« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月25日 (月)

今週のことだま vol.1「心」

Photo

私は、自分のことを「ことだま書家」と名乗っています。

カウンセリングに来ていただいた方に、最後に応援する言葉(ことだま)を「書」にしてお贈りするから、「ことだま書家」なんですが、

なかなか「ことだま書家」って呼んでもらえません(泣)。

自分でも、友だちの電話に「はい、占い師です♪」って出たりしています。

まずい…

ウケを狙っている場合ではない…

このままでは、「ことだま書家」の座が危うい…

というわけで、

「ことだま書家」の名前に負けないように、

毎週ひとつ(できるだけ月曜日)、

このブログで「今週のことだま」をお届けしたいと思います☆

*************************

第1回目は、「心」です。

私は、成りたい自分や、向かいたい方向があると、

それを「書」にして部屋に飾り、自分を鼓舞してきました。

「空」「信」「強」「動」「道」「踊」「鼓」…

いろいろありますが、

一番最初に自分に贈ったのが、「心」です。

強くなりたいって思うほど、

弱い自分を隠そうとして、

心が揺れたり、

心が叫んだり、

心を閉ざしたり、

心には、かなり苦労をかけてきました。

その心の軌跡は、しっかりと手相にも刻まれています。

「心を傷めた」手相の線は、

「人のいろんな気持ちをキャッチできる」ことも、同時に意味します。

それは、やさしさだったり、

思いやりだったり、

情け深さだったりもします。

傷ついた人ほど、

痛みや弱さを感じることができる。

傷ついた人の心ほど、

角が取れて、まあるくなる。

それが、心が磨かれるということなんだと思います。

心は、磨くもの。

ぶつかって、

傷ついて、

まあるくなって、

そうして、

本当の自分を伝えられる、

相手のそのままを受け止められる、

強い心になっていけばいいのだと思います。

**********************

心を磨く、おすすめの一冊

『にっぽん人の心を磨く本』

井上義彦・森沢明夫著,ベースボール・マガジン社新書,2007年

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AB%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%82%93%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%82%92%E7%A3%A8%E3%81%8F%E6%9C%AC-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-1-%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E7%BE%A9%E5%BD%A6/dp/4583100442

「強くなるということは、平和を生み出す力を得るということ」

なんて、心に響き渡る言葉なんだろう…。

この本を手にしたとき、帯に書いてあったこの言葉に、まずしびれました。

私の大好きな心の作家・森沢明夫さんが、剣の道を極めた井上義彦さんの生きる智慧を、わかりやすい言葉で伝えてくださる本です。

「日本人の誇りとは?」

「強さとは?」

「心迷わす邪心に打ち勝つには?」

「自分を成長させるコツは?」

「幸福とは?」

「勇気とは?」

道を極めた人は、地に足がついた言葉で精神性を語ります。

この本は、心を癒す本ではないと思います。

心の持ち方や磨き方を知り、癒しがいらない強い心を育てる本です。

読み終えたときには、体にスッと芯が通った感覚になりました。

日本に生まれたすべての人に読んでもらいたい、素晴しい人生の指南書です。

| | コメント (4)

2008年8月23日 (土)

感性の料理人・梅さんと穹子さん☆

Dsc04570

先週、広尾の「山藤」に行ってきました。

「山藤」は、前に勤めていた会社「大地を守る会」が経営する日本料理店。

素性のはっきりした素材を使った、四季の料理が味わえるお店です。

ご一緒したのは、料理家・井上穹子(ひろこ)さん。

大地を守る会で、一緒に料理レシピの企画や撮影をさせていただいたほか、今もプライベートで大変お世話になっている、とっても素敵な女性です。

「感性を磨くには、澄んだもの、美しいもの、本物に触れなくちゃ」

そういって、山や、森や、畑や、食事に連れ出してくれます。

私にとって、母のような大きな存在。

「エリカちゃん、久々に梅ちゃん(山藤の総料理長)に会いたいでしょ?」

「うん、会いたい!!!」

ということで、穹子さんとも仲良しの感性の料理人・梅さんの料理を食べに、山藤・広尾店に行きました。

今回はどんなおいしいものに出会えるかな♪

おまかせで作ってくださった一品目は…

Dsc04572

アジのお刺身☆やった!大好物♪

脂がのっててプリプリだ~!

ミョウガが入ったシャキシャキのツマと一緒にいただくと、また最高においしいんです。

そして…

Dsc04574

平飼卵のだし巻き卵☆

平飼卵は、国産の飼料をたっぷり食べて、しっかり運動している鶏が産む卵。

卵独特のくさみがまったくなくて、澄んだだしの香りが鼻を抜けます。

ふわふわで、アツアツ!山藤の大好きな一品です。

そういえば、取材に行った卵の安藤さん、元気かな…。

作り手の顔がわかる素材だから、料理を食べると作り手の顔が浮かんできます。

おっと、向こうで炭焼きされているのは~!!!

Dsc04575

加持さんのうなぎだ~!!!

加持さんは、四万十川の支流を使い、一般では多用されがちな薬品をまったく使わず健康にうなぎを育てる、うなぎ職人さん。中国産のうなぎとは、別格のおいしいさです。

生から炭で焼いてくれてる!!!泣

「そういえば、うなぎは先に蒸さないんですか?」と聞くと、

「こんなに透き通った味のものを、(蒸かして旨みを)落とすのはもったいない」と梅さん。

いい素材と向き合って、その素材のおいしさを最大限に引き出す料理をしたい。

だから、例えばナスひとつをとっても、その時の状態で切り方も料理法も違うといいます。

「作りたいのは、料理人のエゴを感じない料理。」

梅さんは簡単に言いますが、一般の料亭では、「お店の料理の味」に合わせて、味も規格も画一化された素材を使うのが当たり前。

それぞれの素材に合わせた料理をするのは、手間がかかるし、何より素材を感じる感性が磨かれていないと、できないことなのです。

そして、いよいよ!

Dsc04581

うなぎが登場~!

Dsc04578

うな丼にもしてくれました!

うなぎのしっかりとした歯ごたえと、ぎゅっと詰まった旨み!

炭でこんがり焼かれた皮が、またおいしい♪

皮までおいしいうなぎって、なかなかない…。

そして、米は神田長平さんが育てたもの。

長平は、私と同世代の若き生産者で、アツいやつ。

長平の米が、またうまい!

Dsc04584

沖縄のもずくをつまみに、焼酎タイムへ…。

穹子さんと食事をすると、たのしくって、ついついグビグビ飲んでしまう。

穹子さん「エリカちゃん、最近はどう?」

私「いやあ、いろんな現実が見えてきて、私バカだなーって思うことばかりです(笑)」

穹子さん「あら、やっと地に足がついてきたんじゃない。優等生じゃだめなのよ。だめなところがなきゃ、人の心はわからないんだから。さ、今日は潰れるまで飲みなさい♪」

こうした穹子さんのちょっとした一言に、何度励まされてきたことか…。

おいしい料理とお酒をいただきながら、「一人で生きてないなぁ」って、しみじみ思いました。

穹子さん、梅さん、前田さん、山藤のみなさん、最高の料理とひとときをありがとうございました!!!

****************************

山藤・広尾店(居酒屋)→ http://www.yamafuji.net/hiroo/index.htm

山藤・西麻布店(日本料理店)→ http://www.yamafuji.net/

大地を守る会→ http://www.daichi.or.jp/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

電話カウンセリングはじめました☆

お盆です。

Dsc04442

お盆といえば、盆踊り♪

Dsc04455

おめん。なつかしいな~

Dsc04453

あんず飴。よく食べたな~

Dsc04444

金魚すくい。今どき珍しいな~!

ふっふっふ。一回やってみたかったんだよね♪

わくわく金魚を追いかけたものの、

開始10秒で見事に大きな穴が空いて、撃沈…。

金魚よりゆるいのか、私は。泣

* * * * おしらせ * * * *

遠くにお住まいの方からのご依頼が続いたため、

電話カウンセリングをはじめました。

リピーターの方限定で、30分5000円となります。

遠方の方、急いで確認したいことがあるときなどに、ご利用ください。

ご予約は、直接メールなどでご連絡いただくか、

こちらのフォームから入って、

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P92349207

「電話カウンセリング希望」とご記入の上送信してください。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

TUKUBA くさの根はりきゅう治療院

以前勤めていた会社の同僚・ようたんと、だんなのエイジさんに会いに行きました。

ようたんは、オーガニックなものを売る会社「大地を守る会」で、一緒にカタログ情報誌を作っていた仲間。

同じ時期に会社を卒業しました。

3月に退職後、4月につくばに引越しをして、6月に針灸治療院をオープン。

まだ引越しの片付けも終わっていないんじゃないかと思いきや、

もう何年も前から暮らしていたかのように、しっかりと生活に根を下ろしていました。

Dsc04521_2 

常磐線のひたち野うしく駅。日暮里から特別快速で43分でこれちゃいました。

Dsc04524_2 

ようたんが駅まで迎えに来てくれた!

ひさしぶり~☆

車買ったんだね~!

Dsc04525

立派な看板が立てられていました。

Dsc04527

エイジさん、ひさしぶり~!黒いね~!

お祭り焼けらしい。笑

Dsc04537

風が通る気持ちのいいおうち。

Dsc04532

おっと、あんなところに、ことだまが!

Dsc04536

飾ってくれてたんだ~!ありがと~!

Dsc04543

お庭も立派!!!

Dsc04547

ナスだ~!

Dsc04540

小さな田んぼに、めだかがいる♪

Dsc04542_2

これなに?

・・・・・・・・・大豆!!!

Dsc04544

これは?

・・・・・・・・・ニューサマーオレンジの芽!!!

すごいなあ。

お庭に、小さな幸せがいっぱいだ♪

そして、ここが・・・

Dsc04550

治療室!!!

ほっと落ち着く、いい空間でした。

久々に、エイジさんに治療をしてもらいました。

「疲れがたまると、左の歯が痛くなるんだよね・・・」と伝えると、

「そういうことを鍼灸師に言ってくれて、俺はうれしい!!!」とエイジさん。

鍼灸は、腰が痛いとか、肩がこるという症状だけでなく、

冷え性とか、イライラするとか、病気は治ったと言われるのに痛みがとれないなど、

体質改善や心のケア的なことにもつながるそうです。

「痛みをとる」という先の、「痛みが出ないようにする」という根本治療をめざしているから、アドバイスは生活習慣や食生活の改善にまで及びます。

実際に治療を受けてみると、

マッサージは、これまでにないくらいのツボ攻め!笑

マッサージを十分にしてくれたあと、必要最低限の鍼をうってくれました。

私は冷え性なので、お灸を中心にしてくれたそうです。

治療が終わったときには、左の歯の痛みがとれていました!!!

エイジ先生、ありがと~!

Dsc04552

すっかり体が癒されたあとは、ようたんの手料理&エイジさんの手作り酒を振る舞っていただきました。

ようたんは、会社に勤めていたころからプロ並に料理が上手。

最高においしかった~☆

でも、前と何かが違う…。

その日にとれたものや、地元で育った食材や、庭のハーブを使って作る一品一品から、二人の充実感がひしひしと伝わってきました。

そう、地に根を張ったかんじ!

「自分たちで始めてから、人に応援してもらって生きていることがわかった」とエイジさん。

恩返しするような気持ちで、まわりの人を元気にしたいと思っていることが、鍼灸への姿勢から伝わってきます。

将来的には、ようたんが薬膳のごはんを出したりして、体をつくる素・食事の提案まで考えているそうです。

二人ともありがとう!

元気といい刺激をたくさんいただきました☆

体調維持に、またくるね♪

●TUKUBA くさの根 はりきゅう治療院●

詳しくはこちら→http://tsukuba-kusanone.com/

ようたんのブログ→http://withgreen.air-nifty.com/good/

都心からつくば市まで、40分ちょっと。つくばエクスプレスつくば駅か、常磐線ひたち野うしく駅から車で送迎してくれます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »