« 今週のことだま vol.11「門」 | トップページ | 運はよくなる! »

2008年11月16日 (日)

今週のことだま vol.12「任」

Photo

こんにちは~!

イチョウの葉が緑色から黄色のグラデーションに、

桜の葉がほんわりとした、だいだいに色づいて、

紅葉が綺麗な季節になりましたね。

先週は、日書展という書道展用の作品作りに没頭してしまい、

「今週のことだま」が書けませんでした。

見に来てくださった皆さま、

ずっと「門」で、ごめんなさい(泣)。

昨日、作品を提出して、ようやく気持ちが開放されました。

作品は、縦横1メートル以上ある大きさのもので、

初の近代詩文書(新書芸)作品の制作となりました。

「近代詩文書」というジャンルは、

書のことを知らない人でも、読める現代の文字で、

現代の詩などを題材にした書です。

このジャンルで活躍されている、浅田聖子師匠に

今年から師事させていただくことになり、

浅田先生の指導の下、作品制作をしました。

浅田先生は、とーっても素晴らしい人格者です。

こんど改めてブログでご紹介したいと思います。

いよいよ作品作りも大詰めになった先週、

浅田先生が作品を書かれるところを見学させていただきました。

縦×横それぞれ1.5メートルくらいある大きな紙に、

大きな筆で書く書は、迫力そのものです。

一体、どんな風に書かれているんだろう…

ずっと、書いている姿を拝見したいと思っていました。

そして見学の当日、

その姿を拝見して、驚きました。

書は、ものすごく力強いのに、

書いている姿には、まったく力が入っていないのです。

筆が動こうとする方向に任せて、

筆のあとから身体がついていくような、

まるで太極拳の型の動きをしているような

美しい「気」の舞の奇跡が、書になっていました。

頭を後ろからグーで殴られたような衝撃。

私は、ずっと、気迫で書こうとして、力みすぎていたのです。

力んでいないのに、力強いって、どういうことなんだろう…

それから1週間、仕事の合間を縫って筆を持ち、

毎日書き続けました。

でもやっぱり、力むか、線がゆるみすぎるか、

どちらかになってしまう…。

書の奥深さを改めて感じた1週間でした。

頭で書こうとするスイッチを切って、

筆の流れに任せきる。

この「任せる」ということが、本当に難しいんです。

どうしても、前へ前へ、

書いてやろうって「我」が出ちゃうんですね。

「書こう」と思わなくても、自然といい「線」が出るためには、

毎日のお稽古の積み重ねが必要なんです。

お稽古の時は、唐の時代や平安時代の書家が書いた古典の作品を

とにかくまねて書く。これを書で臨書っていうんですが、

書の基礎になるものです。

この基礎練を積み重ねた上で、

それで、本番(創作)の時は、頭で考えすぎずに、

身体をゆるめて、流れに身を任せるようにして筆を運ぶ。

それができると、自分でもびっくりするほど作為的でない、

自然の一部のような書になるんです。

と、頭でわかっていても、そういう書がかけるまでの道のりは

まだまだ遠いなあ。とほほ…(泣)

そんなわけで、今週のことだまは、「任」です。

毎日コツコツと基礎作りをして、

本番では自分の「我」を捨てて、

大きな流れに身を任せる。

それって、書以外の場面でも言えることかなって思います。

いざというとき「我」を捨てられないのは、

毎日のコツコツが不足しているからかもしれません。

この気持ちを忘れないように、

今日もコツコツ、書のお稽古に励みたいと思います。

|

« 今週のことだま vol.11「門」 | トップページ | 運はよくなる! »

今週のことだま」カテゴリの記事

コメント

エリカさん

こんばんは!メールへの返信ありがとうございました。
仰せの通りです。
案件どうぞよろしくお願いいたします。

わたしの知人にも、国外の書道展なのですが
エントリーするために臨書を重ね、
ちょうど訪ねた日が「これだ!」という一枚が書けた日だったらしく
「先人の叡智が書かせてくれたのよ」とおっしゃっていましたね。
よほどうれしかったのか、玄関にど~~ん(笑 ですよ
エリカさんも、「任」が書きあがった時
そんなお気持ちだったのかな?と思いました

わたし個人は、河東碧梧桐と篠田桃紅さんの
書が好きです。
桃紅さんは銀座のギャラリーで何度かお目にかかり、
銀髪の美しさにノックアウトされたものでした~
書道家って、美しい方が多いですよね(うふふ

投稿: まりまり | 2008年11月16日 (日) 23時16分

まりまりさま☆

遊びにきてくださって
ありがとうございまーすhappy01

書家の知人がいらしたり、
好きな書家がいらしたり、
こんなに書を身近に感じていらしたとは
知りませんでした~!

まりまりさん、守備範囲広いですね~!
すごいなあ~shine

篠田桃紅さんは
本当に美しい方ですよね。
積み重ねて、磨き上げた美しさ、
本当に素敵ですshine


投稿: エリカ | 2008年11月17日 (月) 02時42分

新しい成長があって、また更に素敵な書家に
近づいたのですねlovely

最近、流れに任せきるのも、なかなか忍耐?がいるなぁ~と思うこの頃ですcoldsweats01

日々「我」と対話しているので、これも一つのコツコツと基礎作りかもup

投稿: 緑 | 2008年11月17日 (月) 23時01分

緑さま☆

流れに任せても、すべてが思うように流れていかない時って、
ほんとにつらいですよね…crying
そのたびに、自分と向き合うのも
しんどいですが、
その中にこそ、とっても大切な
感情の経験があるのかもしれないですねwink
それを基礎作りとして、習慣にしちゃう緑さんって、さすがですscissors

投稿: エリカ | 2008年11月18日 (火) 00時54分

いつもステキな話をありがとうございます。
今の私に必要なことがギッチリ詰まっていて、
良いヒントをもらうことができました!!

毎日コツコツ
昔とくらべると、コツコツ頑張る気持ちに、
素直さがかけてきたみたい。
また頑張ります(*゚▽゚)ノ

投稿: ポケコ | 2008年11月18日 (火) 15時05分

エリカさん☆

お疲れ様でしたーーーーーー☆彡
わたしは書はやっていないのですが
ちかごろ詩を書いていて思うのです
とりあえず力いれるとことから
始まるのかなと
それは心の力いわゆる執着であったとしても

力入れ過ぎて、そうじゃないと
力抜け
と思うところから始まるのかなと

いまは力の抜きからがよくわからない私ですが、いまはこれでいいと進んでいます

エリカさんがわたしに書いてくださった書は
いつもわたしを温かく励ましてくれています
ありがとうございます

毎回の書とエリカさんの言葉に気合い入れていただいてる気がします

寒さ増してきました
お体ご自愛ください。

それではまた。


投稿: @ageha | 2008年11月18日 (火) 22時17分

ポケコさま☆

ポケコさんがコツコツしているものって
何だろう~happy01
気になるな~heart01
こんど教えてくださいねwink

毎日コツコツって、どうしてこうも
魅力に欠けるんでしょうねえ。
限りなく地味だからかなあ。
続けることの意味が
本当はわかってないからかなあ。

何度「言い訳」して
コツコツを断念したことか…(笑)

コツコツは、1カ月続けると
苦なく習慣になるそうなので、
私も「言い訳」が浮かんだ時には
素直さshineを思い出して、
習慣になるまでガンバリマスscissors

ポケコさんありがとうございまーすhappy01

投稿: エリカ | 2008年11月19日 (水) 02時15分

@agehaさま☆

なるほど~flair
確かに、力んだ後に
力抜こうって思いますよね!

力入ってるかもな~って
思いながら、
とりあえず、
今の力んでる自分を認めてあげるのって
すごくいいですねwinkshine

アゲハさ~んshine
ナイスアドバイスありがとうございまーすhappy01

投稿: エリカ | 2008年11月19日 (水) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週のことだま vol.11「門」 | トップページ | 運はよくなる! »