« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月25日 (木)

今週のことだま vol.15「熱」

メリークリスマース!

今日は、近所の親友の愛娘・乃梨亜ちゃんの

サンタさんになっちゃった♪

クリスマスはサンタさんにプレゼントをもらえる日♪だったはずが、

いつのまにか、サンタさんになる歳になってました(泣)

「いつのまにか」でもないか!笑

さて!

久々にことだまをお届けしまーす。

Photo_2

先日、お友達のアロマセラピスト・緑さん

http://www.smile-green.net/にお誘いいただいて、

緑さん、キャロルさん(日本人)と一緒に、

こんなイベントに行ってきました。

↓↓↓

~天国はつくるもの~ 上映会マラソンファイナル記念&植林チャリティイベント

『てんつくまん&田中優さん講演会 +荒川祐二さん友情出演×森源太さんLIVE♪♪』

↑↑↑

てんつくまんさんhttp://www.wajju.jp/gogo/index.html は、

いろんな人の「動けば変わる!」というお話を、

田中優さんhttp://jp.youtube.com/watch?v=QlkoM6Xfq0s は、

エコシフトの具体例として、世界のエネルギー資源と天然住宅のお話を、

荒川祐二さんhttp://jp.youtube.com/watch?v=a30HztLAdRQ//は、

新宿でごみ拾いをはじめたことで人生が変わったというお話を、

そして、最後には森源太さんの歌のライブがありました。

内容は、みんな違うんですが、

みんな行動する人たちで、

「何かを変えたい」「役に立ちたい」という熱い温度の想いをもっていて、

それがガンガン伝わってきて、

たくさんアツさを分けてもらいました。

なかでも、私の心がぐらんぐらん動かされたのは、

森源太さんのライブでした。

音にのって心の底から出てきた言葉が、

そのまま歌になっているという感じで、

あまりの熱さとあたたかさに、

ぼろぼろ泣いてしまいました。

つらい感情も、うれしい感情も、

両方が本物でした。

どうしたら、こんなに人の心を打つ歌が歌えるんだろう?

源太さんに、聞いてみました。

源太さんは、ギターをもって、ママチャリにのって、

弾き語りで日本を1周したことがあるそうです。

1年半もかけて!

出発するときには、3000円しかもっていかなかったとのこと。

路上で、自分の歌1本で、人と触れ合って過ごしました。

今は、自分が本当に歌いたい歌を歌うために、

事務所に所属しないで、武道館のような大きな舞台で歌を歌うことを夢にされているそうです。

その夢、応援したい!

と、たぶん、会場にいた人全員が思ったと思います。

本気の情熱が人に伝わった時、

人は、その人を応援したいって

思うんだと思いました。

森源太さんhttp://blog.livedoor.jp/morigenta/

Dsc05256

***

このイベントで、すごーくいいなって思ったのは、

それぞれ、取り組んでいることや、語るテーマやは違うんだけど、

みなさんが、自分を楽しく表現していたことなんです。

しゃべったり、ごみを拾ったり、解説したり、事業をしたり、歌ったり、司会をしたり…

内にある情熱を、思い切り表に出していました。

その熱を受け取った人にも、あったかい温度が届く。

それって、素晴らしい循環だなって思います。

自分の中にある熱を、表に現す。

表現するって、そういうことなのかもしれませんね。

熱が伝わったとき、感動が生まれるんだと思います。

私は、踊っている時、書を書いているとき、人を応援している時に、

かなりアツい熱が外に出てくるみたいです。

あなたは、何をすると、熱いものが表に出てきますか?

| | コメント (10)

2008年12月24日 (水)

東京スピリチュアルマーケットのお話②

こんにちは~!

前回の続きです♪

○○くんにフラワーエッセンスを作ってもらい、うはうは気分で着席。

向こう側には、気になるブースがありました。

だって、おにいさんが、

うさぎのかぶりものかぶってるんだもん!笑

うさぎのお兄さんと、やさしそうなお姉さんが、

10分500円でホホバオイルを使ったハンドマッサージをしていて、

終わった人は、みんな気持ちよさそうに帰っていきました。

10分500円なのに、二人とも、ものすごーく丁寧に、親身に、

マッサージをしていました。

がんばっている人には、ごほうびを!

チョコレートと500円をもって、おねえさんのブースにいきました。

本当は、私がマッサージをしてもらいたいだけでした(笑)

オーガニックのホホバオイルを使ったマッサージで、適度な刺激♪

よだれが出そうなくらい、とろけてしまいました。

マッサージが終わって、ハッと我に帰ると、

となりで、私よりも後に始めた人が、いなくなっていました。

「あれ?もしかして、ものすごく時間をかけてやってくださったんじゃないですか?」

おねえさんは、チョコレートを指差して、にっこりウインクしました。

おねえさん、ありがとう!

☆おねえさんとうさぎさんのブースは、チームhonokaさん

http://www.team-honoka.com/

スッキリリフレッシュして席に戻りました。

今回は、全体的にずいぶんとお客さんが少ないようで、

どこのブースも手持ち無沙汰なようすでした。

ガランとしていると、余計立ち寄りにくくなるんですよね。

そこで!

チラシを配り始めました。

「よかったら、もらってくださーい」

宣伝のチラシなのに、みんな「ありがとう」ってもらってくれました。

なんていい人ばかりなんだ…

うるっ(泣)

そういえば、会社で営業してた時代もチラシ配ってたなあ。

なんか、そういう気持ち忘れかけてたなあ。

今度駅前で美容院のチラシを差し出されたら、

ぜったい笑顔で受け取ろうって思いました。

少しして席に戻ると、

さっき配ったチラシをもった方が来てくれました。

よっしゃ!!!笑

1日目は、そんな風に過ぎていきました。

この日は、同じ出展者でお友達の

神光幸子さんと、斉藤サトルさんとごはんを食べて帰ることに。

幸子さんは、小林正観さんグッズの書を、

サトルさんは、絵を描いている方で、

二人とも、ものすごくスピリチュアルな方です。

先日、ウィリアムレーネンさんのセッションを紹介してくれたのも幸子さんでした。

そのセッションの話をしつつ、近況を話していると、

いつのまにか、お互いにこれからの人生がどう流れていく的な話になり、

完全にスイッチが入り始めました。

二人と話していると、直感が勘でなくなるから、こわいです。

こういうことがあって、こう流れていきそうなのは、どういうことなのか、

って話を、カバラ数秘術(生年月日)の数で解釈していくと、

幸子さんは、カバラ数秘術の数字の意味を知らないはずなのに、

サトルさんの数を見ながら、

「あ~、ここがこれだから、こうなってるのね、サトルさん♪」

と、にっこり。

この幸子さんの笑顔の圧倒的な説得力!笑

「上の方」がご降臨されているごようすでした☆

サトルさんは、「こうなる」といわれると、反対のことをしたくなるので、面倒だから占い的なことはほとんど受けないそうです。

でも!

当てようとするわけじゃないから、いっか♪ってノリで、

お互いの人生のシナリオをシェアしちゃいました。

そろそろそば屋も閉店かな、という時間になると、

サトルさんが、ノートの紙を1枚と筆ペンを取り出し、

何やらサラサラと書き始めました。

「本格的にみてもらっちゃったんで、こんな紙ですみませんが、お礼に派動画書きますね♪」とサトルさん。

サラサラサラ・・・

筆が、まるで自分の体の一部のように、絶妙な筆圧とすばやい動きで進んでいきます。

わたし「筆が体の一部みたい!昔からそんな一体感だったんですか?」

サトルさん「いや、だんだんとかな。いつも一部ではないんで、まだまだですよ~」

サトルさんが、毎日毎日、絵を書き続けてきた姿が浮かびました。

約10分後に完成した派動画は・・・

Dsc05271

天照大神を書いてくださいました。

私は火のエネルギーだそうです。

サトルさん、ありがとう!

斉藤サトルさんhttp://www3.tokai.or.jp/ruuti/

神光幸子さんhttp://www3.tokai.or.jp/ruuti/w001sachi000top.htm

お二人は、いつも「ギャラリー道」で出店されています。

* * *

二日目!

会場に着いて、さっそく準備を開始。

あれ?

テーブルの端のほうに、メモ書きが置いてありました。

「急用ができたので、今日は出店できなくなりました。またね!(○○くん)」

紙の上には、小さな天使の置物が、

紙の下には、小さなホッカイロがおいてありました。

うしろ斜めを見返ると、○○くんの荷物はすべてなくなっていました。

風のように去っていった○○くん。

ちょっとさみしいけど、なんとなく、いいことであるような気がしました。

ご予約の方がいらして、

チラシを見てきてくださる方もいらして、

二日目は、なかなかいい感じに過ぎていきました。

ちょっと疲れたな~と思ったら、

「ほっと癒されタイランド」に立ち寄って、

ハーブ・穀物の入った体あたためパットを体にのせてもらいました。

これ、ほんとにぽかぽかして気持ちがいいです♪

ノリのいいお兄さんとお姉さんが、またいいんだ、これが!

そして、

夕方には、友達のじみ~さんがサプライズできてくれました。

癒しの達人じみ~さんは、

なんと!こんなに素敵なプレゼントを~!

Dsc05273

年齢辞典!

0歳~100歳+まで、年齢ごとに、

その歳は、有名人の誰が何をしたのか、

辞典形式でズラ~っと紹介されてるんです。

「お客さんへのアドバイスの参考になるんじゃないかなと思って」と、じみ~さん。

確かに、紹介されている人の誕生日と出来事を照らし合わせれば、どんな流れの歳に、何をしたのか、かなり具体的にわかるわけです。

じみ~さん!

天才!泣

ありがとう!

じみ~さんが帰ると、

最後の枠に名前を書かれていた方がいらっしゃいました。

とてもスピリチュアルな方で、

抽象的で少ない言葉のやりとりで、

深くいろんな状況を理解されているようすでした。

笑顔でお別れしたあと、片づけをはじめると、

その方がニコニコしながらもどってきました。

「これ、差し上げます。」

「え?なんですか?」

その問いには答えず、にっこり笑って、また去っていきました。

Dsc05274

なにか、大切なメッセージを届けてくださったんですね。

Nさん、どうもありがとうございます!

不思議でうれしい余韻に浸っていると、

前のブースのうさぎさんがにこにこしながら近づいてきました。

「これ、昨日マッサージさせてもらった不二子姐さんから預かりました!」

中を見ると、サンタさんのようなゆかいなおじさんが3人連なった、夢のあるオブジェでした。

「不二子姐さん、パワーをもらってうれしかったって言ってました」

ええ!パワーをもらったのは、こっちのほうなのに…。

なんてあったかい人なんだろう…。

姐さん、ありがとう!!!

あったかい余韻に包まれながら、

おっと!忘れちゃいけない♪

「ほっと癒されタイランド」で、癒しパットかって帰んなきゃ!

「おねーさーん!まだある~?」

うきうきしながらかけよっていくと、

二人が笑顔で迎えてくれました。

最後まで癒し系だ~♪

ホットパット、2つ買うと1000円引きなうえに、

ひとつにつき1回、くじを引かせてくれるんです。

肩用、背中用など、サイズがS・M・Lとあって、

大当たりは、その3つが全部もらえるという、大盤振る舞いぶり!

それを、ここでは、「ぜんぶ賞」といいます。

「ぜんぶ賞♪ぜんぶ賞♪」

二人の拍手に囲まれて、

えいや!

えいや!

と2回くじを引くと・・・

「どれでも賞」と「スナック賞」って書いてある~!

「どれでも賞」は、どれでも好きなサイズを1つもらえるというもの。

ワタシ「いいんですか?ほんとにいいんですかー?」

お二人「うん!うん!」

SサイズとMサイズを買ったのに、おまけでLサイズをもらっちゃいました♪

スナック賞は、ココナッツのお菓子!

ハーバルホットパットは、こんなかんじ。

Dsc05261

電子レンジで1分チンするだけで、すぐに使えて便利!

凝ったところにのせるだけで、ぽっかぽか♪

タイのハーブボールマッサージをしてもらったような感覚になります。

ブログを書いてる今も、使って癒されてます♪

全国のスピリチュアルマーケットで出店されてるので、要チェックです☆

* * *

あ~

なんて、いいイベントだったんだ~。

これまでも、何回かスピリチュアルマーケットには出店していたんですが、

こんなに気持ちがいい日は、はじめてでした。

これまでは、なんとなく、他のブースの方とも交わらず、

カウンセリングだけして帰る感じでした。

でも今回は、

自分の気持ちの温度が違いました。

気持ちと、人への接し方が変わったとき、

まわりの世界も一斉に変わり始めました。

あいさつとか、

笑顔とか、

おごらないこととか、

やさしさとか、

助け合いとか、

スピリチュアルなことに携わる現場だからこそ、

そういう普通のことを大切にしていきたいなって思いました。

今回、たくさんの人にいただいたあたたかいエネルギーを、

私は、ことだまとカウンセリングで、

みなさんにお返ししていきます。

お越しいただいたみなさま、

出会ってくださったみなさま、

ほんとうに、

どうもありがとうございました!

また出店しまーす☆

* * *

スピリチュアルマーケットは、全国で開催されてます!

http://spima.jp/

| | コメント (6)

2008年12月22日 (月)

東京スピリチュアルマーケットのお話①

Dsc05269_2 

この土日は、あったかかったですね~♪

母(ハハ)はおうちの大掃除♪

私は、浅草で行なわれた東京スピリチュアルマーケットに出店してきました。

今回は、自分的に、むちゃくちゃたのしかったんです。

わらしべ長者的な幸せ感☆があったので、

うれしかったことを日記にしてみたいと思います。

* * *

土曜の朝、出店準備があるのに軽く寝坊をしてしまい、

少しでも早く会場に着きたいなと思っていました。

北千住駅で、浅草行きの電車を待っていたら、

ちょうど特急電車が止まりました。

でも!

「この電車には特急料金がかかります」

とのアナウンスが・・・。

一刻も早くいくべきか、

ここで節約するべきか。

とりあえず、駅員さんに特急料金を尋ねると、

なななんと!驚きの500円!

たった10分程度なのに!笑

迷うまでもなかった・・・と、

特急を諦めて次の普通電車を待つ列に並ぼうとしたとき、

背後から知らない人に話しかけられました。

知らない方:「あの、よかったら、これ、使ってください。」

わたし:「え?なんですか?」

知らない方は、にっこりして言いました。

「浅草までの特急券買ったんですが、ここで降りることにしたので、よかったら使ってください」

わたし:「いいんですかーーーー!!!たすかります!ありがとうございます!」

500円を節約するに至った私の行動を、うしろであたたかく見ていらしたのでしょう…泣

朝から天使に会ってしまいました(泣)

特急電車に乗り込んで、リクライニングシートに深々と座り、余韻に浸っていると、

さっき特急料金を教えてくれた駅員さんが、500円を請求にきました。

(もらった)特急券を、チラリと得意気に見せるわたし。

「いらなくなった方が、くれたんです!」とにっこり。

「おお!そういうことですか!」駅員さんも、ニヤリ☆

あ~、今日はしょっぱなから幸せだな~と、天使のおねえさんの余韻に浸りながら、ふと

「あ~、あのお姉さんに何か差し上げられるものなかったかな~。」とカバンの中をごそごそしました。

そして、その次の瞬間、

「うわ!私って、なんて無粋!」

受けた好意をその場でモノで返すなんて!

下町育ちとしては、軽く自己嫌悪です。

そして、

「こんど、自分がそういうときに、誰かにお譲りすればいいんだな」って、思いました。

晴れた空と隅田川を気分よくながめつつ、

よくよく考えたら!

今日の一番目の方が、60分をお申し込みくださったので、

余っていた招待券を入り口で差し上げることになっていたのでした。

おお!ひとつお返しできた♪

子ども並に、ちょっぴり誇らしげな気持ちになりました。

最初にきてくださったRさんは、前回自分のことを見てもらったので、

今回は家族のことを見てほしいとのこと。

今、自分は、家族に何ができるかを知りたいので、家族について何かメッセージがあれば、とのことでした。

・・・あったかい(泣)

出だしから、さらにぽかぽか気分になりました。

そして、前回差し上げたことだまを、手帳の表紙に入れているのを見せてくれました。

毎日見てくださっているとのこと。

こういう瞬間、ほんとに、この仕事をしててよかったと思います。

Rさん、ありがとうございます!

それからというもの、あれ?っと思うくらいお客さんがこなかったので、ことだまを書いたりしていました。

それでもこなかったので、ななめ後ろのブースの人と目が合い、

「あ、どうも!」的なあいさつを交わしてみました。

その方は、出店は、今回がはじめてとのこと。

フラワーエッセンスを調合しているとのことでした。

でも!

それが、ブースのどこにも書いてありませんでした。

テーブルの上に置かれた1枚の紙に、

「1回3000円(20分くらい)。領収書は諸事情により出せません」

とだけ、書いてありました。

不思議な方でした。

これではもったいないなあと思い、

老婆心むき出しで、

「よかったら、簡単なポップを書きますよ!」と、どんなことをやっているのか聞きながら、筆でポップを書いて、ブースに立ててみました。

「おお~!」

二人で拍手をして、席に着こうとすると、

「あの、実は、今日はもう帰ろうかと思って…」

と、彼はやる気のない顔でいいました。

「お礼にフラワーエッセンスを調合して差し上げたいんですが、このまま作っていいものかと・・・」

お話を聞くと、とても繊細な部分で、何かを迷われているようでした。

「じゃあ、お互いにできることの交換こしましょうよ!」

私はカウンセリングをして、

彼は、その結果、このままやってても大丈夫だったら、

私にフラワーエッセンスを作ってくれることになりました。

ということで、まずは私からスピリチュアルカウンセリング~♪

お名前を聞き、生年月日を聞くと、

昭和49年といわれたので、

1974年・・・

と書き換えたら、

「あれ!どうしてすぐにわかったんですか?」

といわれたので、

「『タメ』っすから!」

というと、

なんと!

驚いたことに!

フラワーの方:「美空さんて、○○さん(私の本名)ですよね?」

わたし:「はい。・・・って、え!!!なんで知ってるんですか!!!」

この人、もしかして、ものすごい透視ができる人なのか!

びっくりして聞くと、

さらに!

フラワーの方:「美空さんて、○○高校でしたよね?」

なにーーーー!高校までわかるのかーー!どんだけすごいんだ!!!

フラワーの方は、くすっと笑って言いました。

「同じクラスだってば!」

わたし「えーーーーーーーー!!!!!あの○○くん???」

ややお太りになった彼は、なんと、高校時代のクラスメイトだったんです。

びっくりしました~。

こんなことって、あるんですね~!

テンションあがりまくりでした。

カウンセリングの結果、続けて大丈夫ということがわかったので、

こんどは私がフラワーエッセンスを調合してもらいました。

彼がやっているのは、「ワイルドフラワーエッセンス」といって、

自然に咲く花から、分けてもらったエネルギーの液を調合し、

それを毎日ちょっとずつ飲むことで、

心も体も、美しくなるという、やさしさにあふれたものでした。

数十枚ある花の写真を、どんどん見ていって、

「すごく好き」か

「すごく嫌い」なものを選んでいき、

その花のエッセンスを調合してくれる、という流れ。

選んだ花が意味するメッセージの文章を読ませてもらうと、

「うわ!○○くん、これ、今の私にぴったりの言葉!」

興奮して伝えると、

「ふ~ん」

塩分控えたお吸い物か!

と思うくらい、あっさりとしたリアクション。

私にはないクールさだ(笑)。

7種類くらいのお花のエッセンスを調合してくれたんだけど、

残っているメッセージは、

・追求しすぎないこと

・動くことからのみ、学びがあるわけではないということ

ある方向に偏りかけた時は、逆のメッセージがくるんだな~!

深い!

・・・もちろん、このコメントにも○○くんには「ふ~ん」と言われた(笑)

スミマセン。

まだ2日間の、半分も終わってないんですけど、

長くなっちゃったんで、またこんど続きかきまーす。

(つづく)

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

東京スピリチュアルマーケットに出店しまーす☆

東京スピリチュアルマーケットというイベントに

12月20日(土)21日(日)出店しまーす。

http://spima.jp/tokyo/

って、明日でスミマセン!

私は、スピリチュアルカウンセリングで出ます。

20分3000円です。

よかったら遊びにきてくださーい。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

ともだちのたね

41ilbxoqjtl_sl500_aa240_1

12月10日、大好きな作家の森沢明夫さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/osakana920が、

とっても素敵な絵本を出版されました。

「ともだちのたね」

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%A0%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%AD-%E3%81%9F%E3%81%AD%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E6%A3%AE%E6%B2%A2-%E6%98%8E%E5%A4%AB/dp/4808585324/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1229533958&sr=1-5

気持ちがぽっかぽかにあったまる絵本です。

この本の出版をお祝いしつつ、森沢さんを囲んで、おいしいお酒を飲もう!

という(名付けて「もりちゃんを囲む会」♪)を

先週の土曜日にしました。

この会が、あんまりにも楽しすぎて、幸せすぎて、

今もこの会のことを思い出すたびに、

あま~いため息がもれてしまいます。

たぶん今なら、犬にかまれても、笑えます。

森沢さんの仲間が10人と、

森沢さんのマイミクのファンが25人集まったんですが、

この会に参加した人のほとんどすべての人が、

おんなじ気持ちを共有しちゃったんです。

Dsc05211

Dsc05213

Dsc05220

Dsc05223_2

Dsc05231

会の後、森沢さんが書いてくださった感想のブログが、

もう、びっくりするほどうれしすぎるので、

紹介させていただいちゃいます!

http://blogs.yahoo.co.jp/osakana920/47733678.html

森沢さんの言葉の世界って、

日記を読むだけでも、心がぽかぽかしてきちゃいますよね☆

みんなで「もりちゃん♪」なんて呼ばせてもらっていますが、

森沢さんは、ノンフィクションで大きな賞を受賞されてる、

すごい作家さんなんです。

それなのに、おごった気持ちはまったくなくて、

すべての人に、同じ目線で接しながら、

ひとりひとりをあたたかいオーラで包んでくださる、

お坊さんのような存在なんです。

参加した全員が、この日、森沢さんに惚れちゃったと思います。

私は完全に惚れちゃいました!笑

今回、私は幹事をさせていただいたわけなんですが、

生まれてはじめて、幹事をして、世界一幸せ!

って気持ちになったんです。

私は酒飲みで、酒の場がとても好きなことが幸い(災い?)して、

飲み会の幹事をすることが多いんですが、

こんな気持ちになったのは、はじめてです。

数日前、幸せ漢字作家のおもちかあちゃん

http://blog.livedoor.jp/omochikachan/

が谷中にきてくれたんですが、

もう、二人でもりちゃんを囲む会の話で興奮しちゃって、

黄色い声を谷中にキンキン響かせてました。笑

その中で、かあちゃんが、

うれしそうに幹事をする私をみて、

自分もある人を応援する会をやりたいって思ったって

言ってくれたんです。

(ちなみに、その会は、その場でやることに決めてしまいました!)

そんな風に思ってもらえたなんて、うれしかった~。

会が終わった後も、みなさんから、

うれしかった、たのしかった、ありがとう!って

心があたたまる言葉をたくさんいただいて、

ほんとにうれしかったです。

幹事サイコー!!!

っていいながら、

あれ?私、なんでこんなにうれしいんだろう?って、

自分が自分で不思議になってきちゃって(笑)。

だって、普通、幹事って、面倒に思うことのほうが多いのに、

準備から、当日の進行まで、

ずーっと、わくわくしてて、ほんとに楽しかったんです。

なんでだろう?

こっから、さらに長くなるかもしれませんが、

お仕事中の方、すみません。

私は、何度も森沢さんの本に助けてもらったんです。

失恋して、ぽっかり心に穴が空いた時に

「海を抱いたビー玉」のあったかい世界で心を満たしてもらったり、

直感に走りすぎて、地道な努力を忘れそうになったときに

「にっぽん人の心を磨く本」の智慧で地に足をつけたり、

自分の道を歩くのが不安になったときに

「ラストサムライ」で、諦めない強さを教えてもらったり、

落ち込んだ気持ちのときに

「あおぞらビール」を読んで、ばか笑いして元気になったり…

私の端々には、

森沢さんが生み出してくれた本にこめられた魂が

たくさん宿っているんです。

だから、なにか少しでもお返しがしたいなって、思っていました。

そして、

みんなが、そういう気持ちをもってたんじゃないかなって思うんです。

だから、

最初はシンプルにいくはずだった会が、

日が経つにつれ、どんどん森沢さんへのサプライズ企画で

あふれていきました。

囲む会の前に、「森沢さんを泣かせる作戦会議」まで

できちゃったんです。

そこでも、

みんなが、森沢さんを元気にしたいって、思っていたんです。

一方、森沢さんもまた、

きてくれるみんなに、どうやって楽しんでもらおうか、

どうやったらみんなが仲良くなれるかを考えていました。

森沢さんとも、事前に一度打ち合わせをしていたんです。

そんなみんなと、森沢さんの間で、

私は、どんどん本気モードになっていきました。

だって、お互いがお互いを喜ばせる気満々なんだもん!笑

その場はまるで、森沢さんの小説が現実に飛び出したような

素敵な世界でした。

森沢さんが書いた本が、

みんなにそんな現実を作り出したんじゃないかなって、

だから、あんなに幸せな温度で満たされてたんだなって

思います。

そして、会場となった国立の居酒屋FUKUSUKEがまた、

お料理もお酒もおいしくて、古い木の風合いがなんともいえない、

いい居心地の酒場なんです。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/bar-fukusuke/framepage16.htm

お店を経営されているポケコさんには、

企画段階から当日まで、ずーっとお世話になりました。

ポケコさん、ほんとうにありがとうございました!

プロのミュージシャンの川久保秀一さん

http://www.kawakubo.net/index.php

明石敏子さん、ウルトラセブンXの与座重理久さんは、

ものすごーく本格的なミニライブまでプレゼントしてくださいました。

歌も声もトークも、ハートにぐぐっとくる素敵なライブでした!

森沢さんは、12月に本を4冊も出す予定で、

忘年会という忘年会をお断りして、

この会にきてくださったうえ、朝までつきあってくれました。

もう、一生忘れられない夜です。

あ、帰ったころには朝だった!笑

家に帰って、森沢さんにサインしてもらった絵本

「ともだちのたね」を開いてみると、

うわ~!シンクロしてる!!!

まるで、今日体験した気持ちのヒミツが

そこに書かれているようでした。

ともだちのたねのヒミツを知りたい方は、

こちらです↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%A0%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%AD-%E3%81%9F%E3%81%AD%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E6%A3%AE%E6%B2%A2-%E6%98%8E%E5%A4%AB/dp/4808585324/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1229543198&sr=1-5

森沢明夫さんの心の世界にたくさんふれたい方は、こちら↓

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&rh=n%3A465610%2Cp_27%3A%E6%A3%AE%E6%B2%A2%20%E6%98%8E%E5%A4%AB&field-author=%E6%A3%AE%E6%B2%A2%20%E6%98%8E%E5%A4%AB&page=1

もう5日が経とうとしているのに、

まだあったかい気持ちが残っています。

このたねを、これからも、しっかり育てていきたいなって思います。

森沢さん、囲む会のみなさん、

ほんとうにありがとうございましたーーーーーー!!!

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

今週のことだま vol.14「元」

Photo

木の葉の密度が小さくなっていくさまを見ながら、

「ああ、何かに似ている…」

と思ったら、

私のブログ更新頻度でした…泣

イチョウの葉っぱが散り切る前に、更新します!笑

おとといの日曜日は、

甲府で岩盤浴・サンドバスのリラグゼーションルーム

「ふじのいずみhttp://fujinoizumi.kai-tsuhan.com/index.html」を営む

綾子さんに招かれて、

お店で岩盤浴+占いのコラボレーション企画をしてきました。

綾子さんのお店は、木の家具や植物に囲まれて、

とっても居心地のいい空間。

真っ白になった富士山に見守られながら、

甲府の皆さまのスピリチュアルカウンセリングをさせていただきました。

お越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました!

「ふじのいずみ」では、

これからも、スピリチュアルなヒーリング・カウンセリングや、

アーティストのコンサートとのコラボレーションなど、

素敵な企画を計画されているようです。

お近くの方は、ぜひチェックしてくださいね☆

* * * *  *

最近は、「悩みがいろいろあって」という方と

「特に悩みはないんですが」

という方がいらっしゃることが多いです。

きっと、年末ということもあって、

特定の悩みを解決するためというよりも、

今の自分の状況を確認して、スッキリと新しい年を迎えたい

という気持ちが強くなっているからですね。

先週、私自身もウィリアムレーネンさんという方の

スピリチュアルセッションを受けてきました。

6月に、お友達のチャネラー・幸子さんにご紹介いただいて申し込み、

心待ちにしていた来日の日がきて、やっと受けることができたのです。

そこで受け取ったメッセージで、

これまで自分が関心をもってやってきたこと、

今、自分が取り組んでいること、

これから取り組もうとしていることの意味が

よーくわかりました。

深い部分で、自分のルーツや方向性を確認できて、

「ああ、このままでいいんだ」

「なんとなく描いていた方向性で大丈夫なんだ」って思えると、

漠然とした心配事が、

「どうにかなる」

「どっちに転んでも、最終的にはなんとかできる」

って思えるんですよね。

スピリチュアルなものが生きていく上で役立つ意味って、

悩みを解決することじゃなくて、

悩みよりも、自分を信じる力を強くすることにあるんだなって、

あらためて思いました。

やっぱり、自分が受ける立場になって実感すると、

よくわかるんですね。

占い師は、自分のことは見れないっていうんですが、

そのことの意味も、さらにわかった気がします。

* * *

今週のことだまは、「元」です。

自分の根元(おおもと・ルーツ)を知って、

元の気を取り戻して、

元旦を迎えられますように。

元気の源は、なんだかんだいって、

今の自分を認めてあげる気持ちにあると思います。

これからもスピリチュアルなカウンセリングと

書のことだまで、

皆さんが自分を好きになって、元気になる

お手伝いをしていけたらなあと思います。

| | コメント (6)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »