« 今週のことだま vol.14「元」 | トップページ | 東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆ »

2008年12月18日 (木)

ともだちのたね

41ilbxoqjtl_sl500_aa240_1

12月10日、大好きな作家の森沢明夫さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/osakana920が、

とっても素敵な絵本を出版されました。

「ともだちのたね」

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%A0%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%AD-%E3%81%9F%E3%81%AD%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E6%A3%AE%E6%B2%A2-%E6%98%8E%E5%A4%AB/dp/4808585324/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1229533958&sr=1-5

気持ちがぽっかぽかにあったまる絵本です。

この本の出版をお祝いしつつ、森沢さんを囲んで、おいしいお酒を飲もう!

という(名付けて「もりちゃんを囲む会」♪)を

先週の土曜日にしました。

この会が、あんまりにも楽しすぎて、幸せすぎて、

今もこの会のことを思い出すたびに、

あま~いため息がもれてしまいます。

たぶん今なら、犬にかまれても、笑えます。

森沢さんの仲間が10人と、

森沢さんのマイミクのファンが25人集まったんですが、

この会に参加した人のほとんどすべての人が、

おんなじ気持ちを共有しちゃったんです。

Dsc05211

Dsc05213

Dsc05220

Dsc05223_2

Dsc05231

会の後、森沢さんが書いてくださった感想のブログが、

もう、びっくりするほどうれしすぎるので、

紹介させていただいちゃいます!

http://blogs.yahoo.co.jp/osakana920/47733678.html

森沢さんの言葉の世界って、

日記を読むだけでも、心がぽかぽかしてきちゃいますよね☆

みんなで「もりちゃん♪」なんて呼ばせてもらっていますが、

森沢さんは、ノンフィクションで大きな賞を受賞されてる、

すごい作家さんなんです。

それなのに、おごった気持ちはまったくなくて、

すべての人に、同じ目線で接しながら、

ひとりひとりをあたたかいオーラで包んでくださる、

お坊さんのような存在なんです。

参加した全員が、この日、森沢さんに惚れちゃったと思います。

私は完全に惚れちゃいました!笑

今回、私は幹事をさせていただいたわけなんですが、

生まれてはじめて、幹事をして、世界一幸せ!

って気持ちになったんです。

私は酒飲みで、酒の場がとても好きなことが幸い(災い?)して、

飲み会の幹事をすることが多いんですが、

こんな気持ちになったのは、はじめてです。

数日前、幸せ漢字作家のおもちかあちゃん

http://blog.livedoor.jp/omochikachan/

が谷中にきてくれたんですが、

もう、二人でもりちゃんを囲む会の話で興奮しちゃって、

黄色い声を谷中にキンキン響かせてました。笑

その中で、かあちゃんが、

うれしそうに幹事をする私をみて、

自分もある人を応援する会をやりたいって思ったって

言ってくれたんです。

(ちなみに、その会は、その場でやることに決めてしまいました!)

そんな風に思ってもらえたなんて、うれしかった~。

会が終わった後も、みなさんから、

うれしかった、たのしかった、ありがとう!って

心があたたまる言葉をたくさんいただいて、

ほんとにうれしかったです。

幹事サイコー!!!

っていいながら、

あれ?私、なんでこんなにうれしいんだろう?って、

自分が自分で不思議になってきちゃって(笑)。

だって、普通、幹事って、面倒に思うことのほうが多いのに、

準備から、当日の進行まで、

ずーっと、わくわくしてて、ほんとに楽しかったんです。

なんでだろう?

こっから、さらに長くなるかもしれませんが、

お仕事中の方、すみません。

私は、何度も森沢さんの本に助けてもらったんです。

失恋して、ぽっかり心に穴が空いた時に

「海を抱いたビー玉」のあったかい世界で心を満たしてもらったり、

直感に走りすぎて、地道な努力を忘れそうになったときに

「にっぽん人の心を磨く本」の智慧で地に足をつけたり、

自分の道を歩くのが不安になったときに

「ラストサムライ」で、諦めない強さを教えてもらったり、

落ち込んだ気持ちのときに

「あおぞらビール」を読んで、ばか笑いして元気になったり…

私の端々には、

森沢さんが生み出してくれた本にこめられた魂が

たくさん宿っているんです。

だから、なにか少しでもお返しがしたいなって、思っていました。

そして、

みんなが、そういう気持ちをもってたんじゃないかなって思うんです。

だから、

最初はシンプルにいくはずだった会が、

日が経つにつれ、どんどん森沢さんへのサプライズ企画で

あふれていきました。

囲む会の前に、「森沢さんを泣かせる作戦会議」まで

できちゃったんです。

そこでも、

みんなが、森沢さんを元気にしたいって、思っていたんです。

一方、森沢さんもまた、

きてくれるみんなに、どうやって楽しんでもらおうか、

どうやったらみんなが仲良くなれるかを考えていました。

森沢さんとも、事前に一度打ち合わせをしていたんです。

そんなみんなと、森沢さんの間で、

私は、どんどん本気モードになっていきました。

だって、お互いがお互いを喜ばせる気満々なんだもん!笑

その場はまるで、森沢さんの小説が現実に飛び出したような

素敵な世界でした。

森沢さんが書いた本が、

みんなにそんな現実を作り出したんじゃないかなって、

だから、あんなに幸せな温度で満たされてたんだなって

思います。

そして、会場となった国立の居酒屋FUKUSUKEがまた、

お料理もお酒もおいしくて、古い木の風合いがなんともいえない、

いい居心地の酒場なんです。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/bar-fukusuke/framepage16.htm

お店を経営されているポケコさんには、

企画段階から当日まで、ずーっとお世話になりました。

ポケコさん、ほんとうにありがとうございました!

プロのミュージシャンの川久保秀一さん

http://www.kawakubo.net/index.php

明石敏子さん、ウルトラセブンXの与座重理久さんは、

ものすごーく本格的なミニライブまでプレゼントしてくださいました。

歌も声もトークも、ハートにぐぐっとくる素敵なライブでした!

森沢さんは、12月に本を4冊も出す予定で、

忘年会という忘年会をお断りして、

この会にきてくださったうえ、朝までつきあってくれました。

もう、一生忘れられない夜です。

あ、帰ったころには朝だった!笑

家に帰って、森沢さんにサインしてもらった絵本

「ともだちのたね」を開いてみると、

うわ~!シンクロしてる!!!

まるで、今日体験した気持ちのヒミツが

そこに書かれているようでした。

ともだちのたねのヒミツを知りたい方は、

こちらです↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%A0%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%AD-%E3%81%9F%E3%81%AD%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E6%A3%AE%E6%B2%A2-%E6%98%8E%E5%A4%AB/dp/4808585324/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1229543198&sr=1-5

森沢明夫さんの心の世界にたくさんふれたい方は、こちら↓

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&rh=n%3A465610%2Cp_27%3A%E6%A3%AE%E6%B2%A2%20%E6%98%8E%E5%A4%AB&field-author=%E6%A3%AE%E6%B2%A2%20%E6%98%8E%E5%A4%AB&page=1

もう5日が経とうとしているのに、

まだあったかい気持ちが残っています。

このたねを、これからも、しっかり育てていきたいなって思います。

森沢さん、囲む会のみなさん、

ほんとうにありがとうございましたーーーーーー!!!

|

« 今週のことだま vol.14「元」 | トップページ | 東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週のことだま vol.14「元」 | トップページ | 東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆ »