« 謹賀新年 | トップページ | 今週のことだま vol.16「醒」 »

2009年1月 7日 (水)

書の師・浅田聖子先生

今日は、上野と銀座の書道展に行ってきました。

私の書の師・浅田聖子先生の作品が出展されています。

Photo

↑第63回 日書展

1月4日~9日 東京都美術館

Dsc05335

↑現代の書 新春展 セントラル会場100人展

1月5日~11日 東京セントラル美術館(銀座)

Dsc05349

↑雅涎会書展

1月6日~11日 東京銀座画廊・美術館(銀座)

* * *

作品は、どれも1メートル以上ある大きな作品。

浅田聖子先生の書は、とにかくすごい迫力です。

浅田先生の生の書を一度見ていただきたいなあ。

一番のおすすめは、銀座で行なわれている「現在の書 新春展」。

二つの会場で、現代の日本を代表する書家の32人展と100人展が同時に開催されています。

趣向の異なる素晴らしい作品ばかりでした。

入場無料で今週末まで行なわれていますので、

銀座方面に行かれる方は、ぜひ足をお運びください。

* * *

師・浅田聖子先生にお会いしたのは、

ちょうど1年前の日書展の会場でした。

その時のことを、少し書かせていただきますね。

先生にお会いする数年前、

はじめて展覧会場で浅田先生の作品を拝見したとき、

あまりの衝撃に、しばらく身動きが取れなくなりました。

坂村真民さんの詩「捨」を題材にした書で、

文字が生きもののように見えたこと、

詩が訴えようとしていることを、そのまま書が訴えていたこと、

構成が大胆で、スケールが大きく、作風が自由であったことなど、

上げたらきりがないほどに素晴らしい作品でした。

こちらがその時の作品です↓

Hp

その時から、すっかり浅田先生の大ファンになり、

展覧会があると、必ず浅田先生の作品を探していました。

200707221820000

↑毎日書道展で会員賞(グランプリ)を受賞された時の作品

いつか、先生のような、魂に訴えかける書を、

見た人に感動を与える力強い書を

かけるようになりたいなと、ずっと思っていました。

そして、

1年前のお正月、

新しい仕事を始める年のはじめに、

「書でたくさんの人を元気にしたい」ということを

この先の目標に決めました。

そのことを強く思った翌日、

日書展の会場で、偶然、浅田先生にお会いしたのでした。

会場に入ると同時に、

マイクで「こちらが浅田聖子先生です」と紹介される声が聞こえました。

びっくりして後ろを振り向くと、

小柄で、凛とした優しいオーラに包まれた女性が

会場の作品を解説していました。

「この方が浅田聖子先生!!!」

憧れの書家の先生が目の前でお話している!

あまりの驚きに、なぜか涙がこみ上げてきました。

15分くらい、会場を歩いて回りながら

先生の解説を聞いていました。

いや、たぶん、解説は耳に入っていませんでした(泣)

この小柄な方が、あのど迫力の書を書かれているなんて!

一番最後に、浅田先生の書が紹介されました。

これがその時の書です。

Photo_2

また、言葉を失いました。

解説が終わった後、勇気をふりしぼって浅田先生のほうへ近づいていきました。

「あ、あの・・・。先生のファンなんですが、握手をしていただけますか?」

赤い顔をしておずおずと手を出すと、

「あ~ら!ファンだなんて、うれしいわね~!」と

包み込むような笑顔で握手をしてくださいました。

そして、次の瞬間、もう口から言葉が出ていました。

「どうしたら、先生に書を教えていただけますか?」

先生もびっくりしていました。

それから、すでに師について書を学んでいること、

カウンセリングのあとに書を贈る仕事をしようとしていることなどを

すべてお話しました。

書の世界は、おもに伝統や慣習を重んじる保守的な傾向があるので、

普通の方だったら、きっと、引いてたと思います。

でも、浅田先生は、こう言ってくださいました。

「素晴らしいお仕事をされようとしているのね」

先生の懐の大きさに、また、涙がこみあげてきました。

その後、

改めて先生に師事させていただくことになったのですが、

ある日、お稽古の後で、こんなお話をしてくださいました。

「私が二十歳の頃から師事していた駒井鵞静先生がね、若い時にこんなことをおっしゃったの。

『自殺をしようとしている人が目の前にいたとする。その人が『書』を見て、自殺を思いとどまったとしたら、そこに、『書』の存在する価値がある』

その言葉がずっと忘れられなくてね。

「書」は、本来、人助けのためにあるものだと思うの。

だから、あなたがやろうとしていることは、書の本来の役割を担おうとしていると思うのよ」

もったいないほどのお言葉でした。

浅田先生と出会って1年、

今回、はじめて近代詩(新書芸)のジャンルで

日書展に作品を出品し、入選しました。

Dsc05323

なかなか浅田先生にご指導いただいたようには書けず、

思いつくことは改善点ばかりですが、

一歩ずつ、浅田先生のような魂の書に近づいていきたいです。

* * *

浅田聖子先生に書を学びたい方は、浅田先生に直接お電話をください。

03-3751-2322

初心者から経験者まで、基礎からしっかりとご指導くださいます。

 

|

« 謹賀新年 | トップページ | 今週のことだま vol.16「醒」 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
入選されたんですか!?おめでとうございまーす!!

もしかして,上野に行ったらエリカさんの作品見れたりします??
実は明日,松坂屋のやつとかけもちしようと計画中だったのですが…。

投稿: とり(♀) | 2009年1月 7日 (水) 11時06分

今年は違うジャンルで出品したんですね。
昨年、一昨年と作品を拝見して
それも良かったけど
今年のは「直球」というか、
とってもエリカさんらしい作品だなぁ。

先生との出会い、素晴らしいね。
握手の瞬間なんて、読んでてブルッときました。

目標をはっきりと掲げていると、
なぜかいい出会いに恵まれるんだろうな。

年の初めに「目標をはっきりと持つ」ことの大切さを思いださせてもらいました。

どうもありがとう。
今年もエリカさんの言葉、楽しみにさせてもらいます!

投稿: よっこ | 2009年1月 7日 (水) 11時51分

いい日記だ〜〜!(>_<)
感動しました、ほんと。
入選おめでとうございます!
エリカさんの書は、
「語る書」だと思います。
書かれた文字数以上のメッセージが
こちらまで届きます。
これからもいい作品を書いてください♪
ちなみに僕は、昨日銀座に行ったんです(T_T)
もう一日早く知っていれば……。

投稿: もりちゃん | 2009年1月 7日 (水) 11時53分

入選おめでとうございますhappy01

師の浅田先生との出逢いはドラマチックですねflair
文字は力があり、書からこんなに感情が伝わる感覚は初めてですheart04

エリカさんの書もますます楽しみですup

投稿: 緑 | 2009年1月 7日 (水) 20時09分

エリカちゃん♪おめでとう!!!

浅田先生のも、エリカちゃんのも、
見てるだけで胸がドキドキしますhappy02
うるうるしちゃいます。

書って、生きてるんだねheart02

投稿: ちなっきー☆ | 2009年1月 7日 (水) 20時53分

エリカさん☆

今日の日記は、なんだか胸にくる言葉がたくさんありました。

私は書は今はあまりわかりませんが、いずれは自分の詩を書でしたためられたらと思っています。
今年から少しずつでも書の稽古始めようと思っています。

坂村真民さん
真民さんよような、魂の叫びのような、真に素直な言葉の詩を書けるようになりたいと思います。

なんだか今わたし、涙ぐんでます(笑)

エリカさん
ありがとうございます。

投稿: @ageha | 2009年1月 7日 (水) 22時17分

とり(♀)さま☆

おお!
上野の展覧会めぐりですね~♪
私のは、2階の真ん中くらい、
一般(公募)一科の入選のところに陳列されております。
お時間があったら見てくださーいhappy01

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 03時10分

よっこさま☆

いつも展覧会を見に来てくれてたんだよねcrying
成長を見守ってくれて、
どうもありがとう!
やっと、書きたいジャンルの書に
足を踏み入れることができたので、
少しずつ成長できるように
これからもがんばりますhappy01

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 03時18分

もりちゃん☆

うわあ!
「語る書」って、
そんな風に感じていただけて、
すっごくうれしいですhappy01

1年前、書でたくさんの人を元気にしたいって心を決めたのは、
お正月に森沢さんの「にっぽん人の心を磨く本」を読んだことがきっかけだったんです。

わたし、ほんとに森沢さんの本のお世話になってるなあshine
もりちゃんありがとう!

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 03時30分

緑さん☆

ありがとうございます!
浅田先生の書は、
ほんと、感情に直接響くんです。
生の作品は、もっともっとすごいですよ~smile

私も先生のような書をかけるように
がんばりますhappy01

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 03時33分

ちなっきー☆さま

うん!
魂が入った書は、
ほんとに生きてるよねshine

生きた書がかけるように、
いろんなところで
感性を磨いていきたいですhappy01

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 03時37分

@agehaさま☆

真民さんの言葉は、
本物で、生きてますよね!
浅田先生は、よく真民さんの詩を
題材にされるんですが、
いい書が書けるときの最大の条件は
いい詩に出会うことだと言っていました。
詩の何か奥深い魂と、書が共鳴したときに
心を打つ作品になるんですね。

@agehaさんは、
もう題材がいっぱいあるから、
きっと書を書くのが楽しくなるだろうなあ。
どんどん幅が広がりますねwinkscissors

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 03時57分

エリカさん、こんにちは。
いつもお世話になってます、妙子です。
初めてコメントさせていただきます。

実は私も6日に展覧会に行きました!!
上野と銀座両方行きました。

もう、ほんとに感動しました。
浅田先生の書とエリカさんの書、たくさんの作品の中から探すの大変かなぁなんて思ったのですが、全く大変じゃなくて、すぐに視界に飛び込んできました。

先生の作品もエリカさんの作品も、目で見ているという感覚じゃなくて、何かすごいエネルギーの塊が、どかんを私の胸に向かって響いてくるような、そんな感覚でした。
まさに魂を感じました。

エリカさん、入選おめでとうございます。
これからもエリカさんの書を楽しみにしてます。
エリカさんと出逢えて本当に感謝してます。
ありがとうございます!

投稿: 妙子 | 2009年1月 8日 (木) 11時25分

日書展行ってきましたよん♪
エリカさんの作品,すごい存在感!!
素敵すぎる~。かっこよすぎる~。

浅田先生の作品も拝見しました。
ここまでど迫力!の書は初めて見たかも。

おばちゃん二人が浅田先生の作品をじーっと眺めてて,
「あ,マグマって書いてあるのね~。マグロかと思った」
って言ってました…(爆)

投稿: とり(♀) | 2009年1月 8日 (木) 17時32分

妙子さま☆
妙子さ〜ん!
書道展両方行ってきたんですねー!
実際に見るのが、何よりの勉強になりますよねwink
先生の書だけでなく私の書まで見つけてくださってありがとうございます!
妙子さんも、きっと書きたい欲求がフツフツと沸いてきましたね〜smile
お互いお稽古がんばりましょうね〜happy01happy01

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 18時51分

とり♀さま☆
うわ!
ほんとに見てきてくださったんですかー!
ありがとうございますhappy01
先生の書の迫力、感じていただけてうれしいです!
マグロって!笑

投稿: エリカ | 2009年1月 8日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年 | トップページ | 今週のことだま vol.16「醒」 »