« 東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆ | トップページ | 東京スピリチュアルマーケットのお話② »

2008年12月22日 (月)

東京スピリチュアルマーケットのお話①

Dsc05269_2 

この土日は、あったかかったですね~♪

母(ハハ)はおうちの大掃除♪

私は、浅草で行なわれた東京スピリチュアルマーケットに出店してきました。

今回は、自分的に、むちゃくちゃたのしかったんです。

わらしべ長者的な幸せ感☆があったので、

うれしかったことを日記にしてみたいと思います。

* * *

土曜の朝、出店準備があるのに軽く寝坊をしてしまい、

少しでも早く会場に着きたいなと思っていました。

北千住駅で、浅草行きの電車を待っていたら、

ちょうど特急電車が止まりました。

でも!

「この電車には特急料金がかかります」

とのアナウンスが・・・。

一刻も早くいくべきか、

ここで節約するべきか。

とりあえず、駅員さんに特急料金を尋ねると、

なななんと!驚きの500円!

たった10分程度なのに!笑

迷うまでもなかった・・・と、

特急を諦めて次の普通電車を待つ列に並ぼうとしたとき、

背後から知らない人に話しかけられました。

知らない方:「あの、よかったら、これ、使ってください。」

わたし:「え?なんですか?」

知らない方は、にっこりして言いました。

「浅草までの特急券買ったんですが、ここで降りることにしたので、よかったら使ってください」

わたし:「いいんですかーーーー!!!たすかります!ありがとうございます!」

500円を節約するに至った私の行動を、うしろであたたかく見ていらしたのでしょう…泣

朝から天使に会ってしまいました(泣)

特急電車に乗り込んで、リクライニングシートに深々と座り、余韻に浸っていると、

さっき特急料金を教えてくれた駅員さんが、500円を請求にきました。

(もらった)特急券を、チラリと得意気に見せるわたし。

「いらなくなった方が、くれたんです!」とにっこり。

「おお!そういうことですか!」駅員さんも、ニヤリ☆

あ~、今日はしょっぱなから幸せだな~と、天使のおねえさんの余韻に浸りながら、ふと

「あ~、あのお姉さんに何か差し上げられるものなかったかな~。」とカバンの中をごそごそしました。

そして、その次の瞬間、

「うわ!私って、なんて無粋!」

受けた好意をその場でモノで返すなんて!

下町育ちとしては、軽く自己嫌悪です。

そして、

「こんど、自分がそういうときに、誰かにお譲りすればいいんだな」って、思いました。

晴れた空と隅田川を気分よくながめつつ、

よくよく考えたら!

今日の一番目の方が、60分をお申し込みくださったので、

余っていた招待券を入り口で差し上げることになっていたのでした。

おお!ひとつお返しできた♪

子ども並に、ちょっぴり誇らしげな気持ちになりました。

最初にきてくださったRさんは、前回自分のことを見てもらったので、

今回は家族のことを見てほしいとのこと。

今、自分は、家族に何ができるかを知りたいので、家族について何かメッセージがあれば、とのことでした。

・・・あったかい(泣)

出だしから、さらにぽかぽか気分になりました。

そして、前回差し上げたことだまを、手帳の表紙に入れているのを見せてくれました。

毎日見てくださっているとのこと。

こういう瞬間、ほんとに、この仕事をしててよかったと思います。

Rさん、ありがとうございます!

それからというもの、あれ?っと思うくらいお客さんがこなかったので、ことだまを書いたりしていました。

それでもこなかったので、ななめ後ろのブースの人と目が合い、

「あ、どうも!」的なあいさつを交わしてみました。

その方は、出店は、今回がはじめてとのこと。

フラワーエッセンスを調合しているとのことでした。

でも!

それが、ブースのどこにも書いてありませんでした。

テーブルの上に置かれた1枚の紙に、

「1回3000円(20分くらい)。領収書は諸事情により出せません」

とだけ、書いてありました。

不思議な方でした。

これではもったいないなあと思い、

老婆心むき出しで、

「よかったら、簡単なポップを書きますよ!」と、どんなことをやっているのか聞きながら、筆でポップを書いて、ブースに立ててみました。

「おお~!」

二人で拍手をして、席に着こうとすると、

「あの、実は、今日はもう帰ろうかと思って…」

と、彼はやる気のない顔でいいました。

「お礼にフラワーエッセンスを調合して差し上げたいんですが、このまま作っていいものかと・・・」

お話を聞くと、とても繊細な部分で、何かを迷われているようでした。

「じゃあ、お互いにできることの交換こしましょうよ!」

私はカウンセリングをして、

彼は、その結果、このままやってても大丈夫だったら、

私にフラワーエッセンスを作ってくれることになりました。

ということで、まずは私からスピリチュアルカウンセリング~♪

お名前を聞き、生年月日を聞くと、

昭和49年といわれたので、

1974年・・・

と書き換えたら、

「あれ!どうしてすぐにわかったんですか?」

といわれたので、

「『タメ』っすから!」

というと、

なんと!

驚いたことに!

フラワーの方:「美空さんて、○○さん(私の本名)ですよね?」

わたし:「はい。・・・って、え!!!なんで知ってるんですか!!!」

この人、もしかして、ものすごい透視ができる人なのか!

びっくりして聞くと、

さらに!

フラワーの方:「美空さんて、○○高校でしたよね?」

なにーーーー!高校までわかるのかーー!どんだけすごいんだ!!!

フラワーの方は、くすっと笑って言いました。

「同じクラスだってば!」

わたし「えーーーーーーーー!!!!!あの○○くん???」

ややお太りになった彼は、なんと、高校時代のクラスメイトだったんです。

びっくりしました~。

こんなことって、あるんですね~!

テンションあがりまくりでした。

カウンセリングの結果、続けて大丈夫ということがわかったので、

こんどは私がフラワーエッセンスを調合してもらいました。

彼がやっているのは、「ワイルドフラワーエッセンス」といって、

自然に咲く花から、分けてもらったエネルギーの液を調合し、

それを毎日ちょっとずつ飲むことで、

心も体も、美しくなるという、やさしさにあふれたものでした。

数十枚ある花の写真を、どんどん見ていって、

「すごく好き」か

「すごく嫌い」なものを選んでいき、

その花のエッセンスを調合してくれる、という流れ。

選んだ花が意味するメッセージの文章を読ませてもらうと、

「うわ!○○くん、これ、今の私にぴったりの言葉!」

興奮して伝えると、

「ふ~ん」

塩分控えたお吸い物か!

と思うくらい、あっさりとしたリアクション。

私にはないクールさだ(笑)。

7種類くらいのお花のエッセンスを調合してくれたんだけど、

残っているメッセージは、

・追求しすぎないこと

・動くことからのみ、学びがあるわけではないということ

ある方向に偏りかけた時は、逆のメッセージがくるんだな~!

深い!

・・・もちろん、このコメントにも○○くんには「ふ~ん」と言われた(笑)

スミマセン。

まだ2日間の、半分も終わってないんですけど、

長くなっちゃったんで、またこんど続きかきまーす。

(つづく)

|

« 東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆ | トップページ | 東京スピリチュアルマーケットのお話② »

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆ | トップページ | 東京スピリチュアルマーケットのお話② »