪

Dsc05594

「千と千尋の神隠し」のモデルや、

夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台になったところなんですねえ…。

Dsc05590

日本最古の温泉だそうです。

Dsc05595

残念ながら、中は撮影禁止でしたが、

歴史を感じる、素晴らしい木造づくり。

歩くたびに、ミシ、ミシ、という、木のきしむ音がして、

どこかほっとしました。

Dsc05608

温泉の温度は少し高めで、一気に芯まであっためてくれます。

ぽってり、とろ~りとした、い~いお湯でした。

お湯に浸かって、浴衣で休みながら、

Dsc05630

松山名物・坊ちゃん団子をいただいたりして!

幸せなひとときでした~

Dsc05584

松山市内をぐるりと回る路面電車。

住宅街をトコトコ走る姿は、なかなかかわいいです。

路面電車がある風景って、

落ち着くんだよなあ。

Dsc05605

名物・じゃこ天(右)と、魚のキスを棒に巻いて焼いたもの。

松山は、海産物も豊富なんですね。

ビールを飲みたいところを…

お寺にお参りする前だったので、

ぐぐぐっとこらえました。泣

向かうは、四国八十八のお寺のひとつ、石手寺。

Dsc05613

天を仰ぐ椿。

Dsc05615

おひさまをたっぷり浴びたレモン。

Dsc05616

猫だ。

Dsc05617

近っ!

じゃこ天の香りが残っていたか。

Dsc05620

この看板の書、かっこいいなあ。

Dsc05622

石手寺に到着。

ひっそりとした、いいお寺でした。

本堂の裏に、真っ暗な洞窟がありました。

暗い道をしばらく歩いた先には、空海像が鎮座していました。

空海が修行したところだそうです。

真っ暗な中で、

ある人は亡霊を感じ、

ある人は恐怖を感じ、

ある人は清らかさを感じ、

ある人は無を感じ、

ある人は…

Dsc05632

生ビール!

その名も道後ビールです。

愛媛らしく、とてもフルーティーな味わいでした。

Dsc05634

「元祖鯛めし」なるものがありまして。

アツアツごはんに生卵をかけて、

その上に醤油漬けの鯛をのせて、

みかんの皮・ごま・ねぎ・海苔の薬味をかけて、

醤油ダレをかけて、

Dsc05637

こんな風にいただくのであります。

うまかった…。

翌日はお仕事をして、飛行機に。

Dsc05643

飛行機にのると、毎回「死」を覚悟するのは、

私だけでしょうか…

これが最後となっても悔いが残らないように、

Dsc05638

離陸前に、

ぷしゅっと

「さぬきビール」なる地ビールを開缶。

ああ、快感…。

| | コメント (2)

2009年2月14日 (土)

仙台に行ってきました!

春一番が吹きました~!

東京に帰ってからずいぶんと日にちが経ってしまいましたが、

ことだまカウンセリングのイベントで仙台に行ってきました。

着いたときには雪が一粒も降っていなかったのに、

初日の朝から雪が降り始め、

夜にはこんな光景に!

Dsc05530_2

ふっかふかの雪に、たまらず…

Dsc05533

Dsc05534

雪を荒らしてしまいました(泣)

* * *

出発前、どこか寄るところがないかな~と

「日本の神様カード」をパラパラとめくっていると、

「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」という、

踊りと芸能の女神が、目に飛び込んできました。

祀られているところをみると、

「志波姫神社(宮城県)」とあります。

場所を調べると、

今回のイベントの会場になった古川駅からタクシーで行ける距離だということがわかりました。

きたーーーーーーーー!笑

なんでも、天宇受売命は、道開きの猿田彦神と結ばれた神様だとのこと。

これは、伊勢でお参りした猿田彦神を志波姫神社に連れていってあげなくては!

イベント3日目の朝7時、タクシーに乗って志波姫神社を目指しました。

なんと!

タクシーの運転手さんも知らないくらい、ひっそりとしたところにありました。

Dsc05537

http://www.shiwahime.org/

この日の朝、私の体調はどん底にありました。

前日、朝の9時から夜の8時まで、途中20分休憩1回のみで鑑定を続けたため、

終わったー!と気を抜いた後には、普通に会話ができなくなっていました。

根詰めてカウンセリングをしている時は、

だいたい、「力になりたい」「期待にこたえよう」「なんとかしてあげたい」という

おごった気持ちがくっついているんです。

そういうエゴ抜きで、

相手の方と深い部分を共有しつつ、

フラットな気持ちで冷静さを保てるようになることが課題だなあと、

10日くらい経ってからようやくわかってきました。

その時は、あと1日がんばるしか道がなかったので、

とにかく気持ちを切り替えることにしました。

そういうときに、ちょうど素晴らしい神社に行けるようになっているだなんて、

神様は、飴とムチの使い方が相当にうまいわけです。泣

天宇受売命のメッセージは、

心から楽しむこと。

踊りなさい。笑いなさい。心から楽しみなさい。

それが本当の自分とつながる道だということです。

神社の前で手を合わせていると、

「どん、どん、どん、どん」という重低音のリズムが心に響きわたりました。

踊るような感覚で、私自身もカウンセリングを楽しもう!

神社を後にして、ラスト1日、笑顔でたくさんの方との出会いを楽しんできました。

Dsc05543

仙台は、やっぱり牛タンです!

Dsc05540

「どぶロック」という、とってもロックなお酒に出会いました。

青森で作られているお酒で、できたて搾りたて微発泡の日本酒♪

濃ゆくてうまかった~!

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »